早朝から白熱の授業 ~女学館の学習講座の魅力をご紹介~

2017.02.15

朝7時半。早朝、廊下まで朗々と響いてくるのは化学の鈴木先生の声。高二の理系の生徒を対象にした『ハイレベル有機化学』の学習講座が始まっています。生徒の眼差しも真剣そのもの。万全に予習を尽くしたノートに、今つかんだ解法を熱心に書き込んでいきます。女学館の学習講座の魅力について、進路指導部長の澤田先生と理科主任の鈴木先生にインタビューしました。

Q  本校の学習講座、体験講座の設立の経緯をお聞かせください。

澤田 カリキュラムの変更の際、大学受験の受験科目を見据えて正規のカリキュラムで対応することはもちろん、課外でも意欲のある生徒たちの基礎力、応用力の伸長をはかるために開講されました。ここ数年は,更にその枠を拡げて中高6学年を対象にしています。それぞれの学年の状況に応じて各教科工夫を加えた講座が多くなっています。

 

Q  先生方はどんな狙いや工夫をもって講座を開講しておられますか。

澤田 ここ数年は高校生を対象にした講座が中心となっていますが,かつては中3を対象とした講座を開講しました。授業の演習を交えながら,中3でも大学入試問題が解けることを体験してもらいました。1、2学期は「高二対象の数B(ベクトルと数列)」と 「高三対象の数Ⅲ(特に,微積分)」で、主に大学入試問題を扱います。朝の50分で2~3題です。成果を上げることも狙いの1つですが,朝早く登校している生徒と一緒に勉強することで生まれる親近感,緊張感も楽しみです。3学期は高二を対象として、授業に併行した演習と,「数Ⅱの微積分」の大学入試頻出問題を扱っています。特に,「数Ⅱの微積分」は必ず正答を得ることが出来るようになると確信しています。

鈴木 まず、「標準レベル○○化学」や「ハイレベル○○化学」という講座を開設することで、ターゲットとする層を明確に分けています。標準レベルでは、授業で扱った内容でも未定着な部分があることを前提に、知識の確認や、問題の解き方のポイントなどを解説します。一方、ハイレベルでは、難関大学の入試問題を扱い、正解を示すだけではなく問題を解くときの思考過程を丁寧に説明します。また、今後どのような学び方をすればそれらの問題を自力で解けるようになるか、その道筋を示すようにしています。

 

 

Q 学習講座によって、生徒や教員にどのような変化が見られますか。

鈴木 私の場合、学習講座を早朝7:20開始にしています。予習を課すことも多く、相当苦労しながら問題を解いてきます。一学期間、早起き・予習を欠かさずに続けることは生徒にとっては大変なことだと思います。ですが、その苦労を毎学期乗り越えた生徒は必ず力をつけ、希望の大学に合格していきます。私の講座を受講してくれた生徒には、まず続けることの大切さを説き、1人でも多くの生徒が継続するように励ましています。

澤田 基本的なことですが、正規の課内での授業の工夫がまず大切です。学習講座は補習的な要素も含んでいますが、受講する生徒は非常に能動的です。成果を期待して励む生徒と,それに応える教員とが同じ時間と空間を共有できる経験は尊いですね。教員としては、正規の授業の他に課外の学習講座を開講する訳ですから、教材準備・研究に追われることも多々あります。

 

 

Q 印象的なエピソードがあればお聞かせください。

 

鈴木 「化学は塾・予備校に通わず、先生の授業と講座だけで受験します。」と宣言した生徒が、実際に授業・講座で力をつけ、第一志望校に合格したときには本当に嬉しかったです。

澤田 この冬休みに卒業生が訪ねてきて 「学習講座のプリント,今でも使っています。」と聞いたときは嬉しかったです。彼女は文系でしたが,理系学部を目指していて1年を通して理系講座をとっていました。正に,「受験科目は学校で」を貫いた生徒でした。

 

Q 今後の展望をお聞かせください。

 

