菊地智子さん (1992年卒)

菊地智子さん

菊池智子中高時代は、オーケストラ部に所属。
武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科に進学し、現在は写真家・美術作家として活躍中。

*写真集「I and I」第38回木村伊兵衛賞受賞

東京女学館での思い出古いながらも美しい歴史ある木造の校舎で毎日学んだこと、床の木のテクスチャーや窓枠の美しさは今でも覚えています。そして、キャラクターが際立った先生方の個性的な授業はとても鮮明な記憶として残っていますね。高校二年生の時にはフランスへ一ヶ月、留学も経験しました。 現在の仕事で映像作品を制作する際には、使用する音楽を考えたり、作ったりする過程があり、学生時代に入っていたオーケストラ部での活動、映画や作品に毎週末触れていた経験は、今でも生きていると感じます。

現在のお仕事写真家であり、美術作家です。主に中国における出来事をテーマに、ドキュメンタリー的な要素を持つ作品を制作しています。 私は美術大学を卒業後、香港に2年間滞在し、現在は中国に17年間住みながら活動を続けてきました。自分のテーマとして「マイノリティ」の方に焦点を当てています。撮影を受け入れてもらうために一緒に何年も住み、一つの作品に最低5年はかかります。現地の人に石を投げられたとしても、粘り強く居座れば、最後は仲良くなるんです。その過程の中で、最初にその場を訪れた際に持っていた自分の既成概念が崩れ、恍惚感の様なものを感じます。最近は、中国の作品だけでなく、日本の広島や福島の写真も撮影しています。

菊地智子さん

copyright:菊地智子「I and I」より


女学館での学びで現在に生きていること菊地智子さん 特に社会科の授業が記憶に残っています。在学していた当時は、天安門事件が起きるなど社会が動くタイミングだったこともあり、現在のジャーナリズムへの関心に繋がっていると思います。最近は、写真もフィルムからデジタルになり、写真1枚の強さも大切ですが、その写真をどの様に見せるかも重要になってきています。私も映像作品を作る際は何かしら音をつけますが、この過程はオーケストラ部での経験が生きていると感じます。今は1つのことだけでなく、何でもマルチにやることを要求される時代です。私自身も、女学館時代にさまざまなものに触れた経験が今の仕事に生きています。中高生の時は見るものや吸収度が違うので、若いうちに何でも触れておくことは大切だと思います。

(記者:高一 R.K・高一 K.S)

四谷英理子さん (2001年卒)

四谷英理子さん

四谷英理子中高時代はフラワーデザイン部・手芸部に所属。
東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部を卒業後、東京大学大学院にて修士号、博士号を取得。
現在は、東京大学大学院経済学研究科助教としてイギリス社会保障史を研究。

東京女学館での思い出 特に印象に残っているのは、フラワーデザイン部での活動です。リボンを使ってバラやユリのブーケなどのお花を作る活動内容でしたが、出来上がりの華やかさとは反対に、根気と集中力が求められるものでした。しかし出来上がった時の達成感は何にも代え難いものでした。部活動を通して、みんなで協力して仕事をやり遂げることの楽しさを学ぶことができました。
どの先生方も情熱を持って授業をしてくださり、それぞれ印象に残っていますが、特に好きだったのは、社会科系の科目と英語です。女学館で学んだ多くのことが、イギリスの社会保障制度の歴史を研究するという現在の仕事につながっていると思います。校外でフィギュアスケートを続けていたことに加え、有志でダンスグループを作り記念祭で発表するなど、中・高の6年間は、様々なことに挑戦することができたとても貴重な時間でした。

現在のお仕事 東京大学大学院の経済学研究科で助教をしています。大学で卒業論文に向けて準備をしていく中で、自分で課題を設定してそれについて深く探求できる研究者という職業に強く惹かれるようになり、東京大学大学院に入学しました。2年間の修士課程を修了した後、博士課程に進み、昨年の春に博士号を取得しました。
研究内容は、イギリスの社会保障制度の歴史についてです。現在の日本では、医療や年金などの社会保障制度改革が大きな課題となっていますが、そもそもこうした社会保障制度はなぜ生まれたのか疑問に思い、研究を始めました。日々の生活において当たり前だと見なしていることの起源はどこにあるのか、という視点を大切にしています。そこに、例えば貧困や格差の拡大といった、現代社会の様々な問題を解決するための重要な鍵があると思うからです。
この仕事を通してみなさんに伝えたいことは、一つのことについて主体的に調べ、深く考えることの大切さです。そしてそれは、自分にとっても強みになる部分だと思うので、これからも大切にしていきたいです。

