国際的視野の育成  ~ボストンからの留学生~

2017.07.01

今年も6月の2週間、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン郊外のデーナ・ホール・スクールから、2名の留学生が女学館に来校し、高一と高二の国際コースのクラスに所属し、生徒たちと共に授業を受けました。互いに知的好奇心をいっぱいに開花させ、刺激を与え合い、クラスメイトとして絆を結びました。留学生からのメッセージを原文と訳文でご紹介します。

Being my first time to visit Japan- often defined to foreigners as a place with so many rules – I was extremely nervous and had no idea what to expect. What I was greeted with, though, was a kind community of people who were patient and kind as I tried to learn more about Japanese culture. I received advice on how to act in Japan from my classmates, other students helping me learn the Japanese language, and everyone cheering me along the way. Every class at TJK has its own personality to it, I think a word to stand for all of the school’s students is “caring.” The students care about their studies, care towards their friends, and the school puts great care into keeping both Japanese and TJK traditions alive. I could have gone on an exchange to any Japanese school throughout the country. But the people here are irreplaceable and I can say with certainty that I would not have learned as much about Japanese school life and culture without them.

多くの厳しいルールがあるという日本を初めて訪問することで極度に緊張し不安だった私を迎えてくれたのは、優しく親切な人々のコミュニティーで、私が日本の文化を学ぼうとするのを助けてくれました。クラスメイト達は日本での過ごし方をアドバイスしてくれ、日本語を教えてくれる人もいたり、そして皆が今日まで励まし支えてくれました。クラスごとにそれぞれの個性・カラーがありましたが、この学校のどの生徒達にも共通して言えることは「思いやりがある」ことです。皆が、友達を思いやり、勉強を大事にしています。学校全体が、日本と東京女学館の伝統をとても大切にしていることを感じました。彼らのお陰で、日本の学校生活と文化を体験し、多くのことを学ぶことが出来、かけがえのいない経験となりました。

 

I’ve had a great experience during my stay at TJK. The students and teachers helped me a lot when I needed them. Also, my classmates were so kind to me and assisted me to adjust to the new environment. I’ve learned so much at TJK. It was not only finding the differences between American style education system and Japanese style education system, but also realizing the importance of teamwork and good manners. From English classes to the flower arrangement class, everything is so well organized here. Additionally, I’ve tried many new things and experienced many “First-times.” Going to a Noh play with my classmates, attending different classes, wearing yukata and so much more. Lastly, I want to say “thank you” to the students and teachers who helped me feel comfortable at TJK, and my warm host families who made me feel like home. You made my days for the past two weeks. Most importantly, I’m glad to be here and find a group of people that I know I can rely on and to be friends with. I will never forget this experience.

東京女学館での滞在は私にとって素晴らしい経験となりました。困った時には皆が助けてくれ、特にクラスメイト達は私が新しい環境に慣れるためにとても親切にしてくれました。アメリカと日本の教育システムの違いが分かっただけではなく、チームワークと礼儀の大切さに気付くことが出来ました。ここでは授業から華道体験まで、様々なことがきちんと丁寧に構成されています。日本での授業や能楽鑑賞、浴衣の試着など、沢山の初めての経験をすることも出来ました。最後に、この2週間、私が快適に過ごせるよう気遣って下さった生徒の皆さんや先生方、まるで自分の家にいるように感じさせ受け入れて下さった温かいホストファミリー、皆さんに感謝しています。ここに来られて多くの人に出会えたことを、本当に嬉しく思っています。一生忘れられない経験となりました。

 

マレーシア訪問団との交流を終えて

2017.06.15

 一週間にわたる交流を終え、6月9日(金)早朝、本校のバスレーンからクエンチャン校の訪問団が成田空港に向けて旅立って行きました。以下にホームステイを受け入れた中3生徒の感想をご紹介します。

私の家族は、去年のタイ訪問団の受け入れ時に続いて2回目のホストファミリーをやりました。一週間という短い滞在期間でしたが、私自身は普段と変わらず授業や部活動があり、その中でのフルアテンドは少し大変なこともありました。しかし、それ以上に実りの多い経験となり、多くのことを学びました。一緒に生活をしていく中で、お互いの国の文化を理解し、国籍を超えて仲良くなれたことは一生の宝になりました。マレーシアの生徒さん達は皆とても明るく親切でした。今までに食べたことがない料理も、「挑戦してみる!」と言って食べてくれ、「おいしい!」と言って喜んでくれました。今回受け入れた方は、英語・中国語・マレー語・日本語と4カ国語を得意とし、私も多言語をマスターしたいと思える、よい刺激を受けました。将来は様々なことに積極的にチャレンジしてみようと一層思うことができるようになりました。

