「第5回 高校生直木賞全国大会レポート」選考に参加しました

2018.07.19

文藝春秋社の『オール読物』7月号に第5回高校生直木賞決定発表が掲載されています。

「高校生直木賞」は、公募によって選ばれた25校の生徒たちが候補作5作を決定、さらに25校の代表1名が東京に集まり議論を尽くして1作を選ぶものです。

その議論の内容が『オール読物』7月号に載っています。各校の代表者はアルファベットで表されていて、本校の代表者の2年生徒は「L」です。ぜひお読みください。生徒の皆さんは図書室にある候補作品を借りて読んでみてはいかがでしょうか。