アンガーマネジメントティーンインストラクター養成講座を受講しました

2018.07.06

7月4日に日本アンガーマネジメント協会より本部講師でアンガーマネジメントゲームの製作者の一人であるの篠真希氏をお招きし、アンガーマネジメントティーンインストラクター養成講座を開講して頂きました。
受講したのは中1軽井沢学習寮の生徒引率にあたる教員です。
アンガーマネジメントゲームを通して、思春期の子どもたちが、できごとに対する怒りの感情に気づき、建設的な方法でコントロールできるようになることを期待しています。軽井沢学習寮では生徒全員がこのゲームに参加します。

 
同じできごとであってもどのように感じるかは人ぞれそれです。皆が怒りを感じるとは限らず、怒りを感じたとしても怒りの度合いは違うのだということをゲームを通して学んでいってもらうものです。

 

このゲームを4人グループになって実際にゲームしました。全員が中学1年生だった頃の自分を想定してゲームに臨みました。

 

仕事のうえではお互いによく知っていても、中1の頃の怒りレベルを想像するのは難しく、非常に盛り上がりました。また、ゲームを通して相手のことをより知ることができました。

 

怒りの感情をコントロールできれば、人間関係の改善が望めますし、より良い人生にしていけるのだということをゲームを通して理解することができました。「怒り」について考えながらも、全員和気あいあい終始笑顔の3時間となりました。