高1 オーストラリア ターム留学報告

2019.04.20

昨年度からオーストラリアへの学校への派遣ターム留学が始まりました。これはブリスベンとメルボルンの2つの学校へ、高一の希望者の中から選考された生徒各2名ずつを、約3か月(1ターム)の間派遣するプログラムで、今年の1月から3月末に、早速、最初の生徒達が派遣されました。

以下に、4月より高校二年生となった3名の生徒の感想をご紹介します。

 

~高二 S.C. さん 留学先:Lourdes Hill College  (ブリスベン)~

私は1/14~25はBrisbane City にある語学学校に通い、その後1/29~3/29までは、Lourdes Hill College(LHC)に通いました。LHCではYear 10に入りました。1歳年下の学年でしたが、生徒はそうは思えないほどしっかりしていて、一人一人が自立した考えを持っていました。オーストラリアでは幼稚園の頃から自分の意見を言うように教育されているそうなので、個々の意見がしっかりしているのではないかと感じました。普段おとなしくて、あまり話さないような子でも、授業中は積極的に手を挙げて発言していて驚きました。

また、オーストラリアには日本が好きな人が多く、私自身日本人というだけで喜んでもらえたり、話しかけてもらえました。日本のお菓子などでもとても喜んで食べてくれて、嬉しかったです。

この3か月間、毎日生きた英語に触れ、親元も離れて過ごした日々はいろいろと大変なこともありましたが、本当に充実していて、自分を成長させられた貴重な経験でした。この留学で得たことを忘れずに、努力を怠らず、これからも向上し続けていきたいと思います。留学に行かせてくれた両親、先生方には感謝してもしきれません。ありがとうございました。

 

~高二 K.R. さん 留学先:Methodist Ladies’ College (メルボルン)~

私は、他国の同じ世代の女の子達は、何を思い、何を考え、何に興味を持ちながら日々過ごしているのかということに、とても興味がありました。現地の家族の一員となり、現地の高校生になることによって、そのことを肌で感じることができた3か月間だったと思います。一人っ子の私にとって、姉妹のいる家庭での生活は貴重な体験でした。にぎやかで明るく温かい家族が迎え入れて下さり、安心と充実を感じることが出来ました。

長い伝統のある美しい校舎のMethodist Ladies’ College(MLC) には、生徒の皆と同じスクールカラーのワンピースとジャケットの制服を着て通学しました。MLCでも先生をはじめ生徒たちが快く迎え入れてくれたことは本当に嬉しいことでした。個性はそれぞれながらも、皆おおらかで、こちらから思い切って積極的に関わっていくと、どんどん返してくれました。また、皆堂々としていて自分に自信を持ち、大人びていると感じました。

この留学中に何度も耳にしたフレーズがあります。”What do you think about?” 授業でも日常でもこの問いかけは頻繁でした。このフレーズに対応するのは、最初はなかなか難しいことでした。常に自分の意見を明確にしそれを相手に適切に伝えられるよう注力することが大切なのだと思いました。

生徒たちの自然で自信にあふれた様子は、自分の考えを明確にしながらも、相手の意見を尊重し聞く耳を持つ、日々の積み重ねで育まれたものの一端かもしれません。問いかけに応えるために、まず”What do you think about?”と自分に問いかける意識を持つようになったことが、この留学中の一番の変化だったと思います。

先日ホストファーザーが仕事で来日し、家族と一緒に東京で会う機会を持つことができました。ホストファミリーやお世話になった先生、コーディネーターさんやたくさんの友人に出会えたことに感謝しています。多くの人に支えられて、充実した毎日を過ごすことができました。そして、この機会を下さった女学館の先生に感謝します。

 

 

~高二 S.M.さん 留学先:Methodist Ladies’ College (メルボルン)~

私は高1の3学期の間の約10週間、メルボルンへ留学しました。初めの2週間は現地のコーディネーターさんともう1名の生徒と英会話の練習をしました。お店での注文方法や買い物の仕方を学び、またビーチにも連れて行っていただきました。2月からは現地校に通い現地の学生と同じような生活を送りました。もちろん、授業はすべて英語で、システムも全く日本と異なるので、初めは戸惑うことが多く、不安でしたが、周りのクラスメイトはとても優しく一生懸命私とコミュニケーションを取ろうとしてくれました。そして3月に入り、英語での生活に苦労を感じなくなると、毎日が楽しくて仕方ありませんでした。

学校でできた友達も、ホストファミリーも私にとってかけがえのない宝物です。辛いこともありましたが、留学できて本当に良かったと思います。そんな素敵な機会を下さった学校と家族に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

タイ訪問団② ~3日目の様子~

2019.04.20

タイ訪問団は昨日はディズニーランドで1日過ごしました。

今日は朝から女学館の制服を着て、朝礼や授業に参加しました。(制服を着ると、女学館の生徒と全く見分けがつきません。)

高二の朝礼ではそれぞれに自己紹介をしてもらった後で、クラスの生徒からの質問に答えてもらいました。

 

 

その後は、中2F(国際学級)の授業で交流を行いました。

活発に英語でやり取りが行われて、タイの文化や名所を知るきっかけになったことと思います。

   

タイ訪問団① ~Welcome to TJK ~

2019.04.18

今年もタイ訪問団が到着しました。

バンコクにあるサトリウィチャヤ校の生徒10名と先生2名が、1週間女学館で過ごします。

高校の講堂朝礼では、生徒会長と副会長が英語と日本語で司会をし、歓迎式が行われました。

 

4時間目の高二の合同ホームルームでは、サトリウィチャヤ校の生徒達によるタイの文化を紹介するプレゼンテーションがありました。ダンスを見せてもらったり、タイの遊びを教えてもらい本校生徒が一緒に体験する場面もありました。

