中1 茶道体験

2019.07.19

中学1年生は6月末に茶道体験の授業を行いました。作法室という畳敷きのお部屋で、外部からお招きした先生に茶道の基本を教えていただきました。いつもの教室での授業とは違った厳かな雰囲気に緊張し、慣れない所作に戸惑いながらも、茶道の作法を会得しようと懸命に取り組んでいました。2学期にも茶道体験の授業を予定していますので、今回学んだことを更に深めていってほしいと思います。

以下に生徒の感想を紹介いたします。

私は小2のころから月に1回、茶道と華道を行うマナー教室に通っていて、お茶を点てるのは今回が初めてではありませんでした。そのため、とてもうまく点てることができたと思いました。しかし自分が習っていたものとは少し違う作法もあり、もう一度初めから勉強し直すつもりで秋の授業も受けたいです。先生のお話からも、お茶、茶道というものがどれだけ厳しく、おごそかなものかということが分かりました。一つ一つの作法を丁寧に行い、伝統文化を受け継いでいきたいと思いました。