早朝から白熱の授業 ~女学館の学習講座の魅力をご紹介~

2017.02.15

朝7時半。早朝、廊下まで朗々と響いてくるのは化学の鈴木先生の声。高二の理系の生徒を対象にした『ハイレベル有機化学』の学習講座が始まっています。生徒の眼差しも真剣そのもの。万全に予習を尽くしたノートに、今つかんだ解法を熱心に書き込んでいきます。女学館の学習講座の魅力について、進路指導部長の澤田先生と理科主任の鈴木先生にインタビューしました。

Q  本校の学習講座、体験講座の設立の経緯をお聞かせください。

澤田 カリキュラムの変更の際、大学受験の受験科目を見据えて正規のカリキュラムで対応することはもちろん、課外でも意欲のある生徒たちの基礎力、応用力の伸長をはかるために開講されました。ここ数年は,更にその枠を拡げて中高6学年を対象にしています。それぞれの学年の状況に応じて各教科工夫を加えた講座が多くなっています。

 

Q  先生方はどんな狙いや工夫をもって講座を開講しておられますか。

澤田 ここ数年は高校生を対象にした講座が中心となっていますが,かつては中3を対象とした講座を開講しました。授業の演習を交えながら,中3でも大学入試問題が解けることを体験してもらいました。1、2学期は「高二対象の数B(ベクトルと数列)」と 「高三対象の数Ⅲ(特に,微積分)」で、主に大学入試問題を扱います。朝の50分で2~3題です。成果を上げることも狙いの1つですが,朝早く登校している生徒と一緒に勉強することで生まれる親近感,緊張感も楽しみです。3学期は高二を対象として、授業に併行した演習と,「数Ⅱの微積分」の大学入試頻出問題を扱っています。特に,「数Ⅱの微積分」は必ず正答を得ることが出来るようになると確信しています。

鈴木 まず、「標準レベル○○化学」や「ハイレベル○○化学」という講座を開設することで、ターゲットとする層を明確に分けています。標準レベルでは、授業で扱った内容でも未定着な部分があることを前提に、知識の確認や、問題の解き方のポイントなどを解説します。一方、ハイレベルでは、難関大学の入試問題を扱い、正解を示すだけではなく問題を解くときの思考過程を丁寧に説明します。また、今後どのような学び方をすればそれらの問題を自力で解けるようになるか、その道筋を示すようにしています。

 

 

Q 学習講座によって、生徒や教員にどのような変化が見られますか。

鈴木 私の場合、学習講座を早朝7:20開始にしています。予習を課すことも多く、相当苦労しながら問題を解いてきます。一学期間、早起き・予習を欠かさずに続けることは生徒にとっては大変なことだと思います。ですが、その苦労を毎学期乗り越えた生徒は必ず力をつけ、希望の大学に合格していきます。私の講座を受講してくれた生徒には、まず続けることの大切さを説き、1人でも多くの生徒が継続するように励ましています。

澤田 基本的なことですが、正規の課内での授業の工夫がまず大切です。学習講座は補習的な要素も含んでいますが、受講する生徒は非常に能動的です。成果を期待して励む生徒と,それに応える教員とが同じ時間と空間を共有できる経験は尊いですね。教員としては、正規の授業の他に課外の学習講座を開講する訳ですから、教材準備・研究に追われることも多々あります。

 

 

Q 印象的なエピソードがあればお聞かせください。

 

鈴木 「化学は塾・予備校に通わず、先生の授業と講座だけで受験します。」と宣言した生徒が、実際に授業・講座で力をつけ、第一志望校に合格したときには本当に嬉しかったです。

澤田 この冬休みに卒業生が訪ねてきて 「学習講座のプリント,今でも使っています。」と聞いたときは嬉しかったです。彼女は文系でしたが,理系学部を目指していて1年を通して理系講座をとっていました。正に,「受験科目は学校で」を貫いた生徒でした。

 

Q 今後の展望をお聞かせください。

 

鈴木 あくまでも通常の授業が主軸であり、学習講座はその補助的な役割であると思っています。しかし、大学入試や学校教育が劇的に変わっていく中で、その変化に授業だけで対応していくのは大変なことです。真の学力を生徒につけていくにはこれまで以上に学習講座で工夫、展開できることが増えてくると考えます。

澤田 その通りですね。ここ数年、各教科の先生方の協力もあって大変充実してきており、1学期・夏休み・2学期・冬休み・3学期の5つの括りで実施しています。低学年においては,補習的な要素を含む講座や知的好奇心を開花させるような講座,高学年においては,更に教養を高める講座や改革途中の大学入試に対応する講座等の開設が望まれます。特に,昨今の大学入試は大きく変わると言われていますが、学ぶことの本質、コアの部分は変わりません。目先の変化に囚われない学力を付けていくことがますます大きな課題になっていきます。そんな時代の変化の中で,学習講座・体験講座の果たす役割は大きくなっていくと思います。