中1学習サポート 卒業生による質問教室

2017.06.28

期末試験まであと一週間となった6月27日(火)放課後、進路指導部主催の中1学習サポートが行われ、50名程が集まりました。卒業生3名が来校し、中1の質問に個別に対応しながら、皆で試験勉強に励みました。各教科について自主的に問題を解いては、つまずくと随時先輩の待ちかまえる質問机に向かい、積極的に質問していました。先輩方は簡単に答えを教えるのではなく、自力で解くこつを教え導いてくれていました。

   

 

【卒業生の方へ】既卒生を含め出身校毎の人数制限のある大学入試について

2017.06.27

国公立・私立を問わず,A・O,公募推薦等での大学受験を考えている卒業生は,必ず以下を速やかに行ってください。

1.旧担任又は進路指導部に,その旨を伝えてください。(電話でも結構です。)

2.本校所定の届出用紙を,来校して受け取ってください。

3.2.を記入,押印の上,学校に提出してください。

特に既卒生を含め,出身学校毎の人数制限のある大学への志願を考えている卒業生は,9月20日(水)8時15分迄に,2.を提出してください。

高一課題研究小論文 一斉指導

2017.06.24

女学館では、高一で全員が一年をかけて課題研究小論文の作成に取り組みます。各自が興味関心のあるテーマを選び、参考文献を読み考察を深め、構成を組み3000字以上の論文を書き上げていきます。

5月中旬 研究テーマ選び

5月下旬 指導教員発表。研究計画表、構成表提出。

6月上旬 研究テーマ決定。個別指導。

6月中旬 第一回一斉面談。

夏休み  下書きの作成。

9月上旬 下書きの提出。個別指導。

6月21日には第1回の一斉指導が行われました。全教員が指導にあたり、高一の3~4名の生徒に対して一人の指導教員がつきます。グループで互いのテーマを紹介し合った後、担当教員との個別面接で、参考文献を参照しながら論文の構成について確認し、夏休みの研究計画について指針を定めました。

問題発見能力、表現力、論理的思考力を鍛える本格的な取り組みで、優秀作は年度末に冊子にまとめられ、パワーポイントを用いてプレゼンテーションも実施されます。先生や友達と討議を重ね、より深い考察になるよう練り上げていきます。

今週の華たより①

2017.06.22

こんにちは。華道部です。

私たち華道部は毎週木曜日に講師の先生をお招きして、活動しております。活動日は週に1日と少ないですが、日本の伝統文化に触れる貴重な機会となっています。入部すると1冊のテキストをいただき、2年間をかけて取り組みます。希望者は、テキストを終えるごとにお免状を取ることができます。

今週の作品は、自由花です。中学1年と、高校一年の部員が生けた作品がこちらです。

 

生けた部員(中学1年生)の感想…枝が堅く、思うような形にするのが難しかったけれでも、楽しく生けることができました。

これからも、華道の魅力をお伝えしていきたいと思います。

高1歓迎会が行われました

2017.06.20

6月14日(水)1限、講堂で高一歓迎会が行われました。企画運営にあたった高校文化委員会の委員長の感想をご紹介します。

4月から準備を始め、出演者オーディション、2回にわたるリハーサルを経て、高1歓迎会を無事に終えることができました。今年度の文化委員だからこそできるものを目指して、企画運営をしてきました。いかに、視覚的に楽しんでもらうか・・・そのために照明にはこだわりました。実際、会終了後には多くの人からお褒めの言葉をいただくことができ、本当に嬉しかったです。舞台裏からでも講堂内の盛り上がりは感じられ、歓声が上がるたびに達成感でいっぱいでした。この会に関わり協力して下さったすべての方々に感謝いたします。ありがとうございました。

第1回オープンスクール ご来校の御礼

2017.06.17

6月17日(土)午後2時から第1回オープンスクールが行われました。好天に恵まれ、約900名の方にご来校いただきました。篤く御礼申し上げます。講堂での全体会は、生徒によるピアノ演奏、ドビュッシー作曲「アラベスク第1番」で幕を開けました。学校長からは、東京女学館の教育の根幹をなす生徒主体の行事運営、委員会や部活動の様子を是非ご覧くださいとの挨拶がありました。続いて高1生徒3名による本校の英語教育についてのプレゼンテーションが行われました。一般学級の英語・国際学級の英語・海外研修の3つのポイントについて自分達の感性と言葉で、真摯に伝えていました。最後はダンス部中3による演舞で、ぴったりと息の合ったチームワークを披露し、会場は大きな拍手に包まれました。その後、インタープリターやボランティア委員、生徒会の生徒たちによってご来校いただいた皆さまをご案内し、校内やグラウンドで活動する女学館生の様子をご見学いただきました。入試問題解説や様々な体験コーナーも盛況で、未来の女学館生の皆さんに本校の様子を深くご理解いただけたかと思います。第2回のオープンスクールは10月28日(土)午後2時から行われます。今回とは異なるプログラムも数多くご用意してお待ちしておりますので、皆さまお誘い合わせの上、是非ご来校ください。心よりお待ち申し上げております。