【クエンチャン校生徒によるマレーシア文化紹介プレゼン】

 

【日本文化体験 浴衣の着付け・試着】

 

【フェアウェルパーティー】

マレーシア訪問団 歓迎式

2017.06.07

6月3日(土)から9日(金)、マレーシアのクエンチャン校の教員・生徒の訪問団が来日し、相互交流と文化研修を行います。5日には講堂朝礼での歓迎式を行いました。7日には高一のHRでのマレーシアの文化についてのプレゼンテーション、8日にはフェアウェルパーティーが予定されています。クエンチャン校の生徒たちは本校の生徒宅にホームステイし、女学館の制服に身を包んで一緒に授業も受けます。アジアの仲間として絆を深める一週間となります。写真は講堂での歓迎式の様子です。

  

中2 English Camp 最終日

2017.05.17

English Camp の最終日は千葉市民ホールにて創作劇の発表を行いました。ホールに向かうバスの車内では、生徒たちは緊張した面持ちで、セリフの確認のために何度も暗誦をしたり、辞書で発音の確認をしました。発表では、ストーリーの結末を自分たちでアレンジして変えたものや舞台演出にこだわったものなどがありました。一方で、セリフを飛ばしてしまって練習のとおりにうまくいかなかった班もありました。発表が終わった後、指導していただいたネイティヴの先生に、「うまくいかなくてごめんなさい。」と謝りにいくと、先生は「気にしないで。次もある。Good job!!」と声をかけられ、その班のメンバーは悔しさのあまり皆で号泣していました。ネイティヴ教員と引率教員の投票で1位から3位の班は記念品のトロフィーやメダルを贈呈されました。閉会式では、ネイティヴの先生から班員1人1人全員に修了証が渡されました。3日間、懸命にプログラムに取り組む姿勢は大変素晴らしく、「積極的に英語の学習に取り組む姿勢を養う」という目標は全員が達成できたようです。

以下に、3日間のプログラムを終えての生徒の感想をご紹介します。

私は今回のイングリッシュキャンプで、普段授業以外ではほとんど使わない英語を三日間積極的に使ってみて、学んだことがたくさんあります。ホテルへ向かうバスの中からネイティブの先生や友達と英語漬けの生活を三日間送りました。私は、オープニングセレモニーで、開会の言葉を英語で述べさせていただきました。大勢の人を前に英語で話すのは初めてでとても緊張しましたが、とても貴重な体験でした。午後の授業では自己紹介や航空会社のクルーの方を招待しました。招待した方は、予定があって来られるかはわからないとおっしゃっていたけれど、予定を変えて来てくださって、色々なことをお話ししてくださいました。とてもうれしく、最高のディナーになりました。ディナーの後のクラスごとに行う英語ゲームではフルーツバスケットが一番楽しかったです。小学生の頃は日本語でやっていたゲームを初めて英語でやってみると、とても新鮮でした。二日目は、学年全員が外に出て、ドッジボールやサッカーを英語を使いながらしました。午後の授業では英語劇を作りました。各グループでくじを引き、その物語を元にオリジナリティあふれるものを作り上げるために案を出し合いました。なかなか良い案が思いつかず、苦労する場面もありましたが、何とか完成させて、練習もたくさんすることができました。三日目は、昨日の練習の成果を千葉市民ホールで発表しました。どのグループを見ていても、とても面白く、難しい英語を使っているところもあり、とても楽しかったです。今回、このイングリッシュキャンプを終えて、英語は自ら積極的に話すことが大切で、英単語などをひたすら覚えるだけでは上達しないことを改めて感じました。英語は世界のどこに行っても通じる言語です。これからもたくさん英語を学び、たくさんの人と会話・交流できるようになりたいです。この素晴らしい機会を今後の人生に役立てていきたいです。

 

中2 English Camp 2日目

2017.05.14

English Campは2日目を迎え、朝食時に翌日に行う創作劇のテーマ発表がありました。そのテーマは一般学級は「世界や日本の昔話」、国際学級は「海外のホームステイのトラブル対応」です。この日のレッスンはグループ毎にプレゼンテーションの基礎を学ぶことから始まりました。その後、ネイティヴの先生と相談しながら翌日に控えた創作劇の発表に向けて、ストーリーを自分たちなりに作り、辞書を使いながら原稿を書き上げ、練習を重ねました。途中、グループごとのスポーツレクやホテルに併設されているスポーツバーにて英語でドリンクオーダーをするなどして楽しみました。各場面で生徒たちは積極的にプログラムに参加し、充実した一日を過ごしました。

