【卒業生インタビュー】わたしの東京女学館物語⑪

2018.04.21

今回は、東京女学館中学校・高等学校を卒業し、現在は国立情報学研究所情報学プリンシプル研究系で教授をされている根本香絵さんにお話しを伺いました。

根本さんは、小さい頃から物理学に興味があり、現在は理論物理学、特に量子物理学の研究をしているそうです。理論物理学について、力学の基礎から量子物理情報科学の今後の可能性まで分かりやすく説明してくださり、物理の魅力をたくさん知ることが出来ました。失敗や不安を乗り越え勇気をもらうこと、自分のやりたいことに取り組むことの大切さについてのお話しは特に印象に残りました。

インタビューの詳しい内容は、2018年夏にアップ予定の【130周年記念プロジェクト卒業生メッセージ「わたしの東京女学館物語」(第2弾)】にて、ご紹介いたします。楽しみにお待ちください。

(ジュニア記者 中3 R.T. M.N.)

今週の華たより②

2018.04.20

こんにちは、華道部です。

今回は「横長の構成」がテーマでした。

花器から両側に広がっても、どちらか一方に横に長くしてもよい形です。このテーマを学んで、植物の特徴を見つめるよいきっかけになりました。

この写真の作品は中学3年生と中学2年生の部員が生けました。自由花です。白くラッパの形に似ている鉄砲百合がとても美しいです。

毎回クラブでどのようなお花を生けられるのか楽しみです。

【卒業生インタビュー】わたしの東京女学館物語⑩

2018.04.20

今回は、ピアニストで作曲家の野崎美波さんにお話を伺いました。野崎さんは、中・高と東京女学館で学び、日本大学芸術学部音楽学科に進学されました。現在は有限会社MIKにて、CM・ドラマ・映画・WEB・イベント・プラネタリウムの音楽などを手がけています。

野崎さんは、学生時代に「人は見た目ではなく、一生懸命ものに向かっている佇まいが素敵だ。」と先生から言われたことが、心に残っていて、今になって共感できるようになったと話してくださいました。野崎さんの真摯に仕事に向き合う姿は、まさにこの言葉に表されており、とても素敵な女性でした。

インタビューの詳しい内容は、2018年夏にアップ予定の【130周年記念プロジェクト卒業生メッセージ「わたしの東京女学館物語」(第2弾)】にて、ご紹介いたします。楽しみにお待ちください。

(ジュニア記者 高二 H.I. 高二 M.K.)

タイ訪問団レポート③ 

2018.04.19

今日はタイ訪問団の生徒さんたちは、ホストファミリーの家から女学館の制服を着て登校しました。

朝礼では、女学館の毎朝の日課である「黙想」と「朝読」を一緒に行いました。制服を着ると女学館生と見分けがつきません。その後、午前中は高二の授業に参加しました。各クラスのお世話係の生徒が英語で説明するなどサポートしていました。

放課後はクラブを見学をしました。茶道部では生徒の点てたお抹茶を、おいしいと言って飲んで下さいました。

 

訪問団の皆さんの滞在中にはタイと日本の国旗が校門前に掲げられています。

本校生徒もタイ訪問団の皆さんとの交流を楽しんだ一日でした。

【卒業生インタビュー】わたしの東京女学館物語⑨

2018.04.19

今回は東京女学館小・中・高で学び、東京女子体育大学・桐朋学園短期大学に進学され、桐朋学園短期大学卒業(同短期大学専攻科修了)後は、二期会オペラ研修所に進み、現在はオペラ歌手・専門学校や合唱団でボイストレーナーとして活躍されている、北澤幸さんにお話を伺いました。

インタビューの最後に「どんなに努力しても結果が出ないことがあるかもしれません。それでも、絶対に努力が無駄になることはありません。いつかどこかで、その努力が役立つ時がきます。だから、努力し続けてください。」というお言葉をいただき、諦めずに頑張ろうと勇気をもらいました。

インタビューの詳しい内容は、2018年夏にアップ予定の【130周年記念プロジェクト卒業生メッセージ「わたしの東京女学館物語」(第2弾)】にて、ご紹介いたします。楽しみにお待ちください。

(ジュニア記者 高1 R.K. K.S)