中1 スクールアイデンティティー

2017.06.17

中1は、合併教室にてスクールアイデンティティの授業を行いました。2回目となる今回は、白菊会(本校同窓会)理事長、常務理事をお迎えして、おふたりの女学館中高時代を振り返っていただきながら、当時と今の女学館の違いを、ユーモアも交えながらお話しいただきました。お話しを伺うことで、女学館の伝統やそこに関わった人々の思いを知ることとなり、生徒たちは女学館生としての誇りや自覚がいっそう深まっているようでした。

以下に生徒の感想を紹介いたします。

今とは違うところもありましたが、60年前から校則がほとんどかわっていないことに驚きました。家に帰ったら予習や復習をすることがとても大切なことだと思いました。卒業生の方々を見習って学校生活を送っていきたいです。お話しをうかがって、改めて女学館の歴史を知ることができました。本日はありがとうございました。

女学館は本当に古くから続く伝統を大切にしていると感じました。古いことを大切にし、そこから学べることを考え新しくなっていく、まさに温故知新だと思いました。今日白菊会の方が、本を読むこと、友達を大切にすることの2つを何度もおっしゃっていたので、重要なことだと思いました。この2つのことはしっかり守っていきたいです。

マレーシア訪問団との交流を終えて

2017.06.15

 一週間にわたる交流を終え、6月9日(金)早朝、本校のバスレーンからクエンチャン校の訪問団が成田空港に向けて旅立って行きました。以下にホームステイを受け入れた中3生徒の感想をご紹介します。

私の家族は、去年のタイ訪問団の受け入れ時に続いて2回目のホストファミリーをやりました。一週間という短い滞在期間でしたが、私自身は普段と変わらず授業や部活動があり、その中でのフルアテンドは少し大変なこともありました。しかし、それ以上に実りの多い経験となり、多くのことを学びました。一緒に生活をしていく中で、お互いの国の文化を理解し、国籍を超えて仲良くなれたことは一生の宝になりました。マレーシアの生徒さん達は皆とても明るく親切でした。今までに食べたことがない料理も、「挑戦してみる!」と言って食べてくれ、「おいしい!」と言って喜んでくれました。今回受け入れた方は、英語・中国語・マレー語・日本語と4カ国語を得意とし、私も多言語をマスターしたいと思える、よい刺激を受けました。将来は様々なことに積極的にチャレンジしてみようと一層思うことができるようになりました。

【クエンチャン校生徒によるマレーシア文化紹介プレゼン】

 

【日本文化体験 浴衣の着付け・試着】

 

【フェアウェルパーティー】

第1回 オープンスクール(6月17日)のお誘い

2017.06.13

6月17日(土)午後2時より、第1回オープンスクールを開催いたします。受付をお済ませの後、講堂にご参集ください。講堂での全体会では、校長のご挨拶に続いて、本校の英語教育について高1の生徒3名がプレゼンテーションを行います。先日の女子校アンサンブルでも大変好評をいただいた内容ですので、ご期待ください。その後、ダンス部による演舞をご覧いただきます。校舎やグラウンド、体育館では、運動部、文化部、委員会などがさまざまな活動を行い、受験生の皆さんに体験していただく催しを数多くご用意しております。算数、国語、理科、社会の入試問題の解説、英会話の体験授業、アンネのバラ委員会、ビオトープ委員会での体験学習もあります。中学校の生徒会やボランティア学習委員会、そして、インタープリターの生徒たちが、来校者のご家族や未来の女学館生の皆さんと、学校生活についてさまざまなお話をしながら、校内をご案内いたします。楽しい取り組みを数多くご用意しておりますので、皆様、お誘い合わせの上、是非ご来校ください。

下記の写真は昨年度の様子です。

     

 

東京メトロ沿線だより5月号に東京女学館が紹介されました

2017.06.13

東京メトロ沿線だより2017年5月号に「明治時代の外堀と東京女学館」というタイトルで本校を紹介していただきました。本校の校歌は「開化のひかげあたらしく てらしわたれる虎の門」という一節で始まります。現在の所在地は渋谷区広尾ですが、渋谷羽沢に校舎が移転されたのは関東大震災後の大正12年のことです。それまでは、明治21年永田町御用邸雲州屋敷で開校したのち、明治23年からは虎の門の旧工部大学校生徒館を借り受け、33年間虎の門を学び舎としていました。虎ノ門は2020年に向けて、虎ノ門ヒルズの開業や新虎通りの開通など発展の目覚ましい地域です。本校も脈々と受け継がれてきた伝統を重んじつつ、これからの時代を切り拓く人材を育成する学校であり続けたいと思います。