クラブ活動 夏の活動・合宿報告⑥

2017.08.30

【書道部合宿報告】

書道部は、8月25日~27日、富士五湖の西湖において、中学生13名と高校生5名で合宿を行いました。今年度は中2から高二までで中国の古典「九成宮醴泉銘」(欧陽詢)の臨書に取り組んでおります。日頃の練習とは異なり、長時間、一つの作品に取り組むことで集中力を高め、各自が良い作品を完成させることができました。また、中1は書き初めの大きさの作品に個々に取り組みました。その他にも、「百人一首」を皆で分担して短冊に書いたり、各自がカラフルな「Tシャツ」に思い思いの字を書いたりするなど、様々な作品を仕上げることができました。このTシャツは記念祭での「書道パフォーマンス」のときにお披露目する予定です。さらに、初日には茅葺き屋根の民家が並ぶ「いやしの里根場」で富士山を眺めながらのんびり散策したり、2日目には日本三大奇祭である「吉田の火祭り」に行き大松明の幻想的な風景を眺めるなど、日本の伝統に触れる様々な体験もしました。「吉田の火祭り」での印象を中1などは「創作作品」に仕上げる取り組みも行い、発想力豊かな力作ができあがりました。今回の合宿では、盛り沢山な活動を通して学年を越えた交流がすすみ、書道部の仲間としての絆を少しずつ深められたように思います。

 

クラブ活動 夏の活動・合宿報告⑤

2017.08.26

【パフォーマンス部合宿報告】

生徒の感想…私たちパフォーマンス部は、8月21日から23日までの2泊3日、長野県の飯網高原にて合宿を行い、中1から高2まで総勢48名が参加しました。合宿では主に記念祭での発表に向けての練習、そしてディアボロの新しい技の練習を行いました。一人一人がのびのびと広い空間で長時間練習できることは滅多にないので、とても貴重な時間となり、部員一同とても充実した時間を過ごすことができました。この合宿では、記念祭で発表するチアダンスの出来映えを確認するためにi-Padで何度かビデオを撮った皆で見ました。初日に比べると二日目、三日目とどんどん動きがそろうようになり、それを見て成長を実感しました。合宿を通じて明らかな成果を得ることができ、とても良かったです。練習の合間にはバーベキューや花火も行い、後輩やコーチとの親睦も深めることができました。記念祭までの残り2ヶ月、更に部員全員が一丸となって頑張りたいと思います。ぜひ、記念祭での発表を見に来てください。

 

クラブ活動 夏の活動・合宿報告④

2017.08.25

【演劇部合宿報告】

演劇部は8月20日から22日の2泊3日、山中湖で、伝統の取り組みが盛り沢山の合宿を行いました。中学の演目を高校生が演じてみせる劇のプレゼントは、今年は高一、高ニの2バージョンを用意し、中学生は素晴らしい吸収力で三重苦を抱えたヘレンケラーとその一家に奇跡を起こすサリバン先生の奮闘を自分たちのものにして、演じてみせてくれました。昼食は初日は名物のほうとうを楽しみ、2日目は役になりきって演じながら食べる『なりきりご飯』で、楽しく技を磨きました。最終日の夜は部員全員で円陣を組んだ後、高校の演目『レ・ミゼラブル』を全力で通しました。親睦会では、縦割りの班でエチュードという即興劇を作り、『水』をテーマの名芝居、珍芝居に大笑いしました。反省会では、今年最後になる高ニから愛情と優しさと感謝を忘れずに、このあたたかいもう一つの家族の和を引き継いでほしいと、後輩にバトンが渡されました。部員一同、11月の記念祭本番、皆さまのお越しをお待ちしております。

   

 

中1軽井沢学習寮

2017.08.24

7月21日~8月2日、中1は軽井沢学習寮での夏季合宿を行いました。学年を4期に分けそれぞれ3泊4日、緑豊かな避暑地の寮で宿泊行事の基礎を学びながら、友人と親睦を深めます。

【1日目】

1日目は、7時半に学校からバスで出発し軽井沢へと向かいます。車中で友達とわきあいあいと過ごしているうちに、昼食前に寮に到着しました。昼食後は、元気いっぱいに庭での卓球やバドミントンを楽しみました。食事の準備は、食事係の指示の下、各クラスが輪番で配膳の仕方を教わりながら行いました。夕食後は、翌日の遠足に備えて付近の植物の様子と浅間山周辺の植物の遷移についての理科の学習も行われました。更に自己理解、他者理解のプログラムとしてゲーム方式でエンカウンターを行いました。他クラスにも友達の輪が広がっていった様子でした。

 

