中1弁論大会 ~13歳の主張~

2018.01.29

1月24日(水)中2はホームルームの時間に合併教室にて弁論大会を行いました。この行事は、中学校の各学年で年に一回行われるもので、生徒たちは、国語の授業で意見文の書き方を学び、自分なりのテーマを決めその作成にあたります。意見文が出来上がると、クラス内の班に分かれ互いの意見文を読みあい、その中での代表を決め、さらにクラス内予選を経てクラスの代表を決めます。そして、クラスの代表となった生徒は学年全員の前で意見文を発表します。以下に、クラス代表弁士として弁論大会に参加した生徒の感想をご紹介します。

私はクラスの皆さんに選んでいただき、弁論大会にクラス代表として出場することになりました。クラスの代表であり、私自身初めての弁論大会ということで緊張していた時、クラスの友人たちが応援してくれてとても心強かったです。私は弁論を通して、『平和な日本に暮らしている私たちが、紛争地域の子供たちのために何ができるのかを考えてほしい。』ということを学年全員に訴えました。他のクラス代表の弁士も、いろいろな視点から様々な主張をしていて、それらを聞くことはとても勉強になりました。私は、日々をぼんやりと過ごすことがあるので、もう少し問題意識を持ちながら生活をしてみようと思いました。

  

International Class Romeo & Juliet

2018.01.21

1月13日(土)午後1時半より講堂で国際学級の中3Fによる英語劇ロミオとジュリエットが上演されました。保護者の方々を初め、中2、中1の国際学級の生徒が見守る中、クラス全員が団結し、迫真の演技で古典的な悲劇を演じきり、大きな拍手が送られました。企画運営にあたり、ディレクターを務めた生徒の感想をご紹介します。

国際学級にとって、中学校生活の集大成となるロミオ&ジュリエットを、私たちがとうとう演じる番となりました。私たちは2学期からロミオ&ジュリエットを読み、舞台発表に向けて先生から演技を学びました。初めはみんな恥ずかしく、ただセリフを棒読みするばかりでしたが、「恥ずかしがっているのを見せることの方が、もっと恥ずかしいことだ。」と言われ、一人一人、自分の殻を破りセリフを読むことができるようになっていきました。実際に自分の役が決まると、このセリフはどのように言えばよいかなど、一人一人が考えるようになり、この発表をまとめるディレクターやパンフレット・衣装などを決めるマネージャーと一緒に、舞台を作り上げました。本番前には様々なトラブルがありましたが、クラスのみんなが臨機応変に対応し、本番中は一人一人が励まし合い、心を一つにすることができたので、本番がこれまでで一番素晴らしい舞台になりました。本番の舞台が終わると、みんな楽しかった!と笑顔で言っていて、大変なことを乗り越えると嬉しさや達成感があるということを実感しました。F組は、高校3年生で卒業するまで同じメンバーで過ごします。一つ一つの行事を乗り越えるたびに全員が成長し、絆が強くなります。この舞台での経験を誇りに思い、今後の学校生活に活かしたいです。

   

3学期始業式 ~能動的に生きる~

2018.01.09

1月9日(火)新しい年が明け、すがすがしい気持ちの中、3学期が始まり始業式が行われました。福原校長からは、「自分の人生を人任せにしてはいけない、自分で答えを見つけ自分の人生を作っていかなければいけない、積極的に能動的に生きましょう。」という激励の言葉がありました。未来を作る生徒の皆さんが明るく自信を持って進んでいけるよう、今学期も応援しています。

2学期終業式が執り行われました

2017.12.22

12月22日(金)第2学期の終業式が行われました。福原校長からは、1年を長く感じるか短く感じるか、年齢を重ねるにつれて1年を短く感じるようになる心理現象『ジャネーの法則』から得られる教訓についてお話がありました。