鈴木 あくまでも通常の授業が主軸であり、学習講座はその補助的な役割であると思っています。しかし、大学入試や学校教育が劇的に変わっていく中で、その変化に授業だけで対応していくのは大変なことです。真の学力を生徒につけていくにはこれまで以上に学習講座で工夫、展開できることが増えてくると考えます。

澤田 その通りですね。ここ数年、各教科の先生方の協力もあって大変充実してきており、1学期・夏休み・2学期・冬休み・3学期の5つの括りで実施しています。低学年においては,補習的な要素を含む講座や知的好奇心を開花させるような講座,高学年においては,更に教養を高める講座や改革途中の大学入試に対応する講座等の開設が望まれます。特に,昨今の大学入試は大きく変わると言われていますが、学ぶことの本質、コアの部分は変わりません。目先の変化に囚われない学力を付けていくことがますます大きな課題になっていきます。そんな時代の変化の中で,学習講座・体験講座の果たす役割は大きくなっていくと思います。

 

 

 

中3 Recitation Event  ~ I HAVE A DREAM~

2017.02.14

2月9日(木)6限、中3は合併教室でレシテーションイベントに臨みました。公民権運動で黒人差別に立ち向かったマーチン・ルーサー・キング牧師の演説を英語で暗誦するものです。一般学級と国際学級が英語の授業の中で、それぞれ別の部分を暗誦し、クラスの代表が学年の前で発表を行いました。人種を超えて人々が夢と理想を分かち合う未来の実現を訴えるキング牧師の気高い意志に思いを重ねながら、力強い発表を行いました。

フェアトレード ~チョコレートで途上国の農業支援~

2017.02.13

ボランティア学習委員会では、発展途上国の農民・農業支援を目的に、毎年フェアトレード商品の販売を行っています。フェアトレードとは、発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みを意味します。今年も2月8日(水)と2月9日(木)の昼休みに、生徒ホールで企画実施されました。商品はフェアトレード商品を販売している「フェアトレードカンパニー株式会社ピープルツリー」のチョコレートです。

 

合格者保護者説明会の開催 ~ようこそ女学館へ~

2017.02.11

2月9日(木)1時より本校講堂で、合格者保護者説明会が行われました。2月の受験で晴れて合格した受験生の保護者と本校小学校6年生の保護者にお集まりいただき、入学に向けての説明が行われました。学校長の挨拶、教務部、指導部からの規則や諸準備についての詳細な説明がありました。また、入学前に本校の百年小史を紐解いて学ぶ課題や、各教科からの課題も示されました。外部からの入学者の保護者は3月までに、また内部進学者の保護者は4月以降、校長面接に臨んでいただき、本校とご縁を結び、実りある6年間をお送りいただくためのスタートを切っていただきたいとの案内もありました。2月11日(祝)には、制服の採寸も予定されています。学園一同、新中学1年生の合格をお祝いし、ご入学を心よりお待ちしております。残り少ない小学校での日々を大切にお過ごしになり、入学に向けての準備を進めていってください。

高校生アートグランプリ2016に入選 

2017.02.10

高校生アートグランプリ実行委員会主催の「高校生アートグランプリ2016」で高一の月村栄理奈さんが美術部門で入選しました。この作品について、月村さん本人にに紹介していただきました。

 

フェネックという動物の横顔を描きました。A4の用紙に鉛筆で輪郭を取り、マーカーペンと筆ペンで模様を描き入れました。このような線画では空白による抜け感を意識することで面白みがでます。それを撮影し、シンメトリーになるように加工した後、画面上で明るさとコントラストの調節をしました。今回私はこのフェネックに表情を設定していません。それは、私の作品をご覧になる方の想像にお任せしたいと思います。

中高生徒会選挙 ~新年度に向けての意欲に満ちて~

2017.02.09

2月6日(月)には中学生徒会選挙が、8日(水)には高校生徒会選挙が行われました。1月の朝礼時に各立候補者の施政方針演説が教室にテレビ放送で流れ、選挙当日は講堂の壇上で、1人1人が次年度に向けての夢と抱負を熱く語りました。各クラスの代表会議議員が選挙管理委員を務め、放課後には開票作業に臨み、来年度の学校生活の中枢を担う顔ぶれが揃います。

