歴史散歩の会 ~両国と清澄白河へ~

2018.07.20

7月15日(日)に第23回歴史散歩の会を実施しました。

女学館では年に2回、社会科主催で『歴史散歩の会』が行われています。

今回のテーマは、「両国と清澄白河に江戸の下町情緒を訪ねる」-火災・震災・空襲のあった街-でした。暑い一日でしたが、小中高の生徒及び保護者総勢37名が参加し、有意義な見学となりました。

 

 

以下は参加した高二生徒の感想です。

----------------------

今回の歴史散歩では江戸と東京の火災・震災・戦災をテーマに、両国周辺の様々な資料館や跡地を訪れました。その中でも私が一番印象に残ったのは深川江戸資料館です。ここでは江戸時代後期の街並みが再現されており、建物の外装から小道具まで緻密に作られていました。また民家、肥料問屋、火除け地などもあり、当時の暮らしや時代背景と照らし合わせて見ることができました。説明をただ聞くのではなく、原寸大のものを実際に近くで見ることによってより深く体感でき、非常に良い経験になりました。

  

 

終業式(中学校)

2018.07.19

本校は今日が終業式でした。生徒たちは講堂に集まり校長先生の訓話を聴きました。

校長は、最近の災害に哀悼の意を表した後に熱中症で亡くなった小1男児のことにも触れ、幼い子ども――他者の気持ちを推し量ることの重要性を説きました。
そして、AIが人間を越えられない点が自然言語の読解力にあるという新井紀子氏の著書の内容を紹介し、読解力・情報を取り込む力を磨くようにと解きました。具体的に毎日新聞を読むことを勧めました。生徒の皆さんには明日から実践してもらいたいものです。

HR教室では担任が生徒指導部たよりや学年通信を読み、夏休みに入ってもきまりよく過ごせるよう具体的なアドバイスをおこないました。

校長は訓話の中で、山中伸弥氏の学生へのメッセージの紹介もしていました。
(学生時代は)「何をやってもいいと思うし、何をしたら正解かなんて答えはありませんが、何もしないのだけはやめてほしい」――この言葉を紹介した校長の意思を生徒たちはしっかりと理解しているようで、夏休みを無為に過ごすことのないように担任の言葉をメモにとっていました。

7月19日(木) 学校説明会のご案内

2018.07.13

7月19日(木) 13:00~15:00 第2回学校説明会を開催いたします

(予約は必要ありません。)

当日の予定は、以下の通りです。

今回は生徒によるプレゼンテーションを予定していますので、是非ご覧いただければと存じます。

<講堂でのプログラム>

1.校長挨拶

2.生徒によるプレゼンテーション (中1国際学級生徒による先生紹介 ・ いくつかのクラブの説明や実演)

3.進路指導について

4.教科指導について (数学・理科)

5.入試について

 

ご希望の方には、講堂プログラム終了後、教員が校内をご案内いたします。また、個別のご相談も承ります。

皆様のお越しをお待ちしています。

 

 

高2 能楽鑑賞教室

2018.06.29

高2は、6月に能楽鑑賞教室に行ってきました。

以下は高2の生徒の感想です。

~~~~~~~~~~~~~~

私は能や狂言に触れること、見ることは今回が初めてでした。

鑑賞教室なので、出演者による解説があり、女学館の生徒も1人舞台に上がることができると知り、貴重な体験になると思い、登壇者に立候補しました。思っていたよりも舞台は明るく、今まで見たことのある歌舞伎やコンサートなどとは違い、客席との距離が近く、一体感がありました。また、舞台は狭く、説明して下さった出演者の方との距離もとても近く感じました。私は狂言の所作を体験しました。今私たちが使っている言葉とは違う表現でも、何をやっているのかすぐ分かるようなセリフばかりで、日本人の心の感じ方は今も昔もあまり変わっていないと感じました。客席全員でセリフを言ってみたり、動きを真似してみたりと、伝統を身近に感じることができました。

今回は、狂言は『清水』、能は『葵上』という演目を鑑賞しました。今まで能と狂言の違いがあまりわかっていませんでしたが、狂言は大きな声で特徴のある声の出し方で、セリフを使い、とても大きな面白い動きをしていました。能では音楽を取り入れ、難しい言葉が多く使われていました。昔の装束などの衣装や、主人と部下との上下関係の様子なども、見ていてとても面白かったです。

