クラブ 夏の活動報告④ ~水泳部・バレーボール部~

2018.09.01

夏休み中のクラブ活動の様子をご紹介します。


<水泳部>

水泳部は8/16~18、中2~高二の37名が参加して、長野県菅平高原で合宿を行いました。東京に比べて涼しいどころか寒いくらいの気候でしたが、最適な環境で練習に打ち込むことができました。

3日間で約11時間のプール練習があり、どのコースもトータルで10km以上、もっとも速いコースでは20km以上泳ぎました。合宿翌日の渋谷区民大会に向けて、卒業生のコーチの指導の下、各自の種目の泳ぎ込みや、飛び込みターン練習も入念に行いました。長時間の練習でしたが、お互いに励まし合いながら乗り切ることができました。

 

朝は5時半に起床し、外でランニングなどの運動をしました。水泳は個人種目ですが、2泊3日の共同生活を通して、クラブの一体感を育み、学年を越えて親睦を深めることができました。2日目の夜は、気温が10度を下回るほど寒かったのですが、全員で花火をして楽しみました。

 


<バレーボール部>

中高バレーボール部は、8月23日(木)から26日(日)の日程で、長野県長野市飯綱高原で夏合宿を行いました。

朝の起床から夜の就寝まで、とにかくバレーボール漬けの3泊4日でした。パス、レシーブ、スパイク、サーブなどの基礎的な練習から、ゲームのときの細かい動きまで、各学年それぞれの技術を高めるために、お互いに励まし合いながらがんばりました。

夕方には、毎年恒例の約6kmのランニングがあります。宿の近くにある大座法師池の周囲をまわり、長い坂道もある厳しいコースですが、1分1秒でも記録を伸ばすためにそれぞれが最後まであきらめずに必死に走りました。

最終日には中1から高二まで一緒にチームを編成して試合を行い、親睦を深めました。

今回の合宿で高めた技術と強く結ばれた絆を、今後の練習・試合に生かしていきたいと思います。

    

 

クラブ 夏の活動報告③ ~染織部・筝曲部・ギター部~

2018.08.30

夏休み中のクラブ活動の様子をご紹介します。


<染織部>

8/20~22まで染織部は河口湖へ2泊3日の合宿に行ってきました。

羊毛フェルトを使って思い思いのマスコットを作りました。静かな環境の中でじっくり集中して作品作りに取り組めたため、とてもたくさんの作品が仕上がりました。

  

夜には全員で花火をおこない、部員の親睦もますます深まりました。

合宿最終日には草木染め体験教室を訪れ、タマネギの皮の色素を使った染め物作りにも挑戦でき、とても充実した合宿となりました。

 

 


<筝曲部>

箏曲部は、8月23日~25日の3日間、本校作法室にて活動を行いました。11月の記念祭で発表する曲を仕上げるのが目標です。

富崎春琴先生のご指導のもと、「さくら」や「六段の調べ」など定番の曲を演奏しますが、自分たちでアレンジした現代曲にも取り組んでいます。夏休みは普段の活動に比べて長時間の活動になるので、自主練習にも力が入ります。この夏休みの練習で、曲の完成度を上げられるように励んでいます。

 

お琴の初心者の中学生から、今年が最後の夏休みになる高校2年生まで13名ほどで練習していますが、自分が弾く順番でない時には、人の演奏を聴いたり、楽譜を見て曲を弾く準備をしています。勉強をしたり、本を読んだりして待つ時もあります。

生徒の感想:忙しくなる2学期の前にしっかり練習に取り組めたので、記念祭の準備が進みました。とても有意義な夏期練習となりました。

 


