高一 進路学習会(第2回) ~伝えようとする努力が自己変革を可能にする~

2018.10.13

9月29日の午後に高校一年生対象に第2回進路学習会をおこないました。(第1回:http://www.tjk.jp/mh/wp/wp-admin/post.php?post=3885&action=edit)

元国連職員である佐藤純子氏をお招きし、「国連で働くということ―グローバルな視点から―」という演題で講演頂きました。

生徒たちが学習会のあとに書いた感想には、以下のようなものがありました。

「国連には様々な業務分野があり、理系の技術者の国連スタッフもいることを知りました。国連スタッフは文系という思い込みがありましたが、私も国連で働くことを将来の選択肢の一つにしたいと思いました」

「(語学においては)相手に分かってもらおうとすることが大切だということがわかりました。その努力次第で(英語が苦手な自分も)変わることができるのだなと思いました」

このように、生徒たちは国連の活動内容や国連で働くことに対する興味、そして語学習得にはらった佐藤氏の努力に対しての敬意と自分の決意について述べていました。

今年度内に第3回も予定しています。世界で活躍する女性の話を受け、自身の進路をさらに深く考えるきっかけとなればと考えております。