3月 オルセースクールミュージアムへのお誘い

2019.03.23

2019年3月、本校校舎にてオルセースクールミュージアムを開催いたします

 

2019年3月24日~3月31日の8日間、東京女学館中学校・高等学校は、株式会社私学妙案研究所、株式会社アルステクネと連携し、“オルセースクールミュージアム”を実施いたします。

 

“オルセースクールミュージアム”は、オルセー美術館公認の「リマスターアート展」が学校とコラボしたもので、アート教育プログラムの一環としての役割を担うとともに、学校施設を展示会場として活用することで、児童・生徒はもちろん、より多くの人々が気軽に身近にアートと触れ合える環境を提供する、新しいスタイルのエデュテインメント・ミュージアムです。

 (←クリックすると大きく表示されます)

 

○一般公開:2019 3/24(日)~3/31(日)

10:00(開場時間) ~ 17:00(閉場時間  ※最終入場は16:30)

○会場:東京女学館中学校・高等学校内「特設スクールミュージアム」

○入場料:無料

○特設サイト:https://www.facebook.com/OrsaySchoolMuseum/

○東京女学館館長 福原孝明のインタビュー記事:https://s-goodidea.hatenablog.com/entry/2018/10/31/184404

 

<展示作品例>

・モネ/日傘の女、モントゥルグィユ通り

・ミレー/落ち穂拾い

・セザンヌ/かごのある静物

・ゴッホ/自画像、ローヌ川の星降る夜

・コロー/朝 ニンフの踊り

・ゴーギャン/ヴァイルマティ

・ドガ/エトワール

・ルノワール/草原の坂道   など世界的名画が約30点

 

このほか、生徒による作品解説ツアー、コンサート、作品展示なども実施いたします。

オルセースクールミュージアム特設Facebookページにて、随時更新してまいります。

https://www.facebook.com/OrsaySchoolMuseum/

 

■リマスターアートとは

最新のデジタル技術と最新のコンピュータ技術を駆使し、記録から出力までを一貫して行い、貴重な芸術作品の魅力を余すことなく伝える復原アートです。オルセー美術館の全面協力のもとで、修復・クリーニング済みの2013年時点の原画をデジタル撮影し、1億画素(4Kの10倍以上)にも及ぶ超高精細画像データを用い、専用工房で制作。同館における複数回の色校正を経て、世界で唯一、公式認定された復原作品です。裸眼で立体に見える独自の3D画像処理技術により、絵の具の凹凸や筆致が忠実に再現されており、原画の持つ「美と感動」がそのままのチカラで伝わってきます。芸術体験や研究の未来を拓く、最先端のアートとも言えます。