 

中2 English Camp 1日目

2017.05.12

  1. 本校では、今年度より中2全員がEnglish Campに参加することになりました。二泊三日の日程で英語を使った様々なプログラムをこなします。その際、10人のグループに1人の割合でネイティヴの教員が指導にあたります。学校を出発し、会場である成田のホテルに向かうバス車内からもうそこは海外です。全て英語で自己紹介や簡単なゲームをしました。初日のメインプログラムは、事前に制作したディナーの招待状を、フライトを終えホテルに滞在する海外航空会社クルーの方にお渡しし、夕食を共にするというものです。「フライトでの疲れもあるが、皆さんとともにディナータイムを過ごす方が大事さ。」機長の方の素晴らしい人間性にも触れることができました。また、そこではレッスンで学んだ会話表現を使いながら自分の知りたいことを聞いたり、日本の文化を懸命に伝えようと一人一人が懸命に励みました。English Campでしかできない貴重な経験となりました。

 

 

 

模擬国連委員会が発足しました

2017.04.22

今年度より東京女学館では委員会として模擬国連に参加することになり、『模擬国連委員会』が発足しました。4月22日(土)に説明会が行われ、活動に興味を持つ多くの生徒が説明に熱心に耳を傾けていました。

参加予定大会は、全日本教育模擬国連大会(8月),全日本高校模擬国連大会(11月)ジャパンメトロポリタン模擬国連 JMMUN(2月),環太平洋模擬国連 PRIMUN(3月)で、いずれか1つだけの参加も可能です。参加希望者は委員会メンバーとして登録し大会参加に向けて活動していきます。

有志の活動であった模擬国連参加が委員会活動となり、参加者の国際問題への理解の深化やプレゼンテーション力の向上、模擬国連会議でのより一層の活躍が期待されます。

 

今年3月に有志生徒が参加した模擬国連の様子はこちら

韓国文化研修旅行(3月28日~31日)

2017.04.18

中学3年生・高校1年生の生徒17名は、春休み中の3月28日~31日に韓国研修旅行に出かけました。

東京女学館では、その時代に合わせた国際教育を充実させるべく、積極的な国際交流を行っています。その1つが今回の韓国文化研修で、韓国の文化や歴史を学び、友好関係を深めることを目的とします。(海外研修としては他にアメリカ文化研修・東南アジア文化研修・ボストン文化研修・タスマニア文化研修があります。)

1日目…出国-ソウル(金浦)空港-公州(武寧王陵、国立公州博物館)- 夕食-ホテル

 

2日目…ホテル-扶余(百済文化団地、扶蘇山城落花岩(船より見学)、聖明王像-昼食-定林寺・記念館-天安(独立記念館)-夕食-ホテル

 

生徒の感想:今日は朝からバスに乗り、たくさんの場所に行きました。一番印象に残った場所は、独立記念館です。自分が知らなかったことがたくさんあり、勉強になりました。ガイドさんも仰っていた通り、日本にいると日本人の視点でしか歴史を学習しないので、韓国から見た場合の歴史を知ることができてよかったです。同じ歴史の出来事でも民族や文化が異なると違った見方になることを学びました。

3日目…ホテル-海成女子高校(プレゼン・生徒間の交流・昼食)-景福宮-明洞・南大門市場地区(グループ見学・ガイド案内)-夕食-ホテル

 

生徒の感想:今日は海成女子高校と交流をしました。交流する前は「何を話せばいいんだろう?」と心配していましたが、実際に会ってみるとみんな優しく、気軽に話かかけてくれて楽しく会話することができました。昼食も一緒にいただき、お別れのときには本当に寂しくなりました。また会えることを期待しています。明洞では、グループ行動の中で写真も撮れ、良い思い出ができました。今日は本当に充実した一日でした。

