アンネのバラ委員が参加した活動が動画になりました

2019.02.03

アンネのバラ委員会では、NPO法人ホロコースト教育資料センター(通称Kokoro)主催の企画に参加し、2016年より、日本在住の唯一のホロコースト・サバイバーであるヤーノシュ・ツェグレディさんとの交流を重ねてきました。ヤーノシュさんからうかがった貴重なお話が、1月27日(日)国際ホロコーストデーを記念して、映像になってアップされています。

どうぞこちらからご覧ください。

↓NPO法人ホロコースト教育資料センターの公式HP

『日本に暮らすホロコースト生還者 ヤーノシュさんの物語』

https://www.npokokoro.com/janos

 

~アンネのバラ委員とヤーノシュさんとのこれまでの交流~

2016年1月14日

早稲田大学に於いて、「ホロコースト記憶の国際デー2016 in 東京」として映画「サウルの息子」上映会&トークセッションが開催されました。アンネのバラ委員の高2の生徒が早稲田大学学生らとともにパネリストとして登壇。ヤーノシュさんも会場にいらして参加なさっていました。アンネのバラ委員は、初めてヤーノシュさんにお目にかかりました。

 

2017年1月26日

早稲田大学に於いて、「ホロコースト記憶の国際デー2017 in 東京」として映画「アンネの日記 第三章~閉ざされた世界の扉」上映会&ディスカッションが開催されました。アンネのバラ委員の高2生徒が登壇し、他校の高校生・大学生とともに映画の感想などを述べました。ヤーノシュさんも登壇し、自らの経験の一部を語りました。

 

 

2017年11月18日

本校にヤーノシュさんをお招きし、鎌倉学園・湘南学園の生徒と一緒にアンネのバラ委員たちがミーティング。ひとりひとり自己紹介をし、質問をしました。目の前のヤーノシュさんから、お話をたくさんうかがうことができました。やさしく握手もしてくださいました。

2018年1月25日

国連大学に於いて、「ホロコースト国際デー2018」として、ヤーノシュさんと高校生の交流を中心に、イベントが開催されました。第1部の、ヤーノシュさんとお兄さんとの人生を語るストーリーテリング(朗読)「ヤーノシュとスティーブン兄弟の物語」に、アンネのバラ委員の中学生・高校生が参加。画像に合わせて、ヤーノシュさんの人生をご本人の前で語りました。また、そのあとの第2部の「ヤーノシュさんと高校生との対談」では、アンネのバラ委員の高2生徒がパネリストとして、鎌倉学園・湘南学園の生徒とともに登壇し、ヤーノシュさんの経験をうかがいました。

  

 

2019年1月27日

NPO法人ホロコースト教育資料センターのHP上に映像がアップされました。