【2日目】

中1の軽井沢学習寮も2日目を迎えました。雨が降らなかった期では早朝のラジオ体操を行いました。朝食後、バスに乗って鬼押し出し園へと向かいました。鬼押し出し園では、浅間山から流れ出た溶岩の様子と、高山植物を観察することができました。その後は、2日目のメインとなる碓氷峠へのハイキングです。足下に気を配りつつ、皆で励まし合いながら峠を登っていきます。残念ながら2期と4期は雨天のため、エルツおもちゃ博物館と、絵本の森美術館の見学となりました。下山後は旧軽井沢に出かけ、家族へのお土産を買いました。夕食後は3日目に行う飯盒炊さん、サバイバルクッキングの説明を受けました。

  

【3日目】

中1の軽井沢学習寮も3日目を迎えました。例年3日目は寮の庭でサバイバルクッキングを行います。これは自主性を伸ばすスタディアジェンダの一貫で、役割分担を決め、調理し、後片づけまで全て生徒の力で行います。今年は、4期ともあいにくの天候で、屋内で創作劇を行いました。劇の内容を決め、台本も自分たちで作成します。ルールは1つ、全員が出演することです。脚本家に監督、小道具などの役割を決め、午前中いっぱいで10分程度の創作劇を仕上げました。昼食にカレーライスを食べた後、午後に劇の発表を行いました。どのクラスも工夫を凝らし、初めて劇を創ったとは思えないくらいの出来栄えでした。

          

【4日目】

中1の軽井沢学習寮も最終日を迎えました。感謝を込めて思い出のいっぱい詰まった寮をきれいに大掃除し、食堂に集合して反省会を行いました。反省会では、2学期からの学校生活に向けて、学習寮で学んだことをいかしていこうという前向きな意見が多く出されました。反省会後、学校からバスで来た次の期のメンバーと入れ替わり、東京へ向けて出発しました。

アメリカ文化研修 実施報告

2017.08.23

7月24日~8月10日、高一の希望者を対象としたオレゴンでのアメリカ文化研修を行ないました。この研修は、オレゴンの自然や文化に親しむだけでなく、社会の第一線で仕事をする女性達の生き方・考えた方に触れ、今後の自らの進路や職業観を見つめることを目標としています。生徒達は18日間のTIUAでの共同生活や英語の授業、郊外でのアクティビティを通して様々な経験をしました。以下に生徒の感想を紹介します。

私たちは18日間のアメリカ文化研修に参加しました。本当に中身の濃い18日間で、多くの貴重な体験をすることができました。まず、一番多くの時間を過ごしたTIUAではアメリカ文化を学ぶだけではなく、メンターさんたちと色々なアクティビティを行いコミュニケーションを通して、同年代のかけがえのない友人を得ることができました。ホームステイでは実際のアメリカでの生活を経験し、私たち自身も家族の一員という意識を持って過ごすことができました。各家庭で経験したことはそれぞれ違いますが、全員が充実した2泊3日を過ごすことができたと思います。パネルディスカッションやJob Shadowingでは、社会の第一線で仕事をしている女性の方々に密着して仕事や家庭などたくさんの話を聞くことができました。私たちが感じたのは、どの女性の方もみな自分に自信を持っていて、自分の仕事を心から楽しんでいるということです。今回の、Job Shadowingをはじめとしたアメリカ文化研修での多くの貴重な経験は、これからの学校生活や将来の進路設計に活かしていきたいです。

     

クラブ活動 夏の活動・合宿報告③

2017.08.22

【テニス部合宿報告】

テニス部は、8月6日~9日栃木県矢板で中2~高2の計44名、顧問の先生方やコーチをお招きして合宿を行いました。普段はコート4面で中高が練習していますが、12面という恵まれた環境で一人一人の技術向上が出来たと思います。朝は6時起床で、ナイターを含めると1日4回の練習があります。午前には基礎的な練習、午後には実践的な練習をしました。午後の練習後にはホテルの周りを4~6km走り、体力と精神力を鍛えました。3日目は台風の影響で外で練習することは出来ませんでしたが、近くの体育館をお借りして基礎練をしたり、バーベキュー大会で披露する出し物の練習をしたりと上手に時間を使うことができました。その夜に行われたバーベキュー大会は大変盛り上がり、学年の垣根を越えて親睦を深めることが出来ました。多くの方々に支えられ、充実した4日間を過ごすことができました。

一人一人の意識は高まっており、2学期もさらに力を注いで頑張りたいと思います。

  

【卓球部合宿報告】

生徒の感想1…私達卓球部は8月17日から3泊4日新潟県で合宿を行いました。合宿では100本ラリーを行い集中力やコントロール力を身に付けました。また、合宿の後半では試合形式の練習を多くすることで私学大会や渋谷区の大会に向け最終調整を行いました。合宿を通して部員全体の絆を深めることができたと思います。今後も大会が続きますが、練習の成果が発揮できるように頑張りたいと思います。

