クラブ 夏の活動報告⑦~オーケストラ部~

2018.09.13

夏休み中のクラブ活動の様子をご紹介します。


<オーケストラ部>

オーケストラ部は、8/4(土)~8/7(火)に、中1~高二の90名の部員が参加して、山梨県西湖畔で合宿を行いました

 

<活動の様子と生徒の感想>

オーケストラ部は8月4日から7日の四日間、富士五湖のひとつ、西湖の傍にある魚眠荘で合宿を行いました。パートごとにコーチの先生をお呼びして、初日からみっちり練習を行いました。自分たちで練習している時では気付けなかった癖や姿勢といった基礎的なものから、音の強弱や曲の雰囲気といったプロの先生方ならではの貴重なアドバイスまで、たくさんの助言をいただきました。まだまだ改善点がありますが、十一月の記念祭の舞台で演奏する私達の姿が、少しではありますが見えてきたように思います。

三日目の午後からは高二のイベント係が中心となって、音楽会を行いました。音楽会では管楽器と弦楽器に分かれて、管楽器は「前前前世」、弦楽器は「コードブルー」を演奏しました。また、コーチの先生方の生演奏はとても素敵で、このような演奏を合宿で聞くことが出来るのは、この合宿の醍醐味であると思います、音楽会後のバーベキューと桃の丸かじりは、連日の練習で疲れた体を癒す最高のイベントでした。学年ごとに鉄板を囲み、皆で食べるご飯はとても美味しかったです。バーベキューが終わったあたりから雲行きが怪しくなり、一時は雷を伴う土砂降りの雨に見舞われました。ですが皆の願いが届いたのか、花火を行う事もできて、本当に良かったです。四日目は早朝から合奏を開始し、合宿に参加したことで少しでも自分が成長したことを感じられる、良い機会になりました。

私達高二にとっては、これが高校時代最後の合宿でした。本校百三十周年の記念祭の舞台で演奏するということもあり、絶対に成功させなくてはならないという使命感から、例年よりも厳しく後輩に接してきたのですが、支えてくれる高二の皆や、一生懸命ついてきてくれる後輩たちの優しさを改めて感じる合宿になりました。あと数か月で記念祭ですが、かわいい後輩たちと大好きな高二の皆で一丸となり、一度きりの舞台を成功させたいと思います。(部長:高二生徒)