合唱部 ボニファンテス少年合唱団との交流(於 チェコ共和国大使館)

2017.04.20

4月17日(月)本校合唱部の生徒がチェコ共和国大使館において、ボニファンテス少年合唱団との交流を行いました。東京女学館では、小学生を中心にチェコ共和国大使館への訪問やチェコの芸術基礎学校との美術作品の交換など様々な交流を行ってきましたが、今回は国際交流センターの紹介によって、中高生とボニファンテス少年合唱団の交流が実現しました。

ボニファンテス少年合唱団…1999年創立。様々なチェコ及び海外のコンクールに出演し、ヨーロピアン コーラス フェスティバルの優勝をはじめ、11の金賞、4つの銀賞を獲得。Bonifantesは歌の音楽学校でもあり、350人の生徒が学んでいる。1年間で、約100名の団員がのべ100回近くの演奏会に出演している。オーケストラとの共演で「カルメン」ほか、数多くのオペラ作品にも出演。ローマ法王の前でも演奏した経歴を持つ。活躍はチェコ国内だけにとどまらず、ドイツ、イギリス、フランス、オーストリア、ベルギー、オランダ、スペイン、イタリア、デンマーク、スロヴェニア、クロアチア、ボスニア & ヘルツェゴビナ、スロヴァキア、アメリカ等、海外遠征や交流も積極的に行っている。(BONIFANTES公式HPよりの抜粋)

参加した合唱部生徒の感想…今回、合唱部はチェコ共和国大使館でチェコのボニファンテス少年合唱団と交流をしました。お互いの合唱を聴きあうだけではなく、その後の交流では折り紙・お手玉・けん玉など日本の伝統的な遊戯を紹介したり、チェコのお菓子をいただいたりしました。チェコの方とは普段交流することがないので、とても興味深かったです。素敵な合唱を聴かせていただいたので、これからの練習に活かし頑張っていきたいと思います。