生徒の感想2…私達卓球部は8月17日~20日の間、新潟県に合宿に行ってまいりました。参加者53名という大所帯のため、始まる前はしっかりとまとめられるかなと不安でしたが、前日の反省点が翌日には必ずと言っていいほど改善されるなどとても運営しやすかったです。また、学年を混ぜて作成した部屋割りなどにより、全体で交流することができ、お互いの新たな一面を発見できてうれしかったです。来年度以降も、技術の向上に加えて卓球部ならではの部員同士の仲の良さも受け継がれていけたらいいなと思います。

 

【箏曲部活動報告】

箏曲部は、8月22日~24日の3日間、本校作法室にて活動を行いました。夏休みの練習は、普段よりも長い時間をかけて弾くことができるので、集中的に練習できる貴重な機会です。お箏が未経験だった中学1年生から、今年が最後の夏休みになる高校2年生まで15名ほどで練習しました。富崎春琴先生のご指導のもと、「さくら」や「六段」など定番の曲から、自分たちでアレンジしたジブリやディズニーのメドレーなど様々な曲に取り組んでいます。

生徒の感想…曲の中で難しいところや大変なところもありますが、箏曲部のみんなと一緒に記念祭で素敵な演奏ができるよう精一杯頑張っていきたいと思います。ぜひ聴きにきて下さい!

クラブ活動 夏の活動・合宿報告②

2017.08.21

【漫画研究部合宿報告】

漫画研究部は、8月8日~10日の3日間、中1~高二の生徒25名が参加して長野県戸隠高原で合宿を行いました。

心配していた台風の影響もほとんどなく、暑い東京を離れ、涼しく快適な戸隠高原で二泊三日の夏合宿を行いました。記念祭で展示発表する漫画の制作活動が中心ですが、途中、昼食を兼ねて、戸隠名物のおそばの手打ち体験にも挑戦しました。自分たちで打ったおそばはたいへんおいしかったです。和やかな雰囲気の中、部員が協力しあって楽しく過ごすことができ、学年を越えた親睦を深められた夏合宿でした。記念祭の発表をどうぞお楽しみに。

  

クラブ活動 夏の活動・合宿報告①

2017.08.10

【バスケットボール部合宿報告】

バスケットボール部は、8月5日~8日の4日間、中1~高二の生徒48名が参加して長野県上伊那郡で合宿を行いました。初日の練習前、まずは近所の神社を訪れて全員で安全祈願をしました。中1・中2にとっては初めて参加する合宿、事故なく無事に過ごせるようお願いしました。合宿中の練習は、午前3回・午後3回の合計6回です。午前中はランメニューや基礎練習を中心に行い、午後は実践的なメニューに取り組みました。朝は5時半に起床し、シューティング練習です。6時半からはラジオ体操に参加して地元の子供たちと交流しました。練習に加えて、集団生活の中で規律を学び絆を深めるのも合宿の醍醐味です。洗濯係・食事係・入浴係・用具係・レク係など、それぞれの生徒が係につき、責任を持ってその役割を果たしました。一人一人が成長を実感する合宿になりました。

  

高1国際学級 ボストンリーダーシップ&スタディツアー(BLAST) ④

2017.08.09

高1国際学級、ボストンリーダーシップ&スタディーツアー(BLAST)の現地報告④です。今回は、生徒のしおりより、生徒の感想をご紹介します。

今日の授業では都会と田舎の良い点、悪い点について話し合いました。分からない単語は別の単語で表現しようとしたり、辞書で調べたりして英語で話す努力をしました。2限目には日本の社会問題について話し合い、最後にプレゼンを皆でしました。私たちの班では、労働時間問題について話し合い、10年後には過労死者が0であればいいと思いました。

授業でのリーダーシップについての授業では分からない単語やシチュエーションを考えるのが大変で、私は口数が減ってしまった。そのことが今日の反省点なので次からは分からないことも大学生に気軽に聞くようにしたい。昼食の時間は私から大学生たちに一緒に食べようと言えたのが良かった。前よりも仲良くなれた。

今日の皆の意欲が凄かったです。発言ももちろん、ディスカッションの時に日本語が私の班では一言も出ませんでした。それを見て私も頑張ろうと思えました。明日は発言も沢山し、プレゼンテーションのために頑張って準備をします。

英語でWhat do you want to do in the future?と聞かれると私はいつもないと答えてしまいます。(中略)行きたい大学を選ぶよりも先に、将来私がどうしたいのかを決めることが最優先、そしてそのためにはどんな努力をしなくてはならないのかを考えることが次に大切であると思いました。

今日の朝、全員でリフレクションをすることが出来て、より自分たちの行動を把握し改善しようと思えるようになりました。このリフレクションが無駄なものにならないように一人一人が意識して行動したいです。残りの時間も有意義なものにしたいと思います。(日々の振り返り活動について)