4日目…ホテル-統一展望台-昼食-お土産店(食品)-仁川空港-帰国

生徒の感想:今回のこの研修で日本人としての自分のアイデンティティーを確立できたように思います。私は今までアジアの他の国に行ったことがなく、アジア以外の国にばかり行っていました。そのため、アジア人としてのアイデンティティーは自覚し始めていましたが、日本人としての自覚はあまりありませんでした。しかし、今回韓国という極めて日本に近い国に行くことで、逆に日本と異なるところが浮き彫りになり、日本の特徴を知ることができました。それは、日本人はとても控えめな民族だということです。お店の店員さんなど、日本ではあまりガツガツ話しかけてくる人はいません。また、日本では「ありがとう」と言われると「いえいえ」と返すのが一般的ですが、韓国では「ネ」(はい)と返します。自分の中には謙遜することを美徳とする日本人ならではの意識が根付いているのだということを知りました。しかし、その意識が強いがために、人に流されたり積極的に外国語を話すことが苦手だったりというマイナス点もあるように思います。他国を知ることで初めて自国を知ることができたのだと思いました。韓国は、日本と距離も近く文化も似ている所が多いです。私たち若者世代が友情を深め、信頼関係を築くことで両国の関係がよくなることを願っています。

環太平洋国際模擬国連会議(PRIMUN) 参加報告

2017.04.01

3月24~26日の3日間、高2の生徒3名が環太平洋国際模擬国連会議(PRIMUN)に参加しました。

模擬国連活動は米国国連協会の提唱で始まった教育プログラムで、国連会議のシミュレーション(模擬国連)を通じて、現代の世界におけるさまざまな課題について学ぶことを目的としています。PRIMUNは日本で開催される中学生・高校生のための初めての国際的な模擬国連会議で、今年で2回目となりました。

以下に、参加生徒の感想を紹介します。

私たちは洗足学園で行われた模擬国連(PRIMUN)で南アフリカの代表として、Overfishing and Other Threats to the Marine Ecosystem というトピックの議会に参加しました。今回の模擬国連には日本人だけではなく台湾人、韓国人、アメリカ人の生徒の方々も参加していました。そのため、会議は全て英語で行われました。

3日間は長いようであっという間でした。海洋問題は魚の取りすぎや水質汚染など、様々な側面を持っています。そのためそれぞれの国の意見も様々で、なかなか私たちと意見の合う国を見つけられずに苦戦しました。そして2日目に、ようやく私たちは中国やシンガポール、コスタリカなど計7つの国でグループを組みレゾルーションを作成しました。その中で私たち南アフリカは、漁師の教育についてを担当しました。3日目はそれぞれのグループが自分たちの作ったレゾルーションについてプレゼンテーションや質疑応答などをして、問題意識をより深めることができました。

この3日間は本当に良い経験になりました。

 

 

国際学級 卒業生による進路ガイダンス  ~美しい世界の架け橋に~

2017.03.24

国際学級では毎年、卒業生による進路ガイダンスを開催し、進路決定の経緯や学習法、将来のビジョンについて在校生に伝えてもらっています。3月21日(火)1時半より合併教室で、2012年3月に卒業した国際コース3期生の白濱絵里奈さんをお迎えして実施しました。白濱さんは本校を卒業後、上智大学外国語学部ポルトガル語学科で学び、サンパウロにも1年留学、リオオリンピックでは現地で通訳も務めました。現在はミスユニバース神奈川大会でグランプリとなり、国際貢献のために積極的に活動しています。以下に生徒からの質問と白濱さんの答えをご紹介します。

女学館に通っていてよかったと思えることはなんですか。

アウトプットの場がある事、先生や友達の理解があった事です。高二でカナダへ短期留学して、初めて今まで学んできた英語を積極的に使うようになった時、帰国後も国際学級というアウトプットの場があった事でさらに英語を使い、高めていく事ができました。また中高の頃、一輪車競技に打ち込んでいてとても忙しい毎日でしたが、先生方や友人の理解とサポートのお陰で、学業と両立できただけでなく、部活動にも打ち込む事が出来ました。

 

国際学級で学んだ英語は今どう生かせていますか。

コミュニケーションの道具、他の言語を学ぶ材料として役立っています。世界の共通語は英語なので、英語で意思疎通できる事は大事だと感じます。また、ポルトガル語を学んだ際に、高校時代までに覚えた英単語がとても役に立ちました。似ている単語も多いので、とくにラテン語系の言語は習得が楽になると思います。

 

 

在校時代は何部に所属していましたか?