 

お昼休みには高二の教室でお世話係の生徒たちとおしゃべりをしながら一緒に昼食を食べました。その後は高二の授業にも参加しました。

  

放課後にはホストファミリーと対面し、それぞれに帰宅していきました。サトリウィチャヤ校と女学館の生徒たちにとって、楽しく有意義な国際交流の1週間となることを願っています。

中1クラブ説明会

2019.04.13

中1もいよいよ本日から授業が始まっています。

放課後には講堂で、クラブの説明会がありました。

この説明会は、高二のクラブ幹事会6名の生徒に加え、昨年度のクラブ幹事会6名(高三)の生徒もサポートし、運営されました。司会や音響、時間の管理や出演者の出入りなど、全てがとてもスムーズに行われていました。

出演したクラブの生徒たちも、たくさんの中1に入部してもらえるよう、この日のために熱心に準備し、80秒の持ち時間を使って、それぞれの魅力を最大限にアピールしました。

新入生が中学校生活で楽しみにしていたことの一つが、おそらくクラブ活動だと思います。来週からは放課後のクラブ見学が始まります。説明会に参加していないクラブもありますので、じっくりといろいろなクラブを見学して、自分に合うものを探してみてください。

 

 

中1オリエンテーション 3日目

2019.04.11

今日の中1は、各クラスで委員や係決めを行いました。自分の挑戦したい仕事にそれぞれが立候補して、その後で選挙をして決めました。候補者は演説で意気込みを語り、周りの生徒たちは熱心に聞き入り、拍手を送っていました。その後、球技会の種目決めを行いました。

 

国際学級のF組ではクラスのCrest(紋章)作りを行いました。グループで相談しながら、絵や言葉を決めていきます。中1で作成するCrestは教室に飾り、高三Fまで大切に持ち上がっていきます。また、F組では花びらをかたどった用紙に一人ひとりの自己紹介を書き、素敵なお花が完成していました。

 

 

お昼休みの各教室では、昼食をとりながら歓談する様子が見られました。担任の先生の指示で毎日メンバーを変えて、できるだけ多くのクラスメイトと話す機会を作っています。

 

 

中1オリエンテーション 2日目

2019.04.10

中2以上の学年では本日から通常授業が始まりましたが、新入生は昨日に引き続きオリエンテーションを行いました。

最初に合同HRがあり、大きな教室に学年全員がそろいました。学年主任の先生からは、高い品性を備え、人と社会に貢献する女性となるための具体的なお話がありました。

 

また、4月末に行われる球技会に向け、体育の先生からのお話もありました。女学館には「メディシンボール」という競技があり、20名弱の生徒が1列に並んで頭上や足の間にボールを通していきます。新入生はこの初めて見る競技に興味津々で、球技会の種目決めで大人気だったクラスもありました。

 

中1オリエンテーション 1日目

2019.04.09

中学1年生は本日から3日間かけて、女学館での生活の仕方について学んでいきます。1日目の今日は担任の先生から、号令のかけ方、掃除のしかた、校則などについての説明がありました。新入生は時折メモを取るなどし、熱心に耳を傾けていました。

今日は生徒総会も実施されました。初めに教頭先生や生徒指導部長の先生からお話があり、女学館を作り上げるのは生徒の皆さんであって、一人ひとりの心がけが大切であるということを改めて確認しました。中学3年の生徒会執行委員からは今年度の活動計画の発表があり、生徒の力で学校生活をより良くしていこうという熱意が伝わり、新入生も刺激を受けたようです。

 

本日最後の活動としてウォークラリーを行い、よく使用する教室の場所の確認をしました。6人ほどの班に分かれ、協力し合いながら楽しそうに校内を巡っていました。こういった活動を通して、少しずつクラスの友人との親交を深めていってほしいと思います。

 

【卒業生の方へ】2020年度教育実習の申し込み受付

2019.04.09

 

申込み日   2019年5月14日(火)9:45~15:00

受付場所   中高教員室

対象     本校高等学校卒業生

持参するもの 大学の成績証明書・印鑑・筆記用具

 

受付可能な人数を超えた場合はお断りすることがあります。

選考は提出書類等により、総合的に判断します。

平成31年度 中学入学式が行われました

2019.04.08

春雨の降る中、中学入学式が執り行われました。たくさんの保護者の皆様が見守る中、276名の新入生が東京女学館での生活をスタートさせました。平成最後であり来月からは令和元年となる記念すべき年の入学生、また女学館にとっても創立131年という新たなスタートを迎える記念すべき年の入学生でもあります。

校長先生の式辞では「企画力」についてのお話がありました。何か新しいことを企画するには常にアンテナを張り、未来を見据えていることが必要となります。新入生の皆さんにも、自分が何をしたいのかということに関して常にアンテナを張り、それに向かって積極的に取り組むことで自分を企画する力を養ってもらいたい、とのことでした。

中学校生徒会長からは歓迎の言葉、新入生代表生徒からは中学校生活に向けた決意が語られました。

 

中1教員紹介、合唱部による校歌の紹介に続き、オーケストラ部による歓迎演奏が行われました。

 

明日からはオリエンテーションが始まります。

焦らず少しずつ学校のことを覚えながら、素敵な女学館生になっていきましょう。

 

中学入学式に向けて

2019.04.06

中学始業式の後には、中学入学式に向けた準備が行われました。

準備は毎年、新中2がお手伝いしてくれます。後輩ができる喜びを感じながら、心を込めて、机のセッティングを行いました。

校内ではまだたくさんの桜が見られます。

生徒・教員一同、新入生のご入学を楽しみにお待ちしています。