シモンズカレッジの学生とのグループトークは、日常会話ができとても楽しかったです。明日は姉妹校のDana Hallの高校生と話せるので嬉しいです。今日は昨日よりも話せたと思いました。先生たちとも昨日よりも話せたので良かったです明日も頑張ります。(シモンズ大学学生との交流)

今日はハーバード大学も見学しました。MITとは真逆の雰囲気で、古風な印象を受けました。(中略)私にはハーバード大学は手の届かないところにあって皆レベルが違うという印象を持っていたけれど、今回このような機会を持てたことでそれ程ではないけれど、何かしらの形で社会に貢献したいという強い意志を持った人たちがハーバード大学に通っているということが分かりました。(ハーバード大学キャンパスツアー)

私はピンクの服を着た貴婦人が男性と踊っている絵がお気に入りです。とても優雅で今にも踊りだしそうな感じがしました。自由時間がもう少し欲しいくらいでした。(ボストン美術館訪問)

Morning time was very fun because I spoke English and the students understood my English. In Japan there are no chances to speak English so much, so I thought I have to speak English more.(授業について)

Class was very exciting and I could express and share my opinion.(授業について)

At MIT, we made a corn sheller. It was difficult to make it, but it was wonderful when we finished making it.(マサチューセッツ工科大学にて、発展途上国で使えるトウモロコシ脱穀機を作るワークショップ)

Today, I could only talk a little but I could answer quickly so I think I could speak actively.(Dana Hall Schoolで模擬国連のメンバーと交流)

After the campus tour, we talked with Dana Hall students. Their stories were very interesting for me, and I thought I will do my best at Model UN in September.(Dana Hall Schoolで模擬国連のメンバーと交流)

I could talk with Dana Hall students at lunch time.  I asked, “What’s your dream?” One student answered, “I’m not sure but I will study biology.” I was very happy to hear Dana Hall students’ and BLAST members’ dreams.(Dana Hall Schoolで模擬国連のメンバーと交流)

I was amazed that it has its own golf course, so much nature, and its own lake.  First, we went to the library and it was similar to the world of Harry Potter.  The portraits on the wall are so huge.  Also, each college building and dorm is really big and similar to Europe.  (ウェルズリー大学のキャンパスツアー)

I actually didn’t know the atmosphere of the college in foreign countries, so it was a benefit for me to tour Wellesley College.(ウェルズリー大学のキャンパスツアー)

Today I could imagine my future and imagine myself tomorrow . I want to be more positive when I make mistakes. (女性のキャリアについてのワークショップ)

Talking about my future with friends using English was very fun. (女性のキャリアについてのワークショップ)

I could broaden my dreams and my sights too. I can consider my future and about college. (女性のキャリアについてのワークショップ)

After dinner there was a nice guest speaker. She was so kind and she taught us that “career” has many meanings.  I think “career” is to do what I want and makes me happy.(女性のキャリアについてのワークショップ)

今日は最終プレゼンでした。朝はそんなに緊張してなかったけど、いざ始まると緊張してきました。でも話し出したらすごく楽しくて、予定していなかったことも沢山話せました。みんなのプレゼンもすごく生き生きしていて、聞いていてとても楽しくて、時間があっという間に経っていました。プレゼンのスキルが上がったなと実感できました。

プレゼンテーションをする居心地がよく、皆がちゃんと聞いてくれるような、自分を誇れるような気持ちを感じました。自分で何かが自分の中で変わったような気がします。

今日のプレゼンの前にジュリア(講師)と話して、怖がらず一番初めにプレゼンをする勇気の大切さを教えてくれました。私はこういう時に一番初めに自ら手を挙げるということは今までやったことがなくて緊張しました。でもやってみると自信を持って話せて、良かったです。(中略)日本に帰ってからもこの積極性を失わないようにしたいです。

ジュリア(講師)からのアドバイスに「自信を持って」という言葉が含まれていて「私は出来る」と思ってからプレゼンに励めました。すごく嬉しかったし、私が思っている以上にプレゼンがいつもより上手く出来たと感じています。(中略)姿勢は堂々と、アイコンタクトもとれ話していた自分がいたことにプレゼンをしている時に気付いたのです。まだまだ大満足はしていませんが、すごく達成感を感じたし、密かに成長をすることができているのかなと実感しました。私は何があっても諦めないことを信じることができるようになりました。

※Dana Hallのウェブサイトに本校が訪問したことが載りました。リンクはこちら。

高1国際学級 ボストンリーダーシップ&スタディツアー(BLAST) ③

2017.08.08

高1国際学級、ボストンリーダーシップ&スタディーツアー(BLAST)の現地報告③です。