四谷英理子さん


女学館での学びで現在に生きていること四谷英理子さん 学校で学んだ最も大切なことは、「最後まで諦めず、やり通す」ことです。研究というものはすぐに大きな成果が出るというものではなく、毎日の小さな小さな積み重ねが大切になってきます。大変だなと思うことでも最後までやり切ること、苦手なことから目を背けないことの大切さを学びました。また、ある先生がおっしゃった、「何でもやる、何でも読む、何でも考える、人一倍きちんと生きていくことが勉強です」という言葉は今でも胸に深く刻まれおり、難しいなと思うことでもまず向き合ってみる、考えてみる、ということを大事にしてきました。学校生活で学んだ「どんなことにも無駄はない」ということが、研究の様々な壁を乗り越える上で大きな力になっていると思います。

(記者:高一 R.K・高一 K.S)

青木優莉さん (2011年卒)

青木優莉さん

青木優莉中高時代はオーケストラ部に所属。
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス環境情報学部を卒業後、株式会社博報堂で営業職を経験後、現在は特定非営利活動法人シブヤ大学のメンバーとして渋谷区のまちづくりに関わる。

東京女学館での思い出 中学の生徒会長を務めている時、講堂朝礼では私語を注意するなど怖い人だと思われていましたね。そこには、やはり学校が楽しいと思える場所でありたいと常々考えていた思いがあったからだと思います。それは生徒にとっても先生にとっても同じで、楽しい時は楽しむ、でも、ルールはしっかり守る。オンとオフをつけることで楽しさが生まれる。自分たちの約束を守るということで自分も楽しくなるし、過ごしやすくなると考えていました。

現在のお仕事 特定非営利活動法人シブヤ大学で働いています。渋谷の街をキャンパスに見立てて誰もが無償で学ぶことのできる場所づくりを行っているNPO団体です。私は現在シブヤ大学のスタッフの方と一緒に、ひとつひとつの授業の内容、スケジュールや段取りを決めたり、企業とコラボレーションをした授業の企画をしたり。いわば生涯学習にまつわる仕事に加えて、渋谷の街をより良いものへとしていくことを日々取り組んでいます。

青木優莉さん


女学館での学びで現在に生きていること青木優莉さん 何事にも一生懸命取り組むことの「かっこよさ」を教えてくれたことです。特に合唱大会や体育大会などの行事で真剣にやることを誰もがかっこいいと受け止めること。そして、頑張る姿勢を友達や先生が応援してくれたことは女学館生活の中で得られた宝物だと思います。何に対しても一生懸命やることは、現在の仕事でも生きていることだと思います。ひとつ自分の興味を持ったものを突き詰めていくことを続けると、いろいろな芽になっていくと思うので、みなさんも日々考えてみて下さい。

(記者:中3 K.O・中3 M.K)

藤原星菜さん (2011年卒)

藤原星菜さん

藤原星菜高校時代は国際学級二期生として在学し、ダンス部員として活動。
ロンドン大学ゴールドスミス校在学中は、(国際関係学を専攻し)難民教育支援団体に関わる。卒業後、ユニセフ埼玉県協会(や在日本ルーマニア政府事務局で)広報のインターンを経験し、現在は新聞社で営業・企画職に携わる。2014年One Young Worldサミットダブリン会議日本代表派遣員。

東京女学館での思い出 国際学級に入って、グローバルな視点を持つ仲間であり、唯一無二の友に巡り合うことができました。世界に通じる本格的な英語、人としての品格や人間性を意識するようになりましたね。国際学級の授業はとても特徴があり、日々英字新聞や英米文学を用いて、英語でクリティカルな課題に取り組みます。ツールとしての英語のその先に存在する社会的視点を教えて頂けたと思っています。例えば広告やCMで女性が何気なく映っている写真にはどんな意味があるのか、細い女性がよく広告になることがあるけれどその裏にどのようなジェンダーの問題があるかということについて話し合うなど、深く考えさせられる授業でした。女学館にはたおやかな女性が多く、いつも「なりたい女性像」が身近にいてくださいました。どれもかけがえのない思い出です。