タイ訪問団レポート② ~Welcome to TJK~

2018.04.18

高校の講堂朝礼にて、ベンジャマラチャライ校の皆さんの歓迎式が開かれました。

タイの先生と生徒さんたちは上手な日本語で挨拶されていました。

この後、高校二年生の合同HRでタイ訪問団の皆さんのプレゼンテーションが行われ、ベンジャマラチャライ校の紹介とタイの生徒さんたちによる踊りが披露されました。最後には女学館の生徒も一緒になって生徒全員で踊りを楽しみました。

午後には高校の授業に参加しました。タイの生徒さんたちには、滞在中にぜひ日本の慣習・文化を学び、楽しんでほしいです。

タイ訪問団レポート① ~Welcome to TJK~

2018.04.17

バンコクにある姉妹校のベンジャマラチャライ校より生徒10名先生2名の訪問団が来校し、Welcome Party が行われました。

司会はホストファミリーの生徒のうち2名が英語と日本語で担当しました。

タイの生徒さんとホストファミリーの対面ではお互いに少し緊張した様子でしたが、軽食を取りながら会話をしているうちに、打ち解けてきている様子でした。

 

常夏のバンコクから来たタイの生徒さんたちには、霧雨が降る肌寒い東京で風邪をひかないよう気をつけて、女学館での生活を思いきり楽しんで欲しいと思います。

 

今週の華たより①

2018.04.16

こんにちは、華道部です。

新学期が始まり、早速今年度最初のお稽古がありました。

今週の作品は、第三応用立真型・盛花という花型で生けました。中央の控の枝を中心に、真と副が左右に扇の様に開き安定感があり、三方面から鑑賞できます。学年が上がるにつれ難しくなっていきますが、これからも楽しく生けていこうと思います。

新入生クラブ紹介

2018.04.14

今日の放課後はクラブ説明会でした。生徒会とおもな部活動の生徒たちで中学1年生を迎え、活動内容を紹介していきました。女学館にはたくさんの部と同好会があります。

生物部や科学同好会のような学問的な部も、漫画研究部や写真部やかるた同好会のような芸術系の部活動も人気です。

球技だけでもソフトボール部やバスケットボール部、バドミントン部など多いですし、校内のプールで活動している水泳部など運動部も熱心に活動しています。

    

「日本文化を理解し、豊かな心と礼節ある人格を育む」ことを重点課題としている本校には、日本的な精神生活を豊かにする部もたくさんあります。剣道部、華道部、書道部、茶道部(表千家・裏千家)です。

  

音楽系の部はギター部、オーケストラ部、筝曲部、合唱部があります。その中でもオーケストラ部は部員が130名以上の人気の部です。学外の演奏会でも上演します。

  

今年度で15年目となる国際学級がある本校では英語部の活動も盛んです。部員は50名以上で、記念祭で毎年ミュージカルを上演しています。

女子校ならではの部もたくさんあります。大きなぬいぐるみ制作をするMIY部、お菓子作りやお料理をする家庭部、染色部、パフォーマンス部などです。

    

この他にも多くの部と同好会があります。

どの部も活動日は週に1日から3日ですので多くはありませんが、そのぶん活動時間中は皆熱心に取り組んでいます。

新入生の皆さんも、部活動によって上級生とも親交を深め、女学館生活をより充実させてほしいと願っています。

 

 

 

 

 

 

中学生オリエンテーション(2日目)~日々の備え~

2018.04.11

今日から新入生以外は通常授業です。今日はにわか雨が降ったり、強い風が吹いたりしていましたが、生徒たちは校内に咲く花のように生き生きとした笑顔で一日を過ごしていました。

  

新入生はオリエンテーション(2日目)でした。今日は最初に合同HRで品性を高め、人と社会に貢献するための具体的な講話をおこないました。その後に各教室のHRで防災教育をおこないました。

  

堅牢な校舎の本校ですが、それに安心することなく本校独自の「大地震マニュアル」に基づき非常時に取るべき行動、安否連絡方法などを確認します。生徒はみな「大地震マニュアル」を毎日携帯し登下校しています。

また、生徒一人ひとりが自分の防災袋を用意し、防災用品を一つ一つ記名をして自分のロッカーにしまい、非常時に備えています。

      

昼休みや放課後は、中学1年生も所属する委員会を検討していました。学校という「社会」に、委員会を通して貢献するためにみな真剣に考えていました。

昨日から週番と掃除が始まっていて、先生の指示をよく聴き、しっかりと役割を果たしていました。新入生ということで覚えなければならない事柄がたくさんあるなか、周囲に気を配り、挨拶もできていました。明日以降もそのような心持ちで学校生活を送ってもらいたいと思います。