体験講座「博物館・美術館の素敵なモノを見てみよう!」

2019.02.25

中学生を対象にした「博物館・美術館の素敵なモノを見てみよう!」という体験講座が行われ、今回は、根津美術館にて「鬼退治の物語 酒呑童子絵巻」 を見学しました。講座に申し込んだ生徒に加え、国際文化部の生徒達も参加しました。

  館内のホールにて

 日本庭園を散策

~参加した生徒達の感想~

・絵巻物はいまのマンガの扱いもあったと先生から聞き、本当かなと思っていましたが、コミックのような絵巻物の展示を見て、友人と見ながら面白くて笑っていました。

・どうして不気味な「鬼」を美術館で展示するのだろうかと思っていましたが、かわいい鬼や笑顔の鬼も描かれていて、昔の人の「鬼」への想像力は、私の想像をはるかに超えていました。

・「鬼」を退治するために出向いた源頼光が、酒呑童子に勧められて「人肉」を食べるシーンがありました。怖かったですが、見入ってしまいました。

・鬼に勧められて人肉を食べる人間の絵巻物を書いたり、見ているなんて、悪趣味すぎと思っていましたが考えていましたが、先生から「現代でホラー映画を見て楽しむ人がいるように、怖いモノでもフィクションだから楽しめると想像してみたら?」といわれ、私はホラー映画は好きなので、絵巻物で怖いシーンを楽しむのも納得しました。

・根津美術館の日本庭園が見事でした。

・常設展の中国「殷」青銅器が立派で感動しました。学校の近くで、殷の時代の品物の実物を見られるなんて驚きました。