社会科歴史散歩  ~古代武蔵の国の首都 府中・国分寺を歩く~

2016.07.26

社会科では、課外学習の一環として、有志を募って1日かけて史跡を巡る「歴史散歩の会」を1年に2回行っています。2016718日(月)、第19回の歴史散歩が行われました。今回のテーマは「古代武蔵の国の首都府中・国分寺を歩く」でした。参加したのは、本校の小学2年生から高校1年生、そして保護者の方々の合計31名。歴史館・資料館では、学芸員の方に説明をしていただきました。汗もたくさんかきましたが、古墳あり、寺院・神社あり、自然あふれる遊歩道ありのバラエティに富んだ見学内容になりました。

※当日の行程:JR西府駅集合→熊野神社古墳・展示館→大國魂神社→ふるさと府中歴史館→武蔵国府跡→武蔵国分僧寺跡→現国分寺→武蔵国分寺跡資料館→お鷹の道遊歩道→JR国分寺駅

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

img_3113 img_3107

 

 

中1学習サポート 卒業生による質問教室

2016.06.25

期末試験まであと一週間となりました。6月25日(土)1時半より進路指導部主催の中1対象の学習サポートが行われ、50名程が集まりました。この春大学に進学した卒業生6名が来校し、中1の質問に個別に対応しながら、皆で試験勉強に励みました。「先輩のように医学部に進学するためにはどんな姿勢で学ぶことが必要ですか?」といった進路の質問を初めとして、各教科について自主的に問題を解いては、つまずくと随時先輩の待ちかまえる机のところに向かい、積極的に質問していました。先輩も簡単に答えを教えるのではなく、自力で解くこつを教え導いてくれていました。

dsc03709 dsc03710 dsc03711

 

アクティブラーニング 中3英語プレゼンテーション

2016.06.20

国の枠を越えてさまざまな人々と出会い、共に生きる時代、人と人とをつなぐコミュニケーションの手段として英語を学ぶ重要性はますます高まってきています。女学館の英語教育では、英語の4技能をバランスよく伸ばす取り組みが多彩に用意されています。ネイティブの教員も専任が4人、講師が4人、更にJETプログラムの教員が1名おります。中学では、ネイティブ教員による週1時間の英会話が必修で、更に日本人教師による授業もリスニング、スピーキングに力を入れています。中3の英語の授業では、My Favorite Wordと題して自分の好きな言葉について英作文し、クラスの前でスピーチし、英国のミルナー先生から各自がコメントを受けるプログラムがありました。座右の銘には人となりが現れ、何よりの自己紹介となります。英語で自己表現して自信を得る楽しい取り組みとなりました。

058 052 061

実験重視の理科の授業

2016.06.17

高二理系化学基礎の様子をご紹介します。女学館の理科教育は、理科に対する関心や探求心を高めるため、実験・観察を重視しています。中学・高校合わせて5つの実験室を備え、器具や設備も充実しています。高二の理系化学基礎は、現在「中和と塩」の単元を学習中です。中和滴定の実験における手順や器具の使い方は、センター試験等でも出題頻度の高いものです。問題演習に取り組み、実験の様子を暗記するのではなく、実際に実験を行うことでより理解を深めることにつながっていきます。事前に実験ノートを作成し、手順や課題を調べ、実験に臨みます。終了後には結果をまとめて提出し、チェックを受けるので、高校の学習に留まらず、大学進学後にも、高校時代の実験レポートが役立ったと語る卒業生がいます。

cimg0057 cimg0068 cimg0069

高一課題小論文一斉指導

2016.06.15

女学館では、高一で全員が一年をかけて課題小論文の作成に取り組みます。各自が興味関心のあるテーマを選び、参考文献を読み考察を深め、構成を組み3000字以上の論文を書き上げていきます。

5月中旬 研究テーマ選び

5月下旬 指導教官発表。研究計画表、構成表提出。

6月上旬 研究テーマ決定。個別指導。

6月中旬 第一回一斉面談。

夏休み  下書きの作成。

9月上旬 下書きの提出。個別指導。

6月15日には第1回の一斉指導が行われました。高一の3~4名の生徒に一人の指導教官がつくという全校体制で実施されています。グループで互いのテーマを紹介し合った後、担当教官との個別面接で、参考文献を参照しながら論文の構成について確認し、夏休みの研究計画について指針を定めます。

問題発見能力、表現力、論理的思考力を鍛える本格的な取り組みで、優秀作は年度末に冊子にまとめられ、パワーポイントを用いてプレゼンテーションも実施されます。先生や友達と討議を重ね、より深い考察になるよう練り上げていきます。

img_3369 img_3371 img_3374 img_3375 img_3378 img_3379 img_3381 img_3382 img_3385 img_3386 img_3387 img_3388 img_3390 img_3391 img_3392 img_3393

夏の学習講座・体験講座

2016.06.15

夏休みの学習講座・体験講座の申し込みが締め切られました。本校では基礎力を強化し、応用力を伸ばすため、長期休暇中にも無料で多彩な講座が用意されています。中1の基礎講座から、高三の大学入試対策講座まで45講座が開講され、1400名を超える受講者が集まりました。知的好奇心を開花させる体験講座も5講座開かれます。また、7月中は自習できるよう図書館も開放されます。

