クラブ活動 夏の活動・合宿報告⑨

2017.09.07

【ソフトボール部合宿報告】

ソフトボール部は3泊4日で群馬県利根郡で合宿を行いました。初日こそ、雨に見舞われましたが、その他の日程はすべてグラウンドでの練習を行うことができました。中学チームはスライディングなどの基礎練習から、ルールを覚えながらの実戦練習、高校チームはマシン打撃やシートノック、試合形式など、実践的な練習を多く積むことができました。夜には全員でミーティングを行い、ソフトボールの知識の理解を深めたり、スポーツ、部活をする上での大切な心得、礼儀などを確認しあいました。学年関係なく、係の仕事をこなし、話し合いをし、集団生活の中での規律を学んだりと、実りある合宿ができました。

生徒の感想…初日はあいにくの雨でグラウンドが使用できず、近くの体育館を借りての筋トレや基礎的なバッティング練習を行いました。土日には部員のお父様方が参加して下さり、指導や雨上がりのグラウンドの整備など、多くのサポートをして下さいました。晴れた日にはバッティングの打ち分けやバント技術の向上を目差して練習を行い、合宿の後半では試合形式の練習を行うなど、密度の濃い合宿となりました。3日目の夜には毎年恒例のバレーボール大会と花火大会を行い、学年を越えて親睦を深めました。公式戦や記念祭に向けて、一人一人が目標を持ってさらなる向上に努めたいと思います。

【生物部合宿報告】

生物部は、8月23日~25日の3日間、中1~高二の生徒34名が参加し、千葉県館山市で合宿を行いました。ブドウ狩りや野鳥の森探検、アロハガーデンという動植物園などの施設へ行きました。動植物園では動物と触れ合ったり、エサをあげたり、個人個人が楽しんでいました。また、1日目2日目共に、夜には堤防へ出かけウミホタル採集を行いました。このウミホタルを使用した実験を記念祭で行います。興味のある方は是非足をお運びください。部員の仲がより深まった濃い3日間になりました。

 

【バレーボール部合宿報告】

バレーボール部は、8月23日(水)から26日(土)まで、中1から高2まで40名が参加して、緑豊かな長野県飯綱高原で合宿を行いました。朝6時に起床すると、散歩・ラジオ体操で体を目覚めさせます。朝食のあと、8時半から夕方17時までひたすら練習、練習、練習。そのあとはバレーボール部合宿恒例のランニングを行い、夕食のあとも夜練という、とにかくバレーボール漬けの3泊4日でした。今年はあいにく雨が多く、7kmランニングのコースが縮小されたりしましたが、その分、一層涼しい環境の中で充実した練習を行うことができました。

部員の感想…今年の合宿は天候にあまり恵まれませんでしたが、そのおかげで4日間涼しく快適に過ごしました。中学・高校ともに練習は厳しく、とても辛かったですが、大好きなメンバーと互いに励まし合い、一緒に乗り越えることができました。お互いに悩んだり、アドバイスしあったりして、自分の課題と向き合い、バレーボールのことだけを考えられたように思います。自らの成長を感じ、仲間との絆を深められた充実した合宿となりました。中高ともに9月の試合で合宿の成果を発揮できるように頑張ります。

 

クラブ活動 夏の活動・合宿報告⑧

2017.09.04

【オーケストラ部合宿報告】

オーケストラ部では、8月4日~7日の4日間、中1~高二まで総勢85名が参加して山梨県南都留郡西湖湖畔にて合宿を行いました。指揮者の先生をはじめ、長年お世話になっているコーチの先生方を多数迎え、朝は8時30分から、夜は21時まで個人練習やパート練習、合奏に取り組みました。生徒は限られた時間の中で、音程やリズム、ハーモニーを意識しながら技術向上に努め、また作品のより深い理解、音楽に豊かな表情を持たせるためにコーチの先生方のアドバイスに熱心に耳を傾けました。練習以外では、高二の生徒を中心にリーダーシップを発揮し、食事の配膳や入浴、レクリエーションなど大所帯のクラブでありながら、皆が気持ちよく合宿期間を過ごすことが出来るように生徒自身がお互いに力を発揮しました。三日目の午後には、合宿の目玉の一つでもある音楽会を行いました。コーチの先生方の素晴らしい演奏に時間がたつのを忘れ、また生徒自身も趣向を凝らした演奏を行うことで改めて音楽の楽しさに触れるとても良い機会になりました。その後は、お楽しみのBBQや花火大会を行い、親睦を深めました。四日間を通して、それぞれが成長を感じるとともに新たな課題を発見することができた大変充実した合宿になりました。

