体験講座「博物館・美術館の素敵なモノを見てみよう!」

2019.01.25

3学期の学習講座・体験講座が始まりました。

先日、「博物館・美術館の素敵なモノを見てみよう!」という体験講座が行われ、申し込んだ10名の生徒が、学校の近くにある山種美術館を訪れ「皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―」の展示を見学しました。

 

鑑賞する様子

作品:下村観山《老松白藤》 山種美術館所蔵(この作品に限り撮影可でした)

 

 

~生徒の感想です~

・日本画は金や銀を使うイメージがありますが、ギラギラした感じではなく、太陽の光や波しぶきを表現するのに使われていて、美しく見えると感心しました。

・日本画の中に、漫画の原型となる表現がなされた作品があると聞きましたが、前田青邨の獅子の描き方は、日本画でありながらアニメのようにも見えました。

・先生から、「銀」ではなく「プラチナ」を銀色として使う描き方の変化について聞いて、世界との貿易が日本画にも影響するんだと驚きました。

・日本画は、岩石や虫から色を抽出していると知り、自然にあるもので色を付けるむずかしさを想像してみました。昔の絵をそのように考えながら見ると、とても不思議に思えました。