<ギター部>

ギター部は、8/20~22の間、部員31名が参加し、河口湖で合宿を行いました。

毎年お世話になっている河口湖の民宿で今年の夏も合宿を行い、記念祭のステージで発表する曲の練習に励みました。

コーチの技術指導にお世話になる中、部長がリーダーシップをとりながら、副部長や高二のメンバーとともに後輩の指導にあたりました。新しく入部した部員も、最初は音の取り方などが大変でしたが、少しずつ上級生と音を合わせることができました。経験者の人達も、指が痛くなりながらも一生懸命練習し、着実に上達しました。2日目の夜は、一緒に合宿にきている染織部さん達と一緒に花火をし、夜はレクリエーションをして親睦を深めました。2学期には、演奏に磨きをかけ、素晴らしい発表ができるように頑張りたいと思います。

 

 

クラブ 夏の活動報告② ~漫画研究部・演劇部~

2018.08.30

夏休み中のクラブ活動の様子をご紹介します。


<漫画研究部>

漫画研究部は、8/6~8に中1~高二の生徒23名が参加し、合宿を行いました。記録的な暑さの続く東京を離れ、涼しく快適な戸隠高原で二泊三日を過ごしました。 記念祭で展示発表する漫画の制作活動が中心ですが、途中、昼食を兼ねて、戸隠名物のおそばの手打ち体験にも挑戦しました。自分たちで打ったおそばはたいへんおいしかったです。和やかな雰囲気の中、部員が協力しあって楽しく過ごすことができ、学年を越えた親睦を深められた夏合宿でした。記念祭の発表をどうぞお楽しみに。

 


<演劇部>

演劇部は、8/20~22の3日間、中1~高二の生徒全員が参加して山梨県山中湖で合宿を行いました。充実した3日間を共に過ごすことで、これまで以上に深い絆で結ばれる演劇部の合宿は、なくてはならない大切な活動の一環であり、生徒も毎年楽しみにしています。初日のお昼に「ほうとう」をいただいてから、高校生による、中学の演目「Annie」の上演会がありました。これは、演劇部が長年大切にしてきた伝統の一つで、この上演会によって、中学生は自分の役柄について一層理解し、演技の面でより成長するきっかけの一つとなっています。中高一貫校だからこそ実現できることだと自負しておりますが、何よりも、高校生が後輩のためにこの上演会に向けて存分に練習してくれるからこそ、この伝統はずっと続いてきたのだと思います。

 

 

2日目も朝から練習に励み、昼食では恒例の各自が役になりきって演じながらいただく「なりきりご飯」を楽しみました。午後3時から中学生による「Annie」の上演会が、夕食後には高校生による「新撰組」の上演会が行われました。記念祭当日身にまとう衣装で、音響も取り入れて、本番さながらに上演し、生徒たちも『1回目の本番』と捉え、この日のためにと懸命に練習に励んで臨んでくれています。

ついに迎えた最終日。朝9時から反省会で、一人ひとり涙ながらに真剣にクラブと仲間に寄せる熱い思いを語り合います。「記念祭本番まで残り約3か月。この合宿で演じた以上のものに仕上げられるよう、残り僅かな時間を一秒一秒大切に過ごしていきたい」と語る高二。また、それを全力で支えたいと語る高一。先輩のおかげで、より良い演技をすることができたと語る中学生。誰もが皆、楽しく、実り多き合宿となりました。

【高校の部長の感想】

一分一秒全ての時間、演劇部のことしか考えないとても濃い三日間でした。1日目、何度もセリフのシーンを深く練習しました。大きな体育館では殺陣をもう一度考え直したりして、とても有意義な時間になったと思います。2日目には中学も高校もお互いに合宿でできる最大限の力を振り絞って演じきることができました。何より、終わったあとの皆の笑顔は本当にキラキラしていて、今でもまたあの時に戻りたいです。合宿を通して、部員全員といろんな話ができて、いっそう絆を深めることができました。記念祭本番まで2ヶ月半、全力で突っ走って、後輩たちにバトンを渡します!