現在のお仕事・学生時代の取り組み 新聞社に勤めており、広告やイベント等の企画に携わっています。現在は大阪で仕事をしているので、関西ならではの地域性や文化の多様性に視点を当てた企画なども担当しています。日々、企業の新しい取り組みや伝えたいメッセージを見聞きし、それをいかに形にして社会に発信できるかを試行錯誤しています。
大学時代はロンドンで過ごし、国際関係論を学びました。2014年には、著名なダボスサミットの若者版国際会議と言われる、ワン・ヤング・ワールド・サミットダブリン会議に日本の代表団として参加しました。その会議は、若者が言ったことに世界のリーダーが耳を傾けてくれる場所だと聞き、他にない機会だと思い参加を決めました。他にも、大学の4年間、ロンドンの難民教育団体で読み書きやアートなどの教育的支援(action for refugees)を行っていました。ダブリン会議では自分の興味関心である教育について発言しました。この時に感じた、「多様な考えを持つ人々が、一つに集まることができる機会を作りたい」という気持ちは、現在の仕事にもつながっています。考えることを育てる、「考育」が、一人一人が社会に働きかける上で重要だと日々感じています。

藤原星菜さん


女学館での学びで現在に生きていること藤原星菜さん 国際学級の授業では、英語だけではなく英語を通した思考力や批評性critical thinkingを鍛えて頂きました。先生方は、「英語はツールに過ぎないのだから、英語を使ってどういうことを伝えたいのか、どんな社会的な背景に気づけるのかが大切である」ということを授業に込めて下さっていたと感じています。また、国際学級からの習慣で、今でも英字新聞や書籍を読み、世界共通の社会課題や新しい発想に触れる時間を大事にしています。
また、在校生の雰囲気や佇まいにはとても影響を受けました。そして、アカデミアでいらっしゃる先生方は、自立した女性のロールモデルとして憧れる存在です。一人一人に寄り添う東京女学館の校風が、いかなる環境においても進路選択の支えとなっています。

(記者:中3 K.O・中3 M.K)

足立香さん

足立香さん

足立香中高時代は水泳部に所属。
国際基督教大学卒業。コロンビア大学、ケンブリッジ大学において修士号取得。国連人口基金モンゴル事務所、国連教育科学文化機関(ユネスコ)パリ本部に国連職員として勤務。現在は、東京大学大学院博士課程に在籍。専門は国際関係論。

東京女学館での思い出 中二の時に英語を教えて頂いた先生がとても素晴らしい授業をして下さって、今でも感謝しています。先生の方針で授業の仕方を変更し、教科書を一章一章全部暗記し、クラスの前で暗唱テストを行い、筆記試験をするという方式にしてくださってから、私たちのクラスの平均点は他と比べると数字に表れてしまうくらい良かったです。私の英語はその先生のおかげと言えるほど素敵な先生でした。また当時女学館で習っていたトロット先生から引き継いだ筆記体は、教科書に載っている筆記体とは違っていましたが、海外で多くの方が使われているものと同じで、本当に役に立ちました。

現在のお仕事 大学はなるべく海外に強いところを、と考えてICUに行きました。交換留学制度を利用してカリフォルニア大学サンディエゴ校に一年留学しました。卒業後、コロンビア大学で国際経済政治開発について実践的な勉強をして修士号を取得し、国連職員として働き始めました。まず、UNFPA(国連人口基金)のモンゴル事務所で国勢調査の仕事をしました。その後、ユネスコ(国連教育科学文化機関)パリ本部の教育セクターで、世界のすべての人々が教育を受けられるためにさまざまな努力をする、という仕事に携わりました。
ユネスコは教育に関わる機関ですから、生涯学習の大切さを提唱していますし、博士号を持っている職員も多く勤務しています。私もより専門性を高め、博士号を取りたいと思うようになりました。そこで、学術的なアプローチを学ぶためにケンブリッジ大学で国際関係論の修士課程を修了し、現在、東京大学大学院博士課程に在籍しています。国境を越えた問題の解決に貢献するために、グローバルガバナンスにおける国際機関の役割、特に国際的合意形成における国連の機能について研究しています。