  ◆学習講座

国語 数学 理科
古典文法敗者復活戦 実力試験に向けて数ⅡB ハイレベル有機化学
漢文 複素数平面の徹底追求 有機化学リードα完全マスター
古典センター攻略 数学Ⅲ演習 センター物理
私大受験対策古文演習 医療学部への数学演習 高三物理演習
受験現代文徹底攻略 センター対策数ⅡB 入試問題にチャレンジ力学編
受験小論文 数A場合の数と確率 やりなおし化学基礎
センター対策現代文 数ⅠA図形の性質とその計量 受験の化学基礎
古典演習 センター対策数ⅠA 高二理系生物
説話を読む 数Ⅱ演習全範囲 英語
故事成語を読む 数Ⅱ演習微積分以外 英語センター試験対策
現代文演習 ハイレベル数ⅠA 英語センター模擬試験
中学ハイレベル国語 ベーシック数ⅠA 英語入試長文読解
社会 中3数学演習標準~発展 長文読解中級
日本史B史料問題演習 中3数学演習基礎~標準 文法演習高二レベル
日本史B入試問題演習 中2数学演習 長文読解初級
世界史B入試問題演習 中1数学演習 やり直しの英語
高二世界史B東西交渉史 音楽
楽典演習、聴音演習

◆体験講座

       ウシガエルの解剖

親子でパソコン体験講座

       ロイロノートスクールを使ったプレゼンテーション入門

囲碁教室

        プール開放

 

豊かな心を育む読書教育

2016.06.13

女学館ではさまざまな形で読書指導を展開しています。毎朝8時25分から10分間、中1から高三まで全校生徒が静謐な空気の下で、読書に勤しみます。年度初めには、全教員から生徒たちに向けて、メッセージと共に推薦図書が紹介された冊子が配布されています。また、国語科では、発達段階に応じて、各学期に文学と評論を各1冊ずつ課題図書として課しています。あさのあつこ編『10代の本棚 こんな本に出会いたい』、灰谷健次郎著『太陽の子』、内田樹著『寝ながら学べる構造主義』などが今学期の課題図書の一例です。読書の記録に読後感を記し、定期試験でも、梗概や主張について問う設問が出題されます。また、国語の授業で書評を競うビブリオバトルも行われています。中高図書委員会も活発に活動しており、ラウンジと題した新聞で図書紹介を行ったり、図書館の入り口にお薦めの本の紹介コーナーを設けています。女学館では豊かな心を育む読書の時間を大切にしています。

dsc03645 dsc03647 dsc03648 dsc03650 dsc03653 dsc03654 dsc03657 dsc03659

漢検・英検・数検の校内実施

2016.06.04

女学館では毎年夏と冬の二回、放課後に学校で漢字検定、英語検定、数学検定を受検することができます。6月4日(土)には約250名の生徒が漢検を受検しました。6月11日(土)には英検、7月9日(土)には数検が行われる予定です。多くの生徒が学び慣れた環境で友達と机を並べて力をはかり、資格を得るために励んでいます。更に、英語の4技能をはかるGTECを授業時間内に受け、各自が到達度を振り返る機会としています。TOEFLやTOEIC対策としての、ネイティブの教員による学習講座も充実しています。女学館では、資格取得に向けて力をつけたいと願う生徒たちを、さまざまな形でサポートしています。

dsc03590 dsc03592 dsc03596 dsc03589

自ら意欲的に学べる環境

2016.05.24

週の半ばから中間試験が始まります。早朝から図書館が開放され、静寂と快い緊張感の中、集中して自学自習に励みます。この光景は試験前だけでなく年間を通じて見られ、友と切磋琢磨し合い、下級生の範となる頼もしい姿です。また教員室前の白いテーブルと椅子はアスQ(Ask & Question)と呼ばれるコーナーで、早朝、昼休み、放課後、各HR担任との個別面接が行われ、教科担当者に質問をする生徒も数多く訪れます。

 

dsc03529 dsc03531 dsc03532 dsc03533

中間試験2週間前 卒業生による中1学習サポート

2016.05.14

間もなく中間試験。中1にとっては、初めての体験となります。連日、多教科の試験を受け、成果を出すには、事前にどのような心構えを持ち、どのように準備していけばよいのでしょうか。女学館の進路指導部では、卒業生の協力を得て、毎年OGによる学習サポートを行っています。今年も、5月14日(土)の放課後、現在大学1年生の卒業生を招いて、日頃の予復習やノートの取り方、定期試験に向けての具体的な準備の仕方や、体調管理について、懇切丁寧にガイダンスが行われました。150名もの中1が集まり、積極的に質問をしながら、各自の学習計画を立てました。以下にOGの感想をご紹介します。

大教室いっぱいに中1が集合してくれていて驚きました。本当にやる気がありますね。「睡眠時間はどのくらい確保したらよいですか?」「上手な休憩の入れ方は?」「勉強と部活の両立のコツを教えてください」など、積極的に質問を出し、熱心にメモも取ってくれて、自分が中1の時に比べてとても頼もしく感じました。私は今、志望校に入学できて、毎日とても充実した生活を送っています。日々、積極的に授業に取り組み、楽しく工夫しながら学ぶことで学力も自信もつけられます。OGにとっても初心に返るとてもよい機会になりました。

%ef%bc%91 %ef%bc%92 %ef%bc%93 %ef%bc%94 %ef%bc%95