平成30年度修了式

2019.03.28

3月23日(土)、平成30年度の中学高校修了式が行われました。

それぞれ3年生は卒業していますので、修了式は2学年だけの式となります。

校長先生の式辞の後、皆勤賞状の授与が行われました。

式の後には、今年度で退任なさる先生方のご挨拶がありました。

 

平成最後の修了式は、東京女学館にとって130周年というの節目の年の締めくくりでもありました。

生徒の皆さんは、新学年のスタートに向けて、充実した春休みをすごし、英気を養ってください。

3月 オルセースクールミュージアムへのお誘い

2019.03.23

2019年3月、本校校舎にてオルセースクールミュージアムを開催いたします

 

2019年3月24日~3月31日の8日間、東京女学館中学校・高等学校は、株式会社私学妙案研究所、株式会社アルステクネと連携し、“オルセースクールミュージアム”を実施いたします。

 

“オルセースクールミュージアム”は、オルセー美術館公認の「リマスターアート展」が学校とコラボしたもので、アート教育プログラムの一環としての役割を担うとともに、学校施設を展示会場として活用することで、児童・生徒はもちろん、より多くの人々が気軽に身近にアートと触れ合える環境を提供する、新しいスタイルのエデュテインメント・ミュージアムです。

 (←クリックすると大きく表示されます)

 

○一般公開:2019 3/24(日)~3/31(日)

10:00(開場時間) ~ 17:00(閉場時間  ※最終入場は16:30)

○会場:東京女学館中学校・高等学校内「特設スクールミュージアム」

○入場料:無料

○特設サイト:https://www.facebook.com/OrsaySchoolMuseum/

○東京女学館館長 福原孝明のインタビュー記事:https://s-goodidea.hatenablog.com/entry/2018/10/31/184404

 

<展示作品例>

・モネ/日傘の女、モントゥルグィユ通り

・ミレー/落ち穂拾い

・セザンヌ/かごのある静物

・ゴッホ/自画像、ローヌ川の星降る夜

・コロー/朝 ニンフの踊り

・ゴーギャン/ヴァイルマティ

・ドガ/エトワール

・ルノワール/草原の坂道   など世界的名画が約30点

 

このほか、生徒による作品解説ツアー、コンサート、作品展示なども実施いたします。

オルセースクールミュージアム特設Facebookページにて、随時更新してまいります。

https://www.facebook.com/OrsaySchoolMuseum/

 

■リマスターアートとは

最新のデジタル技術と最新のコンピュータ技術を駆使し、記録から出力までを一貫して行い、貴重な芸術作品の魅力を余すことなく伝える復原アートです。オルセー美術館の全面協力のもとで、修復・クリーニング済みの2013年時点の原画をデジタル撮影し、1億画素(4Kの10倍以上)にも及ぶ超高精細画像データを用い、専用工房で制作。同館における複数回の色校正を経て、世界で唯一、公式認定された復原作品です。裸眼で立体に見える独自の3D画像処理技術により、絵の具の凹凸や筆致が忠実に再現されており、原画の持つ「美と感動」がそのままのチカラで伝わってきます。芸術体験や研究の未来を拓く、最先端のアートとも言えます。

中学校卒業式がおこなわれました

2019.03.22

3月22日(金)暖かい春の陽気に見守られて、中学校卒業式が挙行されました。

卒業式ではクラス毎の代表者1名が壇上に上がり、校長先生より卒業証書を授与されました。

 

校長先生の式辞では、高校生活に向けたはなむけの言葉を頂きました。

中3の代表生徒からは、中学校生活を振り返り、在校生へ贈る言葉が述べられました。

最後には、中3の卒業の歌と中2の合唱があり、講堂は美しい歌声に包まれました。

  

式が終わると、正面玄関にてクラス毎に記念撮影を行いました。

校門脇の桜も、晴れの日を祝い、少しずつつぼみが開いてきています。

  

高校入学式まであと二週間です。よい春休みをお過ごし下さい。

 

 

高校卒業式がおこなわれました

2019.03.08

3月2日(土)、春の訪れを感じる晴天の下、高校卒業式が行われました。

制服を着て通いなれた校舎に登校する最後の日、まずは校舎の入口で友人たちと記念撮影です。

その後、記念講堂にて、全教員と在校生代表として高二が参列し、多くの保護者も見守る中、卒業式が行われました。

担任の先生により名前が呼ばれ、一人一人が校長先生より卒業証書を授与されました。

 

~卒業証書授与・在校生代表による送辞・卒業生代表による答辞~

  

~卒業の歌 (美しいハーモニーが心を打ちました)~

 

~式を終えて、教室で最後のホームルーム~

 

 

卒業する寂しさに涙を流す場面もありましたが、とても温かく素晴らしい卒業式で、生徒たちの表情は自信に満ちた笑顔が見られました。

4月から始まる新生活への不安もあることと思いますが、女学館での6年間で身に付けたことや、皆さんを支えてくれる周りの人たちの思いを力に、それぞれの道への一歩を踏み出していきましょう。

「たつ浪吹く風 あな面白や あなうれしや 進め友どち」(「卒業の歌」こちらから聴くことができます。)

 

卒業生皆さんのこれからの人生を心から応援しています!

