中学入学式が執り行われました

2017.04.08

4月8日(土)中学1年生249名を迎えて中学校入学式が執り行われました。花曇りの佳き日で、新入生とご参列いただいた保護者の方々は、晴れやかな笑顔で東京女学館とご縁を結ばれました。

   

入学式の式辞では、福原校長から中高生活を通して自己を高め成長させるために大切にして欲しい3つのことが述べられました。

1.自分を大切に・・・自分を大切にすることは自分に厳しくすることです。10年後20年後の将来の自分のために、今の自分に厳しくしましょう。

2.友だちを大切に・・・中学・高校のこの時期に生涯の友だちが必ずできます。友だちの良いところを素直に認め合い、相手を思う気持ち思いやりの心をもって接しましょう。

3.授業を大切に・・・「雨垂れも石を穿つ」の言葉にあるように、毎日の1時間1時間の授業を大切にすることが自分を成長させ、成功する礎となります。

 

新入生代表の生徒からは力強く決意の言葉が述べられました。中1教員紹介、合唱部による校歌の紹介に続き、オーケストラ部によりエルガー作曲『威風堂々』が演奏されました。式の後に講堂舞台上で記念撮影を行い、教室では担任の先生からメッセージと中1の生徒心得が語られ、女学館生活がスタートしました。

    

中高始業式・高校入学式が執り行われました

2017.04.07

4月7日(金)満開の桜が咲く中、東京女学館中高の新学期が始まりました。多くの保護者の方にご参列いただき、228名の一年生を迎え入れて高校入学式が挙行さました。また、中高の始業式もそれぞれ執り行われました。

新クラスが発表され、新しい出会いに期待を膨らませる生徒たちの様子です。

各クラスの初ホームルームが行われました。緊張しつつも先生の話をよく聞いています。

中学の始業式では福原孝明校長より、「贈与経済」になぞらえて次のようなお話がありました。

良いものや嬉しいことを次の人に廻していく、温かな贈り物のサイクルを作っていきましょう。その入り口は朝の挨拶です。明るい笑顔で気持ちの伝わる挨拶をしましょう。言葉だけではなく自分が身につけた価値のあるものを次の人に贈っていく、女学館の「贈与経済」に今年はぜひ挑戦して下さい。

また、挑戦する生徒へのエールとして次のように呼びかけられました。

挑戦や目標は高いほどいいものです。「高い塔に立たなければ新しい水平線は見えない。」という言葉にあるように、高い目標を持ち、高い所に立って、自分が何をするべきか、自分が何を目指すべきかを見つめましょう。挑戦には、情熱と理性を持ち続けることが必要です。

また、式の最後にはカウンセラーの先生の紹介があり、「私の役割は、みなさんに何かがあったときや何か悩みを持ったとき、どうしたらいいかを一緒に考えることです。どんなに小さな悩みでも結構ですので、ぜひ相談に来てください。」というお話がありました。(本校では2名のカウンセラーが交代で常駐し、いつでも生徒や保護者の相談に応じられるようになっています。)

夢膨らむ新学期、どうぞ皆さん、持てる可能性を存分に開花させていってください。

桜が満開に咲きました

2017.04.06

校門の桜も、校庭の桜も満開に咲いています。

  

明日は中学始業式・高校始業式・高校入学式、明後日は中学入学式が行われます。新入学生のみなさんも在校生のみなさんも、新しいクラス・新しい学年への期待に胸を膨らませていることと思います。私たち教員一同も、みなさんの新たなスタートを万全の態勢でお迎えできるよう準備を整えてお待ちしています。

環太平洋国際模擬国連会議(PRIMUN) 参加報告

2017.04.01

3月24~26日の3日間、高2の生徒3名が環太平洋国際模擬国連会議(PRIMUN)に参加しました。

模擬国連活動は米国国連協会の提唱で始まった教育プログラムで、国連会議のシミュレーション(模擬国連)を通じて、現代の世界におけるさまざまな課題について学ぶことを目的としています。PRIMUNは日本で開催される中学生・高校生のための初めての国際的な模擬国連会議で、今年で2回目となりました。

以下に、参加生徒の感想を紹介します。

私たちは洗足学園で行われた模擬国連(PRIMUN)で南アフリカの代表として、Overfishing and Other Threats to the Marine Ecosystem というトピックの議会に参加しました。今回の模擬国連には日本人だけではなく台湾人、韓国人、アメリカ人の生徒の方々も参加していました。そのため、会議は全て英語で行われました。

3日間は長いようであっという間でした。海洋問題は魚の取りすぎや水質汚染など、様々な側面を持っています。そのためそれぞれの国の意見も様々で、なかなか私たちと意見の合う国を見つけられずに苦戦しました。そして2日目に、ようやく私たちは中国やシンガポール、コスタリカなど計7つの国でグループを組みレゾルーションを作成しました。その中で私たち南アフリカは、漁師の教育についてを担当しました。3日目はそれぞれのグループが自分たちの作ったレゾルーションについてプレゼンテーションや質疑応答などをして、問題意識をより深めることができました。

この3日間は本当に良い経験になりました。