マレーシア訪問団が来校しています

2019.06.04

6/1土より、クアラルンプールにあるクエンチャン校より、今年も10名の生徒と1名先生が来校しています。

10名の生徒たちは女学館の生徒の家庭にホームステイをして、約1週間過ごします。

6/3月には講堂で歓迎式が行われました。生徒会長からの歓迎の言葉の後で、クエンチャン校の生徒が一人ずつ簡単な自己紹介をしてくれました。その後で友好の証として女学館の校章をが贈呈されました。

   

 

女学館滞在中は高1の各クラスで1日を過ごします。両校の生徒たちが交流を楽しみながら、お互いの文化に触れ、お互いの国への理解を深めることができるように願っています。

遠足報告~高二鎌倉~

2019.06.04

5月10日(金)に高校二年生は鎌倉遠足に行きました。三つのコースに分かれ、鎌倉の歴史や自然を感じながら散策することができました。また、3月の京都・奈良修学旅行に向けて活動をしている旅行委員会がクラスを束ね、良い友好の機会を作ることができました。

以下に生徒の感想を紹介いたします。

 

《大仏コース》

高二鎌倉遠足は、友達との友情を深めること、日本の歴史や自然を肌で感じとり、学ぶことを目的としています。また、京都奈良の修学旅行での班行動やクラス行動の練習も兼ねています。学年の一人一人が積極的に参加してくれていたようでとても嬉しかったです。日差しが強くて、長い時間を歩きましたが、体調が悪くなってしまう人もいなくて安心しました。修学旅行の前はもう少し事前学習をしてその地のことを一生懸命調べられると、お寺などを訪れた時にもっと広い視野で楽しめるのではないかと思いました。

今回の遠足をはじまりとして、修学旅行に向けて準備を頑張っていきたいです。

 

《源氏山コース》

晴天かつ暑すぎず、まさに遠足日和な一日だった。円覚寺散策した後、東慶寺を訪れ、かつて縁切寺であったとは想像できない程にかわいらしく咲いている草花や多くの〝和″な建物を味わった。そこから少し歩いて春の自然で潤う浄智寺、次の銭洗弁天に行った。源氏山公園でお弁当を食べて、鶴岡八幡宮に参拝にてから、小町通りでの自由行動を満喫した。日本の穏やかな流れの美しさに気づいた充実した遠足だった。

 

《天園コース》

5月10日に行われた鎌倉遠足では、天気に恵まれ、充実した1日となりました。ハイキングでは山と海に囲まれた豊かな自然に触れ、クラスでの親睦を深めました。また、由緒ある建造物を訪れ、多くの歴史を学びました。最後に小町通り・若宮大路で各クラス、班単位での自由行動でした。鎌倉でしかいただけない食べ物やお土産を各自選びました。

「楽しかった」という声や友人と笑顔で過ごしていた姿を見れ、とても嬉しかったです。今後行われる京都・奈良修学旅行は、日本の歴史に深く触れ、一人一人が有意義である時間を過ごせるように作り上げていきたいと思います。

 

 

中2大相撲観戦

2019.05.27

5月17日(金)、中2では体育の授業の一環として、両国国技館に大相撲観戦に行ってきました。観戦した生徒たちからは以下のような感想が聞かれました。

・テレビで見るより臨場感、迫力があり、歓声もすごかった。

・見ているとどんどん引き込まれて、友達と一緒に叫んで精一杯応援した。

・生で見て、意外と激しいことが分かった。

・お相撲の印象が変わり、魅力がわかった。相撲を身近に感じ、もう一度見に来たい。

・相撲は年上の世代の人が観るものだと思っていたが、若い人でも楽しんで観られることが分かった。

・授業でやる相撲の取組を頑張りたい。

 

  

観戦後には大関の高安関にお会いし記念撮影をさせていただき、代表の生徒たちはとても喜んでいました。

 

翌週の中2の体育の授業では、相撲の立合いから取り組みまでの一連の所作を学び、実践しました。

 

