高二国際コース 「ミニ模擬国連」 報告①

2017.10.02

高一と高二の国際コースでは、今年度より必修「コミュニケーション英語」の授業内で、ミニ模擬国連(クラス内での模擬国連)を行っています。

9月9日(土)の午後、高二国際コースがその授業を校内で公開しました。今回のテーマは「シリア難民」。2人1組で世界の国々の国連大使役を務め、シリアの難民問題について全員で話し合い、決議案・修正案を可決しました。

この日に向けて1学期より練習、準備を重ね、6月には米国にある姉妹校Dana Hall Schoolの模擬国連クラブより、顧問のHeather Panahi先生をお招きして、実際に模擬国連のいろはを教えて頂き、沢山のアドバイスをいただきました。

9月にはDana Hall School模擬国連クラブのOGであるJen LortheさんとMary Fulhamさんをアメリカからお招きし、授業内でアドバイスを頂いたり9月9日の当日は議長役を務めて頂きました。

当日は、先進国や貧困国、シリアと関係の深い国などそれぞれ立場の違う国の大使同士で熱い議論が飛び交い、大いに盛り上がりました。特に積極的に議論を率いた3名には、議長より賞が贈られました。高一の国際コースの生徒は、当日全員が各国メディアの記者役として取材をするという課題のもと、見学しました。国際学級の中学生や保護者の方も多数見学にいらっしゃいました。午前10時45分から午後3時30分までの約5時間、長時間に及びましたが、最後まで白熱したミニ模擬国連になりました。

 

*Dana Hallのウェブサイトにも載りました。

報告②では、受賞した3名の感想をご紹介します。

中学バドミントン部 渋谷区秋季大会で大健闘!

2017.10.01

9月24日(日)に実施されました東京都中学校体育連盟渋谷支部渋谷区バドミントン秋季大会において、中学2年生の5人が団体戦3位に入賞しました。9月上旬に中3が引退し、自分たちの代として初めて挑んだ大会において好成績をおさめた選手たちは、歓びと安堵の表情に包まれていました。