社会科体験講座「職場見学会」を行いました

2018.09.28

社会科の体験講座として、「みずほ銀行職場見学会」を実施し、中3~高二の13名の生徒が参加しました。

みずほ銀行様のご厚意により、普段は見学することができない銀行の本店内を見せていただき、また、本店で働く外国籍のスタッフや海外拠点のスタッフへの質疑応答の場も設けて下さり、とても有意義な見学会となりました。

当日の写真とともに生徒の感想をご紹介します。

 

<生徒の感想>

・海外で働いてグローバルに活躍する人にとても憧れているので、そのような方からいろいろと経験談やアドバイスを伺うことができて、感激しました。英語の勉強に一層熱が入っています。(中3)

・本店内を見学させて頂けるのは、特別な事だったのでワクワクしました。銀行側のお客様を思いやる工夫を知ることができ、銀行への見方が変わりました。女学館の卒業生の先輩方とお話しすることができたのも大変良い刺激になりました。(中3)

・女性のキャリアについての講演会を通して、女性でも地道に努力すればグローバルな仕事ができるまでにキャリアを積むことができると知り、勇気づけられました。(高1)

・女性のキャリアについてのお話が面白かったです。子育てと仕事の両立は周囲の方々の協力があってこそなんだと思いました。(高1)

・外国の社員の方々のお話はとても興味深かったです。中国籍の社員の方は入社間もないころはカルチャーショックを受け、苦労したそうですが、逆に自国の文化を発信し理解してもらうことで、中国人のニーズに応える仕事で活躍することができるようになったそうです。また、米国籍を持っていた社員の方はコミュニケーションを活発にとることで、互いの国の文化や価値観を理解し、結果的に社員で共通のゴールに向けて努力することが仕事の魅力だと感じられるようになったそうです。互いの国における文化の違いや価値観の違いという垣根を越えて、共通のゴールを目指して努力することはとても魅力的だと感じました。これらのお話を聴き、自分の視野が広がったように感じました。そしてグローバルな仕事に就きたいという思いが強くなり、そのために今できることをしようという意欲が芽生えました。(高1)