 

 

行事報告~高一研修旅行~

2019.05.24

高一は、5月11日~13日の2泊3日の日程で、箱根での研修旅行を実施しました。自己を見つめ、進路のヒントを見つけることを目的に、全員が一人ひとり自分や将来について3分間スピーチを行いました。ほかにも、初日にはクラスの親睦を深める冒険体験学習を行い、二日目には、卒業生による講演会(進路ガイダンス)を行いました。夢を語る仲間の姿に互いに刺激を与えあい、自分自身と将来についてより深く考えるきっかけとなりました。

以下に生徒の感想を紹介いたします。

今回私は、この研修旅行で旅行の実行委員会である進路学習委員会の委員長を務めさせていただきました。この旅行の最大のイベントは「3分間スピーチ」です。3分間スピーチでは、生徒全員が自分自身の将来や進路について自由に語ります。涙ながらに過去の自分の経験と絡めて話す子や、膨大な夢を目を輝かせながら話す子などを見て、刺激を受け、発表の前日に原稿を変えた子もいました。3分間スピーチのほかにも、冒険体験学習やスポーツ大会等を通して学年やクラスの親睦を深めることができました。進路講演会では、卒業生の方をお招きして、大学受験や就職活動についてお話を伺い、将来の視野を拡げました。

「将来の自分の種をまこう」これは、今回の研修旅行の学年目標です。3分間スピーチでクラス40人分の価値観や考え方を聞き、刺激を与え合ったことによって、この目標の通り、みんな将来綺麗な花が咲くような種をまくことが出来るのではないかと思っています。普段の学校生活ではこんなに本心を明かして真剣に将来について話し合う機会はないので、とてもいい旅行だったと思います。このような機会を与えてくださった先生方・関係の方々に心から感謝しています。ありがとうございました。

中国大使館広報部参事官の方による講演会

2019.05.23

5/16(木)、中国大使館より広報部参事官の張梅氏がご来校下さいました。中1~高三の生徒、及び保護者、計約50名が参加し講演会を行いました。以下に高1、高2生徒の感想をご紹介します。

 

 

~高1生徒~

小さい頃から上海と日本を行ったり来たりし、そのおかげで隣り合う両国の文化や言語を身につけることができた私には、中国人や日本人の友達がたくさんいます。その両国の友達には、いつも他国の魅力などを話しています。ですから私は今回の講演会にはとても興味を持っていました。

お話を伺って国際社会で活躍されている女性はとても輝いて見え、どんどんグローバル化されていく社会の中で、女性の活躍は大変大きな課題だと感じました。これからの社会を担う私たちの世代はとても重要であり、壁にとらわれずに、女性の魅力が国際社会により知られるようにどんどん新しいことに挑戦していきたいと思いました。

この講演会で私は貴重なお話をたくさん聞くことができました。ありがとうございました。

 

~高2生徒~

私は中3の頃から、世界の様々な事情に興味を持つようになりました。なので今回の中国大使館参事官の張さんのお話をとても楽しみにしていました。

お話の中で特に印象に残っていることが2つあります。1つ目は、中国は日本よりも男女平等社会が進んでいるため、張参事官ご自身「女だから、、、」と感じたことがないということです。日本はまだ男性が有利な分野もあります。もっと本当の意味での男女平等が実現されるとよいと思いました。2つ目は、張さんが日本の大学で教授に「天気が晴れだっら何をしますか?」と質問された際、分からないでいると教授が「布団を干すでしょう」と言ったというお話です。これを聞いて、日本ではやはり女性が家事をするのが当たり前であるという考えが根強くあるのだと感じました。

お話を伺って、張さんがおっしゃっていたように何事も知りたいという興味を持つこと、国際的な視野を持って過ごすことを意識していこうと思いました。貴重なお話をありがとうございました。

 

