模擬国連委員会の活躍

2018.11.05

8月6日~7日に行われた、『第2回 全国高校教育模擬国連大会』に模擬国連委員会の生徒が参加し、高2の3名の生徒達がグループ最優秀賞、高1の2名の生徒が実行委員特別賞を頂きました。この大会は、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU) が主催する日本最大の高校模擬国連大会で、今回の議題は『国際安全保障の文脈における情報及び 電気通信の進歩(サイバーセキュリティ)』でした。

 

~参加した高2生徒の感想~

事前の準備では、たくさん自国(エストニア)のことを調べました。また、他国の事も入念に調べ、協定を結べそうな国を探しました。グループ内で意見が異ならないように、よく話し合いを行いました。

事前準備のおかげで当日はよいスタートを切ることができました。また3人でそれぞれ他のグループとの交渉役、自分たちのグループを統率するまとめ役、パソコンでの書類作成役を分担して効率化をはかりました。最終的には全体の3分の2が私たちのグループに入り、決議案を可決することができました。

この模擬国連を通じて、リーダーシップや交渉力の大切さを改めて実感しました。また、他校の生徒達との交流もでき新たな人脈を得ることができました。この模擬国連で経験したすべての事を今後につなげ、国際的な視点で世界を見られるようになりたいと思います。

 

————————————————————————————

11月10日(土)、11日(日)の記念祭で、模擬国連委員会の生徒たちは活動の様子を展示発表致します。

記念祭にお越しの際は、是非ご覧ください。