~~~~~~~~~~~~~~

高1 歌舞伎教室

2018.06.29

高1は、6月に歌舞伎鑑賞教室に行ってきました。

以下は高1の生徒の感想です。

 

~~~~~~~~~~~~~~

今回私たちが鑑賞した作品は、長唄による舞踊で江戸時代から演じられている「連獅子」でした。

能の演目「石橋」をもとに、中国の清涼山の山中にかかる石橋を訪れた僧が、獅子の舞を目にします。2人の狂言師が登場し、獅子の親がわが子を谷に蹴落とし、駆け上がってきた子のみを育てるという故事で、大変楽しんで鑑賞することができました。深刻な争いではなく、笑いを誘う場面が多く、「難しい」という今までの歌舞伎のイメージを変えることができました。

私が特に印象に残っているのは、親獅子と生き残った子獅子が再開する場面です。獅子が頭を回している姿はテレビで見たことがありましたが、ずっと迫力がありました。日本の伝統芸能に関心を持ったり、鑑賞することは今までになかったので、今回の歌舞伎教室はとても良い機会になり、違う演目の歌舞伎も是非見に行きたいと思いました。

~~~~~~~~~~~~~~

 

中学1年生 茶道体験 ~「品性を高め真剣に学べ」~

2018.06.28

中学一年生は 年に二回の茶道体験の授業があります。外部からお招きした先生に二時間かけて茶道のこころを教えて頂きます。

 

作法室に入室する時に皆新しいソックスに履き替えますが、そうするということにはどのような気づかいが込められているかなど、もてなされる側の気づかいも教わるのです。
礼の仕方、お茶の頂き方を通しても、日常を省みて品性を磨いていかねばと思い新たにするようなご指導を頂きました。

茶道を体験したことのない生徒もおり、ともすると形式的なところにとらわれていました。しかし先生方は、相手への気づかいを所作に反映することに意識を向けるようご指導なさっていました。


先生は女学館の卒業生でもあり、女学館での学びのありかたも教えてくださいました。

「真剣に勉強しましょう。いい加減な気持ちで授業を受けていると、真剣に学ぶ人と大きな差がつきます」
先生のこの言葉は、定期試験が近いためか生徒たちもはっとした面持ちで聴いていました。

本校の茶道体験は、本校のモットーである「品性を高め真剣に学べ」という精神を卒業生から継承していく場でもあります。

中2 華道体験

2018.06.27

自国文化理解の一環として中2では華道体験を行っています。

講師の先生が、華道の心や歴史について教えてくださり、生徒達は姿勢を正し、真剣に耳を傾けていました。

その後で、1つずつ説明に沿って、生けていきました。

同じ花材を使っていますが、生徒1人1人の個性が表れそれぞれに素敵な作品を仕上げ、とても嬉しそうでした。

  

 

防犯訓練を行いました

2018.06.20

本日6時間目に防犯訓練を実施しました。

これは不審者の侵入を想定した訓練で、女学館では渋谷警察のご協力を得て、毎年実施しています。

不審者を複数の教員がサスマタを用いて制止し、通報で駆け付けた警察官が身柄を確保するという訓練でした。

訓練の後には警察官の方々よりサスマタの使い方や、生徒の安全をどのように守るかについてたくさんのアドバイスを頂きました。

教職員一同、万が一の事態に学校全体で備えるという気持ちを新たにした訓練でした。

  

中1歓迎会

2018.06.20

中学の3学年が集まって、中1歓迎会が行われました。主催した文化委員会の委員長からの報告です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今年度の中1歓迎会では、中1全員が参加できるような会にすることを目標にしてきました。約1か月半、文化委員が協力して準備してきました。

出演者によるパフォーマンスでは、曲にあわせて手拍子をしたり、一緒に歌ったりと、みんなが参加できていて、とても楽しそうでした。パフォーマンスの合間に流す曲は、みんなが知っていそうな曲を選びました。そのためか、曲が流れるたびに楽しそうな笑顔が見られました。文化委員会のクイズ企画では、中1に女学館についての問題を出しました。積極的に答えてくれてとても嬉しかったです。女学館の事で知らなかったことを、クイズを通して知ってもらえてよかったなと思いました。

50分という短い時間でしたが、楽しんでもらえたのではと思います。

   

オープンスクールご参加いただきありがとうございました

2018.06.18

6/16(土)、オープンスクールにお越し下さった皆様へ

梅雨寒の中、ご来校下さいまして誠にありがとうございます。短い時間でしたがお楽しみいただけましたでしょうか。

いくつかのクラブでは、11月の記念祭に向けての練習風景を見て頂きました。5か月後どのように完成するのかを、生徒の成長の様子を記念祭(11月10日・11日)でご覧頂けると嬉しいです。

10月27(土)には第2回オープンスクールも開催いたしますので、是非またお越しください。