 

持久走大会(自由参加)~笑顔で完走~

2017.02.07

1月28日(土)放課後、恒例の持久走大会が開かれました。女学館では毎朝、自由参加の健康ランニングもあり、運動部の生徒を中心に心身の鍛練に励んでいます。以下に生徒の運営責任者と優勝者の感想をご紹介します。

運営責任生徒

今年は例年より一月早い開催でしたが、晴天に恵まれ、風も吹かない絶好のランニング日和でした。毎年、部活単位で参加してくれる水泳部、バスケットボール部、バドミントン部は率先して走り、行事を盛り上げてくれました。最後の表彰では、異例となる2名の生徒が1位に輝きました。2名ともバスケ部であったため、2人の姿を見ていた、同輩・先輩・後輩、そして顧問の先生までもが笑顔のあふれる結果となりました。中学生からは、エネルギーにあふれた若さを感じ、高校生からは安定した運動能力が感じられた活気ある大会となりました。

優勝生徒

1月28日快晴の中、持久走大会が行われました。本番前からそわそわしながらグラウンドに集まりました。今年は例年以上に出場人数が多く、たくさんの声援の中、全員が全力で走っていました。私は初めての出場で緊張していましたが、年下の出場者に負けたくないという気持ちで1000メートルを走りきりました。自分の中で納得のいくタイムが出て嬉しかったです。そして個人で1位を取ることができてチームみんなで喜び合うことができました。今回の持久走大会では全体的にタイムが速く、それぞれが自分のベストを尽くすことができたのだと思いました。

 

 

中1弁論大会 ~13才、私の主張~

2017.02.06

中1は1月25日(水)HRで「弁論大会」を行いました。女学館の国語科では4技能のうち、「話す」力の育成にも大きな力を注いでおり、2分間スピーチ、ディベート、パネルディスカッション、パソコンソフトを用いてのプレゼンテーションなど多彩な取り組みを行っています。「弁論大会」は中学3年間、継続的に実施されており、社会の諸問題に目を向け、立論して原稿を練り上げ、説得力のある形で大勢に弁論する力を育んでいきます。各クラスで予選を勝ち抜いた代表6名が「13歳、私の主張」のテーマで熱弁をふるいました。友達の弁論に真摯に耳を傾けることで「聞く」力も伸びていきます。以下に生徒の感想をご紹介します。 

 全員、話し方が良かったです。とても聞き取りやすい話し方でした。中には原稿を覚えてきている人もいて、すごいなと思いました。「13歳、私の主張」…みんなこのテーマにとても合っていて良かったです。私が特にいいなと思ったのは、A組の人の弁論です。自分たちの残りの時間を秒であらわすのは斬新だなと思いました。あと80年生きるとして25億秒。私は短く感じました。残りの時間を有意義に過ごしたいです。みんな伝えたいことがはっきりしていて主張が伝わってきました。この弁論大会をとおし、みんなの考えが分かり大変有意義でした。

 一人目のF組代表さんは、人工知能の現在の状況と未来の予想とを比べて書いていて、わかりやすかった。二人目のB組代表の人は、自分の生活の身の周りのことについて論理立てて話していて、とても共感できたし、理解しやすかった。三人目のC組代表さんは、他人を見て自分を伸ばそうという弁論で、立派だと感心した。四人目のD組の代表さんは、自分が影響を受けたことから、いろいろなことを考えていて、面白かった。五番目のE組代表の人は、難しいことをうまく例えて話している部分が多く、工夫しているなと思った。最後のA組の代表さんは、この先生きることができる時間を秒に数値化していて、面白いとともに、多くはない残りの人生を大事に生きようと思った。クラス代表の弁論はどれもレベルが高くとても勉強になった。

 

 

