アメリカ文化研修<後半>②

2019.08.16

アメリカ文化研修は、8月初めに無事に帰国いたしました。日程の後半の様子をご紹介します。

Women’s Panel Discussion の授業では、現地で働く女性たちからそれぞれの仕事の様子や職業観について、お話を伺ったり生徒達から質問をしました。

   

 

セイラムでの10日間の日程の最後には、クロージングセレモニーが行われました。

授業をしてくださった先生方、寮生活を一緒に過ごした現地の大学生のリーダーや高校生のメンターたち、2泊3日のホームステイをさせて下さったホストファミリーの方々に向けて、日本文化のプレゼンテーションをし、最後のひと時を楽しく過ごしました。また修了証明書を一人ずつ頂きました。

  

 

翌朝、最後の集合写真を撮り、お世話になった方々とお別れをし、生徒たちはポートランドに移動しました。

ポートランドでは、PTSDの患者さんの治療を専門とする臨床心理士の方と、Powell’s Bookstore のマーケティングディレクターの方をゲストスピーカーとしてお招きし、お仕事についての講演をしていただきました。お話の後で、生徒達からたくさんの質問も出ました。

 

  

現地で働く女性に密着し、職場や家庭での様子を見学する「ジョブシャドウイング」では、生徒2人に1人のメンターがついて下さり、貴重な経験をさせていただきました。「ジョブシャドウイング」から戻った後は、お互いに見学や経験してきた内容を発表しシェアリングしました。

     

 

ポートランドでのプログラムの最後には、地元の高校生と交流をしながらダウンタウンを歩いて観光しました。

 

 

アメリカ文化研修は、参加した生徒たちにとって、英語を学んだだけでなく、多様な文化に触れ、人々と出会い、視野を広げ、更には、自分自身の職業観を模索する貴重な機会となりました。

11月の記念祭では今回学んだことを生徒たちが展示発表いたします。是非見にいらしてください。

 

アメリカ文化研修<前半>①

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)⑥

2019.08.02

BLASTはボストンでの滞在の後、ニューヨークへ移動し国連本部などを見学し、無事に全日程を終了し帰国しました。写真は国連本部前と、国連総会議場、セントラルパークでの様子です。

 

 

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)⑤

高1国際コースボストン研修旅行(BLAST)④

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)③

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)②

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)① ~出発の様子~

東南アジア文化研修⑥

2019.08.02

東南アジア文化研修は全日程を終えて、無事に帰国しました。

バンコク滞在3日目は、サトリウィチャヤ校の制服を着て登校し、朝礼で全校生徒の前で挨拶をしました。

朝礼後先生方と記念撮影をしました。

 

朝礼の後はサトリウィチャヤの生徒たちと一緒にアユタヤへ観光に行きました。

観光後学校へ戻り、フェアウェルパーティーをしていただきました。女学館の生徒たちはホストファミリー向けにプレゼンテーションを行い、サトリの生徒達もダンスを披露してくださり、最後の時間を一緒に楽しみました。

   

 

 

南アジア文化研修⑤

東南アジア文化研修④

東南アジア文化研修③

東南アジア文化研修②

東南アジア文化研修①

東南アジア文化研修⑤

2019.08.01

東南アジア文化研修は、今週はタイのバンコクへ移動しました。

バンコク市内観光とサトリウィチャヤ校での交流の様子です。

 

<ワットアルンとワットポーでの集合写真>

 

<日本文化プレゼンテーションとホストファミリーとの対面の様子>

 

 

東南アジア文化研修⑥

東南アジア文化研修④

東南アジア文化研修③

東南アジア文化研修②

東南アジア文化研修①

救急隊の活動 ~救命講習~

2019.07.31

7月20日(土)の救急隊の活動について、写真とともに、高1の生徒の感想をご紹介いたします。


約3時間の「普通救命講習」では、人工呼吸による心肺蘇生とAEDの使用、気道異物除去について学びました。

心肺蘇生の方法とAEDの使用方法では、まず初めDVDを見て、その後、訓練用の人形を用いて胸骨圧迫、人工呼吸、AEDの使用の実技をそれぞれ行いました。胸骨圧迫や人工呼吸は自分が想像しているよりはるかに難しく、テクニックが必要でした。指導員の方々のアドバイスを受けながら、全員が完璧に行えるようになるまで練習を続けました。