コンサートミストレスの生徒(高2)の感想…80人を超える部員を例年よりも少ない人数の高2でまとめていくのは、予想していたよりもはるかに苦労しました。初日は一日の全てを集団行動で過ごすことへの不慣れからか、あまり上手くまとまらず、後輩たちに厳しく注意することも多くありました。しかし、高一や中3が自ら進んでお手伝いをしてくれたり、高2で毎晩じっくりとミーティングをしてその日その日の反省点を明確にすることで、次の日から見違えるように団結力が高まっていきました。すると、同時に演奏の質もどんどん向上していくことがはっきりと分かりました。オーケストラは、団結して初めてできるものです。「よりよい音楽を目指す」という共通意識のもと、呼吸を合わせ、視線を合わせて、80余人の別々の個性が1つの音楽を紡ぎだす。私はこの4日間の合宿を経て、そのことを実感し学ぶことができました。本番の記念祭での演奏まで残り2ヶ月弱、限られた練習時間の中ではありますが、この合宿で培ったことを忘れずに、さらに高め合って最高の演奏を皆さんにお届けしたいです。

 

クラブ活動 夏の活動・合宿報告⑦

2017.09.02

【合唱部合宿報告】

合唱部は、8月7日(月)~9日(水)の2泊3日で、埼玉県秩父市で合宿を行いました。合宿では、コーチの先生に発声指導をしていただくことから始まり、1学期に練習したことの復習、全体での「合わせ」をして、2日目の午後からは全体を大きく2つのグループに分けてグループ練習を行い、互いに何曲か発表し合いました。技術の基礎となるものを学び、曲の表現を考えることもできました。また、練習だけではなく、皆で花火をしたり、最終日の反省会では各自の考えや思いを伝えたりして、親睦を深めることができました。

  

【写真部合宿報告】

写真部は8月23日から25日の3日間、中2~高2まで合計19名が参加して伊豆での合宿を行いました。今年度は伊豆での合宿ということで、日頃東京では撮影することのできない海辺の岩場などでの写真撮影をすることができました。自然豊かな伊豆だからこその活動が多くできました。3日目には富士サファリパークを訪れ、バスの間近に迫るライオンやキリンなどを見学し撮影しました。楽しい雰囲気の中、さまざまな体験をし、学年を越えて親睦を深めることができました。今回の伊豆合宿で私たちが撮影した写真は10月のオープンスクールや11月の記念祭で展示予定です。ぜひご覧ください。

  

2学期始業式  ~自分を磨こう~

2017.09.01

9月1日(金)2学期がスタートしました。長い夏休みを終えて懐かしいクラスメイトと笑顔で再会です。始業式では福原校長より、2学期の過ごし方、自らを磨くことについて次のような訓話がありました。

2学期は体育大会、記念祭と2つの大切な行事が行われる学期です。真剣に取り組むほど大きく自分を成長させることができます。企業の採用担当者と話した際、「変わる」「越える」「やり遂げる」という3つの力を持った人を採用したいという話しを聞きました。また、そういった力を持った人かどうかを知るために、中高時代の経験も聞くそうです。中高時代にどのようなことを経験し、考え、乗り越えてきたかが将来にもつながるのです。これは2020年度入試改革、その人が持つ真の力を問う入試にもつながる話です。様々な経験を積むことで、自らの能力が磨かれていきます。この2学期、あらゆることに積極的に臨み、経験を積み、自らの力を磨いてください。

2学期が終わった時に、1人1人が自分の成長を実感できるような日々を過ごしましょう。

始業式のあと、高校3年生は体育大会で演じる「プロムナード」の初の全体練習を行いました。

プロムナードは、戦後間もないころから本校で続いている伝統の演目です。学校生活をともに過ごした仲間と息を合せて行進し、校章や学年を象徴する文字を描くことで、その絆を確認します。今はまだ揃わない行進が、これから体育大会までの残り少ない日々でぴったりと揃っていく様子には、毎年毎年驚かされます。体育大会は9月22日(金)です。一般には非公開で行われますが、ホームページでまたご報告いたします。

第3回学校説明会のご案内 (web予約受付中)