 

 

 

 

クラブ 夏の活動報告① ~染織部・書道部~

2018.08.30

夏休み中のクラブ活動の様子をご紹介します。


<染織部>

染織部は、7/21・23・25・26に中1~高2の生徒が参加し、本校の化学室で活動を行いました。ふだんの活動では時間が短くて充分にはできない、「染め」の作業を中心に行いました。

【型染め】型紙を各自で彫り、布に糊置きをして防染して染液に入れて染めます。糊がついているところが白く模様になります。染液を70度以上に加熱するので、暑い作業ですが、糊を洗い流して模様がくっきり出てくるときは胸が躍ります。

【板締め】折り畳んだ縫いのを三角形や四角形、細長い角棒ではさみ、金具や輪ゴムで板を締め付けます。これも加熱した染液につけて染めます。板のあたっているところが白くなりますが、布の折りたたみ方や板の当て方で模様の出方が異なるのが面白いところです。

【グラデーション】無地染めですが、布を手で持って上下させ、染液に浸す時間差で濃淡をつけます。

このほか、型彫りやステンシルも行いました。新入生も上手に糊置きをして、いろいろな作品を仕上げていました。

生徒の感想:「イメージしていた色合いにできた。」「教わったことに自分で工夫を加えてみた仕上がりに、満足。」


<書道部>

書道部は、728・8/22・23・24に、中1~高二の部員が参加し活動を行いました。今年度の夏休みは練習時間を確保するため、合宿の代わりに学校の書道室で、の活動を行いました。高二は「牛橛造像記」など各自が個々に選んだ中国の古典を臨書し、中2から高一までは中国の古典「蘭亭序」(王羲之)の臨書に取り組みました。また、中1は書き初めの大きさの作品に取り組んだ他、今年の記念祭のテーマ「サファイア」にちなんで、さまざまな「青色」をはがきサイズの創作作品に仕上げました。さらに、記念祭で書道パフォーマンスをする際に着用するTシャツに「書2018」と手書きしたり、仮名の作品も手掛けるなど、盛り沢山な充実した活動を行うことができました。

 

中1軽井沢夏期学習寮

2018.08.17

軽井沢にある本校の寮は周囲を林に囲まれて涼しく、快適に過ごすことができます。

東京ではまず目にすることがないクワガタムシも寮内に入り込んできます。トンボも雨宿りをしに入ってきます。

 

「軽井沢学習寮」は、寮の周辺の自然を散策から始まります。 (本行事の詳細とカーリングの様子:http://www.tjk.jp/mh/tjk/中1軽井沢夏期学習寮/
「大切な森の宝物」を見つけながらの散策をしましょうということで、生徒たちは庭や遊歩道を歩き、土の上の感触や清冽な空気を楽しみながら「宝物」を嬉しそうに持ってきました。
 

 

 

クリやコナラ、アカマツに囲まれた中で、卓球やバドミントンに興じていました。日中は自然の中で元気に活動し、日が暮れてからは周辺の自然の学習やアクティビティーなどをおこないます。

 

 

家庭科の授業で学んだことをいかし、皆でお昼ごはんを作ります。

 

寮ですからお掃除や配膳もすべて生徒たちでおこないます。掃除の仕方やシーツの整え方、私物の置き方といったことが美しくできるようにすることもこの行事の目標です。

 

夕食後のアクティビティーでは鳥の名前を覚えることのできるカードゲームなど、自然を意識できるようなゲームをおこないます。(バードゲームと「私は誰でしょう」ゲームのカード。軽井沢学習寮で長年愛されているゲームです)

 

浅間山を見に行く前に地形の学習を行います。

 

アンガーマネジメントゲーム。カーリングのチームやクラス内のグループでおこない、チームメートの理解を深めました。(アンガーマネジメントゲームの詳細: http://www.tjk.jp/mh/tjk/アンガーマネジメントティーンインストラクター/)
 

カーリングチームは全クラス混成です。試合では全てのチームが積極的に声を出して息の合ったプレーをしていました。

7月21日に始まった今年度の軽井沢夏期学習寮は、4つの期に分かれて実施されました。軽井沢には珍しい酷暑や、台風を経験するグループもありました。しかし大きな怪我や体調不良もなく本日8月2日に無事終えることができました。生徒たちは新たな友人や親睦が一層深められたクラスメート達とともに渋谷駅に向かい、帰宅の途に着きました。