今回の講習を通して、私は一歩踏み出す勇気を持つということの大切さ定期的に講習を受ける必要性を認識することができました。いざ自分の目の前で人が倒れてしまったとき、自分が勇気を出すか出さないかでその人の生死を大きく左右するかもしれません。一歩踏み出す勇気を持つためにも心肺蘇生やAEDの使用方法について詳しく学ぶ必要があると強く感じました。「もし、自分の目の前に人が倒れていて呼吸がない状態だった場合あなたは助けられますか。」と聞かれたときに、自信をもって「はい」と答えられるように、定期的に講習を受けようと思いました。

 

 

救急隊の活動 ~非常食試食と仮設トイレ設置体験~

東南アジア文化研修④

2019.07.29

マレーシア5日目様子です。

この日はマレーシア文化体験、市内観光、フェアウェルパーティがありました。クアラルンプールでいい思い出がたくさんできたようです。

 

<マレーシア文化体験>

 

<旧連邦事務局ビルと王宮>

 

<フェアウェルパーティ>

 

 

東南アジア文化研修⑥

東南アジア文化研修⑤

東南アジア文化研修③

東南アジア文化研修②

東南アジア文化研修①

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)⑤

2019.07.29

BLASTは日程の半分を終えました。

これまでのところの生徒2名のコメントをご紹介します。

写真は27日の午後に訪問したハーバード大学での集合写真です。

 

●学校訪問はすごく自分に刺激を与えるものでした。デナホールの卒業生たちとディスカッションをした時、彼女たちのまとめる力や私たちを仕切っていく力に感動しました。私たちはまだまだ英語力や実行力が足りないんだと改めて感じました。

 

●今日はBoston 研修5日目でした。もう半分が終わり、あっという間に時間が過ぎてしまったなと思いました。今半分のプロジェクトを振り返ると、自分は積極的になったと思います。Session 1の時の自分はとてもshyで、あまり前へ出ていくことができませんでしたが、今日は自分の意見を言ったり、質問をすることができるようになったと感じました。

 

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)⑥

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)④

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)③

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)②

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)① ~出発の様子~

アメリカ文化研修<前半>①

2019.07.29

アメリカ文化研修の様子が届きましたので、写真とコメントをご紹介いたします。

 

7月22日から始まったアメリカ文化研修は前半が終わりました。

高一23名の生徒が、現地高校生のメンター4名と大学生のアシスタント2名と共にTIUAの寮で生活しています。

TIUAでの授業では、オレゴンの歴史や文化、女性の社会進出について学んでいます。また、ワークショップとして気持ちを言葉を使わずに表現する方法を体験しました。

週末は現地のご家庭でホームステイをしています。

 

<成田出発前の集合写真です>

<ポートランドからTIUAに向かうバス車内の様子では、積極的にメンターと話をしていました>

<TIUAの授業の様子です>

 

<メンターとアシスタントがアクティビティを企画してくれました>

    

<ファーマーズマーケットにてインタビューを行いました>

<ウール工場・開拓時代の家庭の様子を見学しました>

  

<ホームステイへ出発>

    

 

 

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)④

2019.07.27

BLASTの様子が届きました。

7月25日のMITを訪問の様子です。

 

7月26日には、姉妹校であるDana Hall School を訪問し、模擬国連のworkshopに参加しました。

その後Wellesley College も訪れキャンパスを見学したり、お話を伺いました。

 

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)⑥

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)⑤

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)③

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)②

高1国際コース ボストン研修旅行(BLAST)① ~出発の様子~

東南アジア文化研修③

2019.07.26

東南アジア研修3日目~4日目の様子をご紹介いたします。

 

~3日目~

インド文化体験の様子です。手にペイントをしてもらったり、民族衣装を着て、楽しそうにしていました。

 

 

~4日目~

クエンチャン校の制服を着て登校しました。ホストシスターと初対面のときは緊張していましたが、もう慣れている様子です。ホストシスターと同じ制服を着て会話しながら登校し授業に参加しました。授業に参加した後は、ヒンドゥー教の聖地であるバツー洞窟を訪れ、長い階段を上り鍾乳洞の中にある神秘的な聖堂を見学しました。

午後は学校に戻り、ライオンダンス部を見学しました。クエンチャンの生徒達が一生懸命パフォーマンスする姿に皆感動しました。また、日本語部の部活動も見学しました。日本に興味ある生徒が多く、たくさん話しかけてもらいました。

    

 

東南アジア文化研修⑥

東南アジア文化研修⑤

東南アジア文化研修④

東南アジア文化研修②

東南アジア文化研修①