2017.09.01

9月5日(火)10時より本校講堂にて第3回学校説明会が開催されます。今回は事前予約が必要で、9月4日(月)までwebにて受け付けております。定員がございますので、どうぞお早めにお申し込みください。内容は、学校長よりご挨拶と教育方針の説明、進路指導部より進路指導と大学合格状況について、広報室より入試について(昨年度入試の正答率など)、英語科・国語科・社会科の各主任より文系教科の取り組みについて、国際学級主任より国際学級について、学校紹介ビデオの上映、を予定しています。全体会の後は教員のご案内により校内見学を行い中1、中2の授業の様子をご覧いただけます。ご希望の方には図書館にて個別相談もございます。皆様のお越しを学園一同心よりお待ちしております。

お申し込みはこちら。

クラブ活動 夏の活動・合宿報告⑥

2017.08.30

【書道部合宿報告】

書道部は、8月25日~27日、富士五湖の西湖において、中学生13名と高校生5名で合宿を行いました。今年度は中2から高二までで中国の古典「九成宮醴泉銘」(欧陽詢)の臨書に取り組んでおります。日頃の練習とは異なり、長時間、一つの作品に取り組むことで集中力を高め、各自が良い作品を完成させることができました。また、中1は書き初めの大きさの作品に個々に取り組みました。その他にも、「百人一首」を皆で分担して短冊に書いたり、各自がカラフルな「Tシャツ」に思い思いの字を書いたりするなど、様々な作品を仕上げることができました。このTシャツは記念祭での「書道パフォーマンス」のときにお披露目する予定です。さらに、初日には茅葺き屋根の民家が並ぶ「いやしの里根場」で富士山を眺めながらのんびり散策したり、2日目には日本三大奇祭である「吉田の火祭り」に行き大松明の幻想的な風景を眺めるなど、日本の伝統に触れる様々な体験もしました。「吉田の火祭り」での印象を中1などは「創作作品」に仕上げる取り組みも行い、発想力豊かな力作ができあがりました。今回の合宿では、盛り沢山な活動を通して学年を越えた交流がすすみ、書道部の仲間としての絆を少しずつ深められたように思います。

 

クラブ活動 夏の活動・合宿報告⑤

2017.08.26

【パフォーマンス部合宿報告】

生徒の感想…私たちパフォーマンス部は、8月21日から23日までの2泊3日、長野県の飯網高原にて合宿を行い、中1から高2まで総勢48名が参加しました。合宿では主に記念祭での発表に向けての練習、そしてディアボロの新しい技の練習を行いました。一人一人がのびのびと広い空間で長時間練習できることは滅多にないので、とても貴重な時間となり、部員一同とても充実した時間を過ごすことができました。この合宿では、記念祭で発表するチアダンスの出来映えを確認するためにi-Padで何度かビデオを撮った皆で見ました。初日に比べると二日目、三日目とどんどん動きがそろうようになり、それを見て成長を実感しました。合宿を通じて明らかな成果を得ることができ、とても良かったです。練習の合間にはバーベキューや花火も行い、後輩やコーチとの親睦も深めることができました。記念祭までの残り2ヶ月、更に部員全員が一丸となって頑張りたいと思います。ぜひ、記念祭での発表を見に来てください。

 

クラブ活動 夏の活動・合宿報告④

2017.08.25

【演劇部合宿報告】

演劇部は8月20日から22日の2泊3日、山中湖で、伝統の取り組みが盛り沢山の合宿を行いました。中学の演目を高校生が演じてみせる劇のプレゼントは、今年は高一、高ニの2バージョンを用意し、中学生は素晴らしい吸収力で三重苦を抱えたヘレンケラーとその一家に奇跡を起こすサリバン先生の奮闘を自分たちのものにして、演じてみせてくれました。昼食は初日は名物のほうとうを楽しみ、2日目は役になりきって演じながら食べる『なりきりご飯』で、楽しく技を磨きました。最終日の夜は部員全員で円陣を組んだ後、高校の演目『レ・ミゼラブル』を全力で通しました。親睦会では、縦割りの班でエチュードという即興劇を作り、『水』をテーマの名芝居、珍芝居に大笑いしました。反省会では、今年最後になる高ニから愛情と優しさと感謝を忘れずに、このあたたかいもう一つの家族の和を引き継いでほしいと、後輩にバトンが渡されました。部員一同、11月の記念祭本番、皆さまのお越しをお待ちしております。

