高一課題研究小論文~清書を仕上げて合評会~

2017.02.16

女学館では、高一全員が一年をかけて課題小論文の作成に取り組みます。各自が興味関心のあるテーマを選び、複数の参考文献を読み考察を深め、構成を組み3000字以上の論文を書き上げていきます。高一の4~5名の生徒に一人の指導教官がつくという全校体制で行われ、問題発見能力、表現力、論理的思考力を鍛える本格的な取り組みです。

5月中旬 研究テーマ選び

5月下旬 指導教官発表。研究計画表、構成表提出。

6月上旬 研究テーマ決定。個別指導。

6月中旬 第一回一斉面談指導。

夏休み  下書きの作成。

9月上旬 下書きの提出。個別指導。

10月下旬 第二回一斉面談指導。

1月始業式 清書提出。

2月15日(水)合評会が行われました。指導教官を囲んで、生徒がお互いの論文を読み合い、良かった点や問題点について話し合います。指導教官からも、口頭で講評が伝えられる他、自己評価シートにもコメントが記されます。優秀作は年度末に冊子にまとめられ、コンピュータのプレゼンソフトを用いて発表も実施されます。