ご卒業おめでとうございました。

 

【在校生・新入生】2019年ゴールデンウィークについてのお知らせ

2019.02.28

新帝即位にともなう今年のゴールデンウィークですが、東京女学館中学高等学校は「9連休」となります。

4月27日(土)は通常の土曜日授業です。ご家庭のご予定を立てる際には、この点にご留意ください。

創立130周年記念 東京女学館リカちゃん販売について

2019.02.28

創立130周年記念 東京女学館リカちゃん販売について

現在行っております。FAX・メールでの申し込み及び郵送につきまして、3月15日で終了させていただきます。

3月16日~4月7日は販売を行いません。

4月8日以降は本校事務窓口にて、在校生・卒業生など学校関係者のみへの販売となります。

来年度の生徒会執行委員選挙が行われました

2019.02.07

中学高校それぞれで、来年度の生徒会執行委員選挙が行われました。

中学生徒会は現中2、高校生徒会は現高1の立候補者たちが演説を行い、執行委員としてどのような貢献がしたいかという思いを1人1人が伝え、その後で投票が行われました。

開票と集計作業は選挙管理委員の生徒達が責任を持って行い、結果は今週中に発表されます。

 

中2合唱大会が行われました

2019.01.31

1月30日(水) 中2合唱大会が行われました。

1クラスがインフルエンザ流行による学級閉鎖のため参加できず、5クラスでの大会となってしまいました。

今回の合唱大会では、中1の時の合唱大会に比べて、生徒達の声が大人っぽく成長し、それぞれが自分のパートを丁寧に歌っていると感じられました。各クラスが課題曲と自由曲の2曲を披露した後、各クラスの音楽係と音楽科の先生たちによって採点がされ、A組が総合1位となりました。

 

~以下にA組の音楽係2名の感想をご紹介します~

・今回の合唱大会は、ちょうどインフルエンザが流行していて学級閉鎖のクラスもあったり、中2全員が参加することができませんでした。しかし、練習を重ねた成果を参加したクラスは発揮できていたと思います。それぞれ違う個性が出ていて、音楽係として評価を付けていて楽しかったですし、とても良い経験をさせてもらいました。また、A組が総合優勝できて本当に嬉しかったです。

・今回の合唱大会では、先生や保護者の皆様に6クラスすべての合唱をお聴きいただくことができず、とても残念に思いました。ですが、「学級閉鎖のクラスの分も」と精一杯の力で歌わせて頂きました。

今回の合唱大会での練習時間から本番までは、クラスの絆をより強くすることができ、新たな思い出を作ることができました。

 

中3国際学級 ロミオとジュリエット

2019.01.16

中3国際学級生徒による「Romeo and Juliet」の発表が行われました。

          

以下は生徒による報告と感想です。

~見学した中2F生徒の報告~

1月12日(土)、中3Fによる英語劇ロミオ&ジュリエットが行われました。

ロミオ&ジュリエットは国際学級にとって大切な行事の一つです。3Fの先輩方1人1人が演技はもちろん、大事な裏方の仕事などにも一生懸命に取り組んでいらした姿を見て、憧れを抱きました。劇の中で特に印象に残ったのは、ロミオとティボルトの戦いで、迫力があり見ていておもしろかったです。また、クライマックスのシーンの演技にもとても感動しました。

去年と今年、私たち中2Fは先輩方のロミオ&ジュリエットを見させていただきました。来年は私たちの番です。私たちらしい劇を創りたくさんの方々に感動を与えられるように頑張りたいと思いました。

 

~出演した中3F生徒の感想~

中学三年生としての集大成ともいえるロミオとジュリエット。私は、Tybaltという役を演じた。本番直前までどうなることやらと思っていた。前日になっても全体的に台詞に不安が残り、裏方や小道具の手順が思うようにできなかったりと、完成したとは到底いえる状況ではなかった。

迎えた本番、みんなが2列になってプロローグを言うシーン。一番始めに言ったクラスメイトが驚くほど大きい声で自分の台詞を言ったのを聞いて、とても気合いが入った。「ああ、とうとう本番か」と思い息をのんだ。私は一番最初のシーンから出演していたのだが、皆リハーサルの5倍ぐらいの声が出ていて少し感動してしまった。小道具の出し入れもみんなが一丸となって呼びかけていてとてもスムーズに進んだ。ミスがなかった訳ではないが、リハーサルの時よりも遙かに良くなっていた。

三年間で築き上げてきたチームワークと友情があったからこそ生み出せた私たちにしかできない、私たち3Fらしいロミオとジュリエットが出来たと思った。

フィナーレの時、キャストが1人ずつ舞台に出てきて礼をするという単純な動作が、私にはとても感慨深く思えて、うるっとしてしまった。冬休みの前に何回も繰り返してきた練習、講堂で衣装を着て行ったリハーサル、本番、それぞれに素敵な思い出を沢山作ることが出来た。Directorとして、この劇を取り仕切ることが出来て、こんな私を頼ってくれたクラスメイトに感謝したい。この劇を次の学年へ、変わることなく渡す架け橋に私たちがなれていたらとてもうれしい。一緒にこの劇を作り上げたクラスメイト、最後まで私たちを見捨てずに支えてくれた先生方、来てくださった方々に心から感謝を伝えたい。

 

成人を祝う会

2019.01.15

1月14日は、平成28年度卒業生の成人の日でした。

14日には「成人を祝う会が」行われ、高三を担当した教員達もご招待して頂きました。

留学やその他の都合で出席できなかった人もいましたが、150名ほどが集まりました。色とりどりの華やかな振袖姿の卒業生の皆さんに久しぶりに会うことができたことも嬉しく、また、大学生活の様子を生き生きと聞かせていただき、女学館時代の懐かしい話をすることもできて、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

    

 

新成人の皆様のこれからのご活躍とご多幸を心よりお祈りいたします。

またいつでも学校を訪れて、近況を聞かせていただけることを楽しみにしています。