中3『命の授業』 ~天使の時間の思い出~

2017.03.04

3月1日(水)中3は合併教室で『命の授業』を行いました。講師には本校の卒業生で、看護師、助産師であり、NPO法人の代表でもある岩本ゆり先生をお招きしました。先生は静かで穏やかな語り口でご自身の体験を紹介してくださいました。死を人一倍恐れた少女時代、人の生死に関わる仕事に就きたいと願い進路を決めたこと、若い看護師として婦人科で子宮癌を患った同世代の患者さんと忘れられない時を共有したこと、現在、在宅で終末期を過ごす患者さんのケアをし、ささやかな目標を糧に最後まで前向きな意志を貫いた調理師さんからもらったメッセージなど、一人一人の心に響くお話をしてくださいました。以下に生徒の感想をご紹介します。

私も死を恐れています。自分が死ぬのも怖いし、家族や友達を喪うのもつらい。でも、今日、先生のお話を伺って生きること、死ぬことに対する考え方がほんの少し変わりました。先生も同じ制服を着ていた生徒だったのだと思うと、とても親しみがわきました。お話の中で特に心に残ったのは、死を自覚した人が皆に感謝を述べる天使の時間のことです。これは神様が人間にくださったプレゼントかもしれないと思います。死から目をそらすのではなく、皆が一度きりの人生を生きているのだと思うと、一日一日がこれまで以上に大切に思えてきました。