ジャネ―の法則とは、「幼少期の1年が長く感じられるのは、例えば5歳の子供にとっての1年は人生の5分の1(20%)にあたり、それまでの人生経験の多くがその1年に詰まっているからであり、年齢を重ねるにつれて1年が占める人生に対する割合が下がり、1年が短く感じられるようになる。」というものです。これは、逆に見れば、1日1日、1時間1時間、その時々を積極的に過ごし新しい経験を積んでいけば、1年は今よりももっと長く感じられるようになるということです。ジャネ―の法則に従うのではなく、ジャネ―の法則を打ち破りましょう。夢中になれること、積極的に頑張れることを自分で見つけていくことが大切です。新年を迎えるにあたり、この「夢中になれること・積極的に頑張れること」をぜひ見つけてみてください。

このメッセージを生徒一人一人がしっかりと受け止め、明日からの冬休みを大切に過ごしてくれればと思います。

中学終業式の後には、生徒の活躍について、それぞれ表彰が行われました。

平成29年度渋谷区人権作文選考会 優秀賞受賞

東京私立中学・高等学校協会主催 第45回東京私立中学・高等学校 写真・美術展 入選

第66回大正大学全国書道展 心理社会学部長賞受賞

二松學舍大学主催 全国学生・生徒文芸コンクール 中学生書道部門 最優秀賞受賞

第59回 全国書道展 中学生の部 文部科学大臣賞受賞

 

校門には門松が飾られ、新年を迎える準備も進んでいます。

 

第4回学校説明会 来校のお礼

2017.12.22

12月22日(金)午後1時より本年度最後の学校説明会が行われました。歳晩の候、多数ご来校いただきまして、篤く御礼申し上げます。学校長より、間もなく130周年を迎える本校の設立の理念と、常に新しい時代を見据えて生徒の才能を伸ばしていく教育活動について説明がありました。続いて、中高生徒会の生徒による学校生活についてのご紹介、海外研修参加生徒による研修報告のプレゼンテーションをご覧いただきました。女学館の魅力について、生徒の生の声でお伝えできたかと思います。更に英語科教員より一般学級・国際学級の独自の英語教育について、進路指導部からは一人一人を大切に育む六カ年一貫教育における進路指導について、広報室からは次年度の入試に向けて出題傾向やweb出願について説明がありました。その後、個別相談と校内案内が行われました。これから益々寒さも増すものと思われますが、受験生の皆さんが夢に向かって邁進できるよう学園一同お祈りしております。

 

 

 

12月22日 第4回学校説明会のご案内

2017.12.16

12月22日(金)13時より、第4回学校説明会が本校講堂で開催されます。学校長より本校の教育方針についてご説明し、その後、中高生徒会の生徒による学校生活についてのご紹介、海外研修参加生徒による研修報告のプレゼンテーションをご覧いただきます。その他、東京女学館の英語教育、進路指導、本年度の入試についても詳しくご説明いたします。全体会終了後は、ご希望の方を対象とした校内案内と、個別相談もございます。今年度最後の説明会で、ご予約なしでご入場いただけます。皆様のご来校を、学園一同心よりお持ち申し上げております。

創立129周年記念祭を終えて

2017.11.20

11月11日(土)12日(日)の2日間、創立129周年記念祭が開催されました。2日間の来校者数は、昨年を2000名上回る、約1万名となり、たくさんの方々に本校の教育活動の成果をご覧いただける機会となりました。ご来校くださいました皆様に心より御礼申し上げます。

以下に、記念祭実行委員会委員長と副委員長の感想をご紹介します。

委員長の感想…2017年11月11日・12日、入学してからついに5回目となる記念祭を迎えることができました。高2として迎える記念祭は、今までよりもずっと格別でした。皆それぞれの部活動、委員会など各団体のトップとしていままでとは違う責任感や誇りを持って取り組みました。4月から実行委員長として、自分の仕事に打ち込むことはもちろんですが、実行委員のメンバーやクラスメイト達が悩んだり試行錯誤している所も目の当たりにしてきました。そのような姿を見てきたからこそ、当日の縁日や館際、部活動の招待試合、委員会の展示発表などで各々が活躍している姿は本当にキラキラと輝いていて、目が離せませんでした。1つ1つの装飾にも1人1人の思いが詰まっているのだと思うと、たくさんの教室が誰かのアイデアで可愛く変身し、見る人に喜んでもらっているということが、本当にすごいことだと感じられました。記念祭という行事は、多くの人の思いがハーモニーとなって、調和してはじめてできるものなのだと、改めて気づかされました。来年以降も、後輩たちが想像を超えるような素晴らしい記念祭を作り上げてくれることが、今から楽しみです。ご来校いただいた皆様、本当にありがとうございました。