中学1年~3年までダンス部に、高校2年の時はパフォーマンス部に所属していました。

私は小学生の頃から校外で一輪車競技に取り組んでいて、高校1年生の時はそちらのスケジュールと両立が難しかった為、中学まででダンス部をやめました。高校2年生ではまた部活をやりたかったので、パフォーマンス部に入って一輪車をしていました。最高学年の新入部員を受け入れてくれた後輩たちに感謝しています。

 

当時の成績はどうでしたか?また当時の勉強法などがありましたら教えてください。

成績は、悪くはなかったですが、志望校が決まってからはとくに、評定平均をあげたくて猛勉強しました。当時はスポーツもやっていていつも忙しく、限られた時間の中で勉強していたので、いつも「サンドイッチ勉強法」でした。中高の勉強はとくに暗記も多いので、とにかくペンで何度も何度も書いて、一旦頭に入れたら睡眠を20分はさみ、起きて同じ部分をもう一度覚えるという方法です。

いま、一番頑張っていることはなんですか。

実績と人脈作りです。私がミス・ユニバースとなったら「ブラジル広報大使」を務め、「リオから東京へ」の期間にオリンピック・パラリンピック事業にも携わりたいと考えています。その為にも、ミス・ユニバースとなった時にその影響力をより活かせるよう、ブラジル関連事業、オリンピック・パラリンピック事業のボランティア実績を積む事、より多くの人に自分を知ってもらう為に人脈を広げる事に今から力を入れています。

 

なぜポルトガル語を習おうと思ったのですか。

ブラジルが大好きで、ブラジル人と彼らの言葉で話したかったからです。17歳の時カナダへ短期留学し、多くのブラジル人の友人ができたのを機に、ブラジル人の多様性と日系社会に関心を持ちました。当時は彼らと英語で会話していましたが、ポルトガル語で話している時のもっと「素」のブラジル人を知りたい!と思いポルトガル語を学びました。

 

ポルトガル語はどこで活用していますか。

主に、通訳、友人とのコミュニケーション、日本に暮らすブラジル人の手助けに活きて

います。リオ・デ・ジャネイロオリンピックでの通訳の仕事が実績となり、現在もブラインドサッカーブラジル代表チームが来日の際、通訳をするなど活躍の場を頂いています。

 

 

どういう種類の仕事に就きたいと思っていましたか。

最初は国と国を繋ぐ外交官を夢見ていました。しかし私の理想はより自由で民間的な外交を行う親善大使のような役割を務めることでした。やがて「ブラジル広報大使」をやってみたいと思うようになり、2006ミス・ユニバース・ジャパンとなり「フランス広報大使」を務めた知花くららさんが頭に浮かび、実現の手段としてミス・ユニバースへの挑戦を決めました。

 

 

 

Why did you decide to audition for Miss Universe?

I decided to audition because I wanted the challenge. I was not sure if I really wanted to do the work I had chosen during job hunting. My experience during the Rio Olympics became a turning point, opening my eyes again to the world and to becoming honest about what I wanted was to do “SOMETHING” between Brazil and Japan. I thought the Miss Universe Pageant would be one way to make it happen.

 

Are you thinking about working abroad?

Actually I’m not thinking much about working abroad, though if I could have the chance to work in other countries it would be nice because I love to learn about other cultures.

 

What was your dream when you were a student?

After I fell love in with Brazil, I only dreamt of going to Brazil as soon as possible and talking with Brazilians in Portuguese.

以下に参加生徒の感想をご紹介します。

 とても楽しく白濱さんのお話を伺うことができました。ブラジルに行きたい、ブラジルで働いてみたい、と言い続けてそれを有言実行できたというのはとてもすごいことだと思いました。たくさんのブラジルでの経験を話してくださり、どれもとても興味深く面白かったです。特にブラジルでの日系人の方々の方が日本の文化をよく知っているということには驚きました。また、ブラジルのサーモンばかりのお寿司も食べてみたいと思いました。今回、白濱さんのお話の中で最も大切なこと、「声に出してみる」ということを私もやってみようと思いました。私はミュージカルが大好きで将来もそれに関わった仕事をしたいと思っています。ですが、その夢を実現させることはとても難しいことで、他の将来の目標を決めた方がいいのか、習い事をこのまま続けた方がいいのか、と悩むことがありました。ですが、白濱さんのお話を伺って、「今やりたいことは何か」を大切にしてこのまま習い事も続けてできるところまでやってみようと思いました。またその夢も恥ずかしがらずに声に出してみようと思いました。白濱さんのお話を伺うことができてとても良かったです。ありがとうございました。Miss Universe 頑張ってください!