~高2生徒~

中国は、日本人にとって古代から様々なことを学び、現在でも重要な貿易相手国ですが、意外と知らないことも多いです。最近ではキャッシュレス決済、タクシーをスマートフォンで呼んだり、シェアサイクルが普及していたりということを伺い、日本とは異なったIT社会の様子を知ることができました。

また、中国の女性は日本の女性より男性同様に社会に出て活躍する人の割合が多いことが印象に残りました。性別に関係なく教育を受け仕事ができる環境つくりにおいて日本は後れをとっていると思いました。

これからの私たちには、相互の理解を深め協調していく姿勢が求められるということを考える大変良い機会となりました。

1学期学習講座・体験講座が始まりました

2019.05.23

今年度の学習講座の申し込みが4月末に締め切られ、中1~高三まで900件近い申し込みがありました。

既にそれぞれの講座がスタートし、朝礼前や放課後にも意欲的に学習する姿が見られます。

 

2019年度・第1学期  学習講座・体験講座

古典文法基礎 (用言)

高二 物理
高二 古文読解入門 基礎を固める物理 (力学編)
高三 古典 (初級) 高三 化学特講
漢文 生物 (遺伝と計算)
センター対策 現代文

高校 基礎英文法

地図で学ぶ世界史B入門 高校 英文法 (中級)
高三 論述問題演習 (日本史) 大学入試リーディング (中堅レベル)
難関私大 世界史演習 大学入試リーディング (難関レベル)
世界史 論述問題対策 大学受験 英語総合演習 (センターレベル)
前近代世界史の基礎 「整理と演習」 Study abroad  English
センター対策 地理B Academic English

  学 

中1 数学演習 TOEFL iBT 対策講座
中2 数学演習 ~発展~ Getting to Know the UK
中3 数学 学習講座 Grade 10 Conversation Class
数学Ⅰ演習 Science in English
朝の計算演習 (数学Ⅱ) 英検3級二次試験
数学Ⅱ演習 (発展編) 英検準2級二次試験
センター試験対策  ~数学ⅠA~ 英検2級二次試験
数学Ⅱの微分積分

体験

講座

古代米づくり
数学検定講座 博物館・美術館の素敵なモノを見てみよう!
章末問題を解く English  Lunch

 

 

高2の生徒が賞を頂きました

2019.05.21

高2の生徒が、『第9回ものつくり大学 高校生建築設計競技』にて「日本ものつくり学会賞」を頂き、講堂朝礼で表彰されました。

 

~以下に受賞した生徒の感想と作品をご紹介します~

自分の作品を高く評価していただき、大変光栄に思います。この建築設計競技は「現代の茶室」という課題で、茶室建築の考え方や精神を、現代の建築や私たちの生活にどのように生かせるかというものでした。私は小学校で体験したお茶の授業のこと、自分の普段の生活や東京という都市の特徴、またアメリカ人留学生をホームステイに受け入れた体験等をふまえ、世界的コーヒーチェーン店をイメージした茶室デザインにしました。また、折り紙や段ボールを使って茶室空間の模型を作り、実際に建築及び組み立てができるのか実験もしました。

今年3月に行われた授賞式では、作品の講評を大学の先生方より直接お聞きすることができ、また他校の生徒のみなさんとも建築や作品のことについて意見交換をすることもできたことは、大変良い刺激となりました。

提出作品 『STARBOX ~折りたたみ式の茶室~』

 

 

 

 

高校生徒会スローガン発表

2019.05.16

 

5月8日の講堂朝礼では今年度の高校生徒会の活動スローガン発表がありました。

生徒会執行委員24名が壇上に上がり、生徒会長・副会長より、今年の活動について説明がありました。以下にその内容をご紹介いたします。

*************************

今年度のスローガンは「館心」です。

このスローガンには主に2つの意味が込められています。

1つ目は相手を思いやる心です。バスや食堂でのマナーを徹底していくうえで必要とされるのは相手のことを考える・思いやる心です。

その思いやる心を全校生徒一人一人が持って、行動に移せるよう働きかけていきたいと考えています。

2つ目は生徒自身が女学館の今や未来を考え、創造していく心という意味を込めました。

5月から年号が令和に変わり、新しい時代が始まりました。これからの時代を生き抜く力や時代に適応する力が必要とされる今、生徒のみなさん一人一人にも女学館のこれからを前向きに考えていく心を持ってほしいという思いを込めています。