副委員長の感想…11月11日、12日の2日間にわたり、記念祭が行われました。副委員長という立場で迎えた今回の記念祭、来ていただいた方に楽しんでいただけるか不安と心配でいっぱいでした。当日は予想を上回るたくさんの方々にご来場いただき、楽しんでいただけたのではないかと嬉しく思っています。私たち記念祭実行委員は、夏休みから休日登校をして、正門前の幕や踊り場のオブジェ、縁日で行うゲームなどを1から自分たちで作り、2日間の一大イベントでもある「館際」の企画を考えたりと、学年を越えた全88名で力を合わせて一生懸命に活動してきました。4月から7ヶ月間、この2日間のために準備を重ね、大成功のうちに終れたことを本当に嬉しく思います。記念祭を一緒に作り上げてくれた実行委員の皆に感謝しています。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。ぜひ来年もお越しください。

入試説明会 ~ご来校の御礼~

2017.11.18

11月18日(土)10時より本校講堂で小学校六年生対象の入試説明会が行われました。講堂を埋め尽くす、1000名を超える多くの方にお越しいただきましたことを心より御礼申し上げます。学校長よりは、本校の教育方針についてお話しさせていただきました。続いて、国語、算数、社会、理科の入試問題について、出題のねらいと今年の問題傾向、学習のポイントを各教科主任より説明し、広報室長からは一昨年から導入しているインターネット出願についてご説明しました。全体会終了後はご希望の方に校内見学の機会を設け、中1と中2の授業の様子をご覧いただきました。個別相談も実施し、国際学級の教育カリキュラムや帰国生入試、一般入試についても多数ご相談をいただきました。次回の学校説明会は12月22日(金)13時からで、今年度最後の会となります。予約なしでご参加いただけますので、皆様是非お越しください。

なお、本日ご来校いただけなかった方のために、入試説明会でお配りいたしました資料「2018年度中学入試問題について」「2018年度インターネット出願について」の2点を、トップページ・入試情報にて公開いたします。

 

11月18日(土)入試説明会の予約について

2017.11.15

11月18日(土)入試説明会の予約についてお知らせいたします。

現在、定員を超えたため予約の受付けを終了しておりますが、本日正午より追加予約を受付けます。すでに予約された方は再度予約する必要はありません。

* 当日の来校者数により講堂の定員をオーバーした場合には、他の教室にて講堂の様子を中継にてお見せする場合がございます。ご了承下さい。

*事前予約は座席指定の予約ではありません。座席は当日の先着順となります。講堂前方の席より、詰めてのご着席にご協力ください。

中1合唱大会 ~クラスの絆を歌声にのせて~

2017.11.13

中学3年に続いて、中学1年でも合唱大会が行われました。スタディアジェンダ(生徒による実行委員会方式)で運営される合唱大会、中学1年生の音楽係は不慣れながらも懸命にクラスをまとめ、各クラスとも音楽の授業以外にも朝練、昼練と真剣に取り組んできました。優勝クラスで指揮・伴奏を務めた生徒の感想をご紹介します。

プログラム6番 C組。私たちのクラスは最後の順番でした。練習ではうまくいかない事ばかりで、指揮者や伴奏者が注意してもなおらなかったり、意見が合わなかったりと大変なことがたくさんありました。それでも、前日には、みんながお互いの注意をよく聞くようになり、励まし合うことでクラスが団結し、よい雰囲気で合唱大会本番に臨むことができました。当日の朝練では、みんながより一層気合を入れ、全員で最終練習をすることができました。C組は最後の組ということもあり、自分たちの出番の前には緊張がとてもありました。それでも歌い始めたみんなの顔はとても輝いていました。審査の結果、1位と発表されたときには、クラスの絆が今まで以上に深まりました。このクラスでの最高の思い出ができました。