   

 

中1軽井沢学習寮

2017.08.24

7月21日~8月2日、中1は軽井沢学習寮での夏季合宿を行いました。学年を4期に分けそれぞれ3泊4日、緑豊かな避暑地の寮で宿泊行事の基礎を学びながら、友人と親睦を深めます。

【1日目】

1日目は、7時半に学校からバスで出発し軽井沢へと向かいます。車中で友達とわきあいあいと過ごしているうちに、昼食前に寮に到着しました。昼食後は、元気いっぱいに庭での卓球やバドミントンを楽しみました。食事の準備は、食事係の指示の下、各クラスが輪番で配膳の仕方を教わりながら行いました。夕食後は、翌日の遠足に備えて付近の植物の様子と浅間山周辺の植物の遷移についての理科の学習も行われました。更に自己理解、他者理解のプログラムとしてゲーム方式でエンカウンターを行いました。他クラスにも友達の輪が広がっていった様子でした。

 

【2日目】

中1の軽井沢学習寮も2日目を迎えました。雨が降らなかった期では早朝のラジオ体操を行いました。朝食後、バスに乗って鬼押し出し園へと向かいました。鬼押し出し園では、浅間山から流れ出た溶岩の様子と、高山植物を観察することができました。その後は、2日目のメインとなる碓氷峠へのハイキングです。足下に気を配りつつ、皆で励まし合いながら峠を登っていきます。残念ながら2期と4期は雨天のため、エルツおもちゃ博物館と、絵本の森美術館の見学となりました。下山後は旧軽井沢に出かけ、家族へのお土産を買いました。夕食後は3日目に行う飯盒炊さん、サバイバルクッキングの説明を受けました。

  

【3日目】

中1の軽井沢学習寮も3日目を迎えました。例年3日目は寮の庭でサバイバルクッキングを行います。これは自主性を伸ばすスタディアジェンダの一貫で、役割分担を決め、調理し、後片づけまで全て生徒の力で行います。今年は、4期ともあいにくの天候で、屋内で創作劇を行いました。劇の内容を決め、台本も自分たちで作成します。ルールは1つ、全員が出演することです。脚本家に監督、小道具などの役割を決め、午前中いっぱいで10分程度の創作劇を仕上げました。昼食にカレーライスを食べた後、午後に劇の発表を行いました。どのクラスも工夫を凝らし、初めて劇を創ったとは思えないくらいの出来栄えでした。

          

【4日目】

中1の軽井沢学習寮も最終日を迎えました。感謝を込めて思い出のいっぱい詰まった寮をきれいに大掃除し、食堂に集合して反省会を行いました。反省会では、2学期からの学校生活に向けて、学習寮で学んだことをいかしていこうという前向きな意見が多く出されました。反省会後、学校からバスで来た次の期のメンバーと入れ替わり、東京へ向けて出発しました。

アメリカ文化研修 実施報告

2017.08.23

7月24日~8月10日、高一の希望者を対象としたオレゴンでのアメリカ文化研修を行ないました。この研修は、オレゴンの自然や文化に親しむだけでなく、社会の第一線で仕事をする女性達の生き方・考えた方に触れ、今後の自らの進路や職業観を見つめることを目標としています。生徒達は18日間のTIUAでの共同生活や英語の授業、郊外でのアクティビティを通して様々な経験をしました。以下に生徒の感想を紹介します。

私たちは18日間のアメリカ文化研修に参加しました。本当に中身の濃い18日間で、多くの貴重な体験をすることができました。まず、一番多くの時間を過ごしたTIUAではアメリカ文化を学ぶだけではなく、メンターさんたちと色々なアクティビティを行いコミュニケーションを通して、同年代のかけがえのない友人を得ることができました。ホームステイでは実際のアメリカでの生活を経験し、私たち自身も家族の一員という意識を持って過ごすことができました。各家庭で経験したことはそれぞれ違いますが、全員が充実した2泊3日を過ごすことができたと思います。パネルディスカッションやJob Shadowingでは、社会の第一線で仕事をしている女性の方々に密着して仕事や家庭などたくさんの話を聞くことができました。私たちが感じたのは、どの女性の方もみな自分に自信を持っていて、自分の仕事を心から楽しんでいるということです。今回の、Job Shadowingをはじめとしたアメリカ文化研修での多くの貴重な経験は、これからの学校生活や将来の進路設計に活かしていきたいです。