国際コース卒業生が高二Fの授業を見学しました

2019.07.19

高二Fでは授業でディベートを行いましたが、国際コースの卒業生ので現在大学4年生のM.T.さんが、自身の卒業論文(「グループワークを通じて得られる自己理解について」)の研究とデータ収集のため、ディベートの授業を見学し、グループワークについての高二の生徒たちから感想を聞きました。

高二Fディベート


以下は、当日の様子とT.M.さんが授業を見学した感想です。

 

大学の卒業論文のための研究にご協力頂けることになり、久々に母校を訪れました。

今回見学させていただいたのは、私自身高校生の時に受けていたディベートの授業でしたが、当時に比べて、iPadの導入や模擬国連を意識したディベートになっていました。生徒が挑戦できる環境が整っているからこそ可能な取り組みだと感じました。

留学など様々なことに挑戦させてくれた先生方に恩返しができるよう、今後も精進して参ります。