足立香さん


女学館での学びで現在に生きていること足立香さん 女学館は、自分のことを考えるチャンスを与えてくれる学校だったと思います。社会の一員として守るべき基本的なルールについてはしっかりと教えて下さいましたが、発想ややりたいことに関しては自分の自発的な気持ちを決してとどめないで、むしろ促してくださいました。挨拶や集団生活での校則など守るべきマナーを教えて下さる一方で、明るくおおらかな校風で自由な発想を励ましてくださいました。
実践的に実力をつけてくださる英語教育と、「研修旅行」を始めとするさまざまな学校行事を通して自分の将来の生き方を考える機会を与えてくださったことが、現在の私につながっていると、ありがたく感じています。

(記者:高一 N.S・高一 H.M)

川上摂子さん (1990年卒)

川上摂子さん

川上摂子中高時代は華道部に所属。
東京医科大学医学部卒業後、東京医科大学眼科学教室に入局。
都内総合病院勤務を経て、現在は東京医科大学臨床医学系眼科学分野臨床講師。

東京女学館での思い出 一番の思い出は高校二年の京都・奈良への修学旅行ですね。新京極でお土産を買ったり、夜パジャマに着替えてから、仲の良い友達とどんな人が好きなタイプなのか話し込んだり、帰りの新幹線でお行儀悪く八つ橋を食べて先生に叱られたり。数年前に学会で京都を訪れたときに、たまたま修学旅行で泊まった宿の前を通りかかり、ここだったのかと、たまらなく懐かしくなりました。

現在のお仕事 東京医大の附属病院で眼科の勤務医をしています。人を知りたい、病気を治すやりがいのある仕事がしたいという動機で、医者を志しました。眼科における仕事は三つにわけられます。一つ目は患者さんの「治療」です。網膜疾患が専門で、普段は診療やレーザー手術、目に注射をしています。二つ目は学生や研修医への「教育」です。眼底写真を見せながら学生に講義をし、研修医の先生方に実地指導を行います。三つ目は「研究」です。治療の結果がどうなったかデータを集めて学会で発表し、他の先生方とディスカッションし、よりよい治療を追求します。また、眼科以外の仕事としては大学内の機関である医師・学生・研究者支援センターのワーキンググループメンバーの一員として、職場復帰や仕事関連の悩みを聞き、問題解決のための相談にあたっています。これまでは仕事と子育ての両立に苦心してきましたが、最近子どもたちも成長して手を離れてきました。今までできなかったことにチャレンジして、仕事も遊びに関しても自分の世界を広げていきたいと考えています。

川上摂子さん


女学館での学びで現在に生きていること川上摂子さん 「品性を高め真剣に学べ」という言葉(全教室に掲げられている校訓)ですね。医療業界では実務ができるかが勝負です。「品性を高め真剣に学べ」はそのまま実務に直結する言葉だと思います。私の場合、医学的な知識や経験を積む努力をすることが「品性を高める」ことになるでしょうか。また、「真剣に学べ」とは、不測の出来事に関しても適切に対応するために勘を磨いていくことだと考えますので、そのためには日々の仕事に真摯に向き合わねばと心がけています。それが患者さんの利益・健康につながるのではないでしょうか。実際社会に出て、何かをしようとするときにまず思い出されたのはこの言葉でした。中学、高校時代にいつもこれが目の前に掲げられていたことは、とてもよかったと思っています。

(記者:高二 Y.O・高二 N.S)

一色裕里さん (1992年卒)

一色裕里さん

一色裕里中高時代は、バスケットボール部に所属。
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス環境情報学部卒業後、日本総合研究所でシステムエンジニアとして勤務、ハーバード教育学大学院及び東京大学大学院学際情報学府で修士号を取得。現在は、東京大学大学院情報学環特任助教を務める。

東京女学館での思い出 高校では理系クラスに進みながらも、ハードなバスケットボール部に所属し、10人の仲間で苦楽を共にしてきました。この仲間とは今でも仲が良く、時々集まっています。練習の甲斐もあって私たちの代は、中学のときに渋谷区の大会で優勝したのを覚えています。指導の厳しいクラブでしたが、得るものは大きかったです。今は校舎が違いますが、やはり体育館で過ごした時間が長かったので、思い入れが深いですね。私自身は理系科目や英語が特に得意でしたが、社会の先生方の授業は話が面白く、今でも印象に残っています。