執行を含め生徒全員が実りある学校生活が送れるよう全力で取り組んでまいります。

 

 

高校球技会

2019.05.15

4月26日(金)に高校球技会が行われました。球技会は、卓球、バドミントン、バスケットボール、バレーボール、メディシンボールという5つの種目に分かれて、18クラスの対抗戦で行われます(3学年×6クラス)。

各種目の運営や審判はそれぞれのクラブの部員たちが中心となって行いました。高校生になると競技の技術も上がり、多くの試合が手に汗握る白熱した試合となりました。

それぞれの競技の優勝チームの感想を以下にご紹介します。

 

~ 卓球優勝  高三A ~

人生最後の球技会だったのはとてもさみしいですが、卓球で優勝できてとても嬉しいです。皆で協力してアドバイスし合ったり、朝や昼休みに練習を重ねてきました。当日もメンバーで声を掛け合い、また一人一人が日ごろの練習の成果を発揮でき、このような結果を出せたのだと思います。周りで応援してくれたクラスメイトにも勇気づけられました。楽しくて思い出に残る球技会になりました。9月の体育大会も頑張りたいと思います!

 

~ バレーボール優勝 高三D ~

学校生活最後の球技会で優勝し、仲間とともに素敵な思い出を作ることができて良かったです。バレーボールのメンバー全員で、勉強と両立をしながら、朝練・昼錬に参加しチーム力を高めることが出来ました。当日はすべての試合が白熱しましたが、1点1点を大切に勝ち進むことが出来ました。2試合目では選手と応援している人たちが一体となっているのを強く感じとても感動しました。周りの人達の応援があったからこそ優勝できました。ありがとうございました。

 

~ バドミントン優勝 高三E ~

高三になり最初の行事である球技会はクラス全員で協力し合い、バドミントンで優勝することが出来ました。当日は雨で、すべての種目を体育館で行った都合上、バドミントンも試合時間が短く変更になり、戸惑いもありましたが、声を掛け合い5人全員で戦い、練習の成果を発揮することができました。球技会のおかげでクラスの仲が深まり団結できました。体育大会も楽しみです。

 

~ バスケットボール優勝 高二F ~

少ない練習時間の中、全員で積極的に練習に参加したり、作戦を練ったり、優勝に向け精一杯の努力を重ねてきました。当日は、勝ち進んでいく中で、苦戦した場面もありましたが、そんな時に私たちを前向きな気持ちにしてくれたのは周りの声援でした。クラスの皆が、試合中にポジティブな言葉で勇気づけてくれ、本当に嬉しかったです。バスケットボールのメンバーだけでなく、クラスの皆のおかげで優勝を勝ち取ることができたのだと思います。この団結力をこれから先の学校生活や行事でも生かしていきたいです。

 

~ メディシンボール優勝 高三F ~

私たち高三Fはメディシンボールで念願の優勝を勝ち取ることができました。女学館生活最後の球技会だったので、どの種目も例年より気合が入っていましたが、特にメディシンボールは去年優勝を逃したこともあり、朝昼練や授業での練習に真剣に取り組みました。当日の予選は、スタート時にボールを落とすというアクシデントもありましたが、練習の成果と6年目の絆を発揮し1位で通過することができました。決勝は他のクラスからの声援もあり、ミスすることなく1位でゴールすることができました。結果発表の後、メディシンボールに出場していなかったクラスメートが涙を流しながらスタンドから駆け寄ってきてくれたのを見て、「F組でよかった」と心から思いました。家族同然のF組の絆を再確認することができた球技会になりました。