『アンネの日記第三章』上映会に臨んで ~アンネのバラ委員会~

2017.02.05

127日は国連が定めた「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」でした。この日にちなんで126日(木)に早稲田大学を会場に開かれたNPO法人ホロコースト教育資料センター主催映画上映会に、本校アンネのバラ委員の5名が参加しました。当日、会場にはイスラエル大使館ヴァイダーゴルン公使・ドイツ大使館リムシャ公使、そしてハンガリー出身のホロコースト生還者のヤーノシュ・ツァグレディ氏、杉原千畝氏の遺族の方々を含む約100名の参加者が集まりました。国内初公開『アンネの日記第三章~閉ざされた世界の扉~』というドキュメンタリー映画が上映され、映画終了後のディスカッションでは、早稲田大学千畝ブリッジングプロジェクトの学生たちとともに、本校アンネのバラ委員の高校生1名も登壇して、映画の感想などを述べました。ホロコーストで生き残ったツァグレディ氏は「父は瀕死の状態で収容所から帰還したが、戦後私のドイツへの留学を反対しなかった。そのおかげで、私はドイツ人たちがどのように過去と向き合ってきたかを目の当たりにすることができた。…今日1番感動したことは、ドイツ公使の隣に座り、優しい言葉をかけてもらったこと。…今も世界では虐殺や難民の問題が起きている。歴史から学んでいないかのようだ。無関心ではいけない」と学生・生徒たちへメッセージをなげかけました。委員たちにとって、貴重な学びの場となりました。

 登壇した生徒の感想

この映画を見て、ナチ党を選び、ホロコーストという行為を間接的にでも行わせることになってしまったのがドイツ国民だと考えると、1人の人間として、権力を疑ってみることの大切さを改めて感じさせられた。私たちの学校のアンネのバラ委員会では、ナチの政策からユダヤ人の子どもたちを救ったニコラス・ウィントンの映画を見たが、彼のようにユダヤ人を救える人間は非常に少なかった。今の日本や世界についても言えることであるが、政治に無関心であるということは、自分が知らない間に国の政策などの大きな力に飲み込まれていることがあり、それがホロコーストのようなことを引き起こしかねない、と考えると、それは非常に怖いことだ。目の前で起きていることについて、1人の人間としての考えを、権力に飲み込まれずに冷静に考えることが大事なのだと改めて思った。[高校生]

参加した生徒の感想

No Asylum」(原題)を見て、誰もが持ちうる偏見の意識というものの怖さを改めて感じました。全ての民族に共通する、家族を想ったり、将来を楽しみにしたりする人間らしい気持ちと、ナチ党が行ったホロコーストにおける冷酷で残酷な政策のギャップを強く感じ胸が痛み、自分は今なにができるのかな…と混乱してしまう感覚もありました。上映会を通してはっきりとわかったことは、ホロコーストを遠い過去に起きたものだと捉えずに、私たちが“平和”を創っていくのだ、という強い意志を持って生きていくべきだということです。これからもアンネのバラ委員会を通して、“平和”とは何かということを常に自分自身に問いかけ、過去を振り返ることを恐れずに、学び続けて行きたいと思います。[高校生]

 

当日の様子は、以下のHPに掲載されています。

ホロコースト教育資料センター 上映会報告

http://npokokoro.wixsite.com/auschwitz72/report

 

 

 

高一 百人一首大会を行いました

2017.02.04

1月25日(水)高一はHRの時間を使って、百人一首大会を行いました。クラス内の生徒を5人ずつに分けたチーム戦で取り札の合計枚数をクラス対抗で競います。教室は、取り札を見つめる生徒の真剣な眼差しと札を獲得したときの歓声にあふれていました。以下に優勝したクラスの生徒の感想をご紹介いたします。

 

日本人は昔から自然や心情を情緒的に表現する独特な感性をもっていますが、それが大きく表れているのが百人一首だと思います。百人一首は今から約730年前に生まれた歌集です。東京女学館では、中1の頃から百人一首を学んでいますが、今年は百人一首大会を行いました。平安時代に行われていたカルタを長い年月がたった今も私たちが楽しむことができたことは大変すばらしいと思いました。平安時代の人々の文化に触れ、私たちの中にあるものや日本の心を守り続けていきたいと感じました。