現在のお仕事 東京大学情報学環の特任助教をしています。そこで、MOOC(ムーク、大規模公開オンラインコース)の運営や開発を担当しています。
慶應義塾大学を卒業して3年間、シンクタンクでシステムエンジニアとして働いた後、アメリカのハーバード教育学大学院に留学して1年間テクノロジーを使った教育や開発途上国の教育について学びました。その後、今の立場に至るまで、様々な国の方と仕事をし、自分の興味のある分野で仕事をしてきました。様々な人たちとの仕事を通して鍛えられ、その人たちとの出会いによって今の自分があると思っています。
MOOCについてもっと追究したいというのが今後の目標です。MOOCは大人向けのコースがほとんどですが、いずれは子ども向けの教育にも関わりたいと考えています。

一色裕里さん


女学館での学びで現在に生きていること一色裕里さん 小学校の頃はあまり勉強しませんでしたが、「コツコツ真面目にやる」ということは女学館時代に培われていますね。中高のバスケットボール部の友達をはじめとして、女学館の友達がまじめで一生懸命であったのにすごく影響されました。今の仕事でも子育ての傍ら夜まで仕事をするときは大変ですが、そういうときでもへこたれないのは女学館時代に培われたことだと思います。

(記者:高一 M.O・高一 Y.M)

島津洋美さん (1980年卒)

島津洋美さん

島津洋美高校時代は放送研究会、近代文学部に所属。
ワシントンD.C. Georgetown大学を卒業後、マサチューセッツ州 ボストンカレッジ法学院で法学博士号を取得。アメリカ・ニューヨーク州の弁護士として活動後、ニューヨーク、コロンビア大学にてMBAを取得、アメリカNY大手アパレル会社リズクレボーン社アジア代表として海外戦略を10年以上手がける。
テキスタイル、デザイン、立体裁断など第一人者に10年以上師事。
2012年にグローバルに働く女性に向けたアパレルブランドを「プリンセスヒロミ」を創業。日本、NY、HKで展開、活動。
*2007年共著者"カラーセオリーin ショップ"(野末和志&カラーマトリックス、フォーユー社)
*2014年日本アパレル産業協会最優秀デザイン知事賞受賞
*2015年スウェーデン駐日大使館「女性起業家先駆者賞2015」を受賞

東京女学館での思い出 私は、高校1・2年で放送研究部に所属して、3年では近代文学部に在籍していました。また英語が好きだった私は、当時の女学館の素晴らしい英語の先生方をよく覚えています。海外でお育ちになり発音もよく、国際的な感覚を持たれていて、国際人としてよいお手本でした。また世界史の大原先生が、とても生徒思いで授業も面白く、世界史が大好きでした。印象に残っている思い出は、記念祭で仲の良い友達と星座の館を作り、得意なところを分担し合い、星の出る時間まで楽しみながら準備をしたことです。体育大会では、騎馬戦で取られた帽子を違反と知らずチームで取り返して先生に怒られたことを覚えています。

現在のお仕事 大学から米国留学、NY州弁護士として活動後、MBAを取得しマネジメント・コンサルティングの仕事へ進みました。その後、ニューヨークの大手ファッション企業のエグゼクティブを10年以上務め、色を使ったマーチャンダイジングの本を出版。その後、デザイナーに転身し、アパレルブランド「Princess Hiromi」を立ち上げ、現在はニューヨークと日本で活動しています。女性の社会進出を服で応援したいと思い、ブランドを立ち上げ、「一瞬で一目置かれる服」を上質なテキスタイルとモダンなスタイルで製作しています。日本人の女性が自立して国際的に活躍してほしいという願いがあり、働く女性が私の服を着て一目置かれ周りの人から褒められ、勇気づけられている事でないかと思います。

島津洋美


女学館での学びで現在に生きていること島津洋美さん 家の教えと女学館で学んだことで、社会に出て海外で仕事をしても、男性よりも女性が劣っていると感じたことは一度もありません。高校まで女子だけの学生生活では男子に気を使わずに個性がのびのび表現できました。また、女性に対しての理解があるという点は、現在の職業に生きています。女子校で過ごした経験は、女性同士の連帯感を持つことに役立っています。
本当にやりたいことは元々好きなことだと思うので、継続することを大切にしてほしいです。それが仕事になるのか、趣味なのかは徐々にわかっていくことです。何事も無駄はありません。

(記者:高一 M.O・高一 H.M)