アメリカ研修④ ~働く女性とのディスカッション~

2018.08.14

アメリカ研修は8月9日に無事に帰国しました。

高1と高2を対象としている女学館のアメリカ研修は、英語のブラッシュアップの機会となるだけでなく、自らの将来のキャリアについて考える機会でもあり、アメリカの働く女性たちの話を聞くpanel discussionや、働く女性に1日密着するjob shadowing というプログラムがあります。

写真は、panel discussionの様子です。カウンセラー、教師、弁護士、ファイナンシャルアドバイザーの女性たちが参加して下さいました。生徒たちは、それぞれの方のキャリアについて話を聞いた後、英語で質問をしたり、自分たちの目標を英語で話すなど有意義なdiscussion となりました。アメリカ研修の終盤、生徒たちの表情から英語で話すことへの自信が感じられました。

 

アメリカ研修③ ~セントラルオレゴン旅行~

2018.08.04

セイラムから2泊3日でセントラルオレゴンへ小旅行に行きました。現地の高校生メンターや大学生スタッフも一緒のにぎやかなバス旅行です。

まずはhorseback riding。木々の間を馬に乗って散策しました。ところどころでリスにも出会うことができます。

Metolius Riverでは、木々の緑と青い空、美しい川を楽しむことができました。

 

 

Three Sistersと呼ばれる、セントラルオレゴンの3つの山です。

High Dessert Museum ではオレゴンの沙漠地帯について学習しました。

Lava Landsでの集合写真。セントラルオレゴンには火山があり、溶岩も見ることができます。

夕食はハンバーガーを食べました。

アメリカ研修②  ~オレゴンから~

2018.08.02

アメリカ研修の様子が届きました。写真とともにご紹介します。

Bush House Museum という1870年代に建てられたアメリカ邸宅を訪問しました。この家は、セイラムの最初の新聞社と銀行を設立した人が建てた家だそうです。

 

 

自由時間では、寮の中で現地の高校生メンターも交えて、様々なゲームをして交流を深めています。

  

週末には、2泊3日のホームステイに行きました。お迎えに来たホストファミリーとの最初の対面です。

.

 

ホームステイを終えて寮に戻ると、それぞれに経験したアメリカの家庭生活や文化について報告会を行いました。

 

寮から少し歩いて、State Capitol (州議事堂)を訪問しました。(セイラムはオレゴン州の州都です。)

見学ツアーに参加し、州議会は上院と下院から成る連邦議会と同じ構造をしていることなど、アメリカ政府の構造について学びました。

ホールの壁にはオレゴンの歴史を描いた壁画がたくさん描かれています。

   

 

下院議会のカーペットの柄は、オレゴン州の木である、Douglas fir (ダグラスファー:日本名ベイマツ)だそうです。

みんな熱心に説明を聞いていました。

東南アジア研修④ 

2018.08.02

クエンチャン校生徒宅でのホームステイを終えた後、最後の1日はマレーシアの文化体験をして、帰国の途につきました。

たくさんの人と出会い、たくさんの新しい知識を得た有意義な研修となりました。

 

高一国際コース ボストン研修旅行④

2018.08.02

ボストン研修旅行は無事全日程を終えて帰国しました。

7月29日~8月1日の様子をご紹介します。

 

ボストンでの最終日、修了証を授与されました。

翌日ニューヨークへ移動し、グラウンドゼロと911メモリアルミュージアムを見学しました。

 

国連本部を訪問。ガイドツアーで説明を受けました。

 

最後の夜はブロードウェイでミュージカル鑑賞。

 

高一国際コース ボストン研修旅行③

高一国際コース ボストン研修旅行②

高一国際コース ボストン研修旅行① ~BLAST~