国際学級 卒業生による進路ガイダンス  ~美しい世界の架け橋に~

2017.03.24

国際学級では毎年、卒業生による進路ガイダンスを開催し、進路決定の経緯や学習法、将来のビジョンについて在校生に伝えてもらっています。3月21日(火)1時半より合併教室で、2012年3月に卒業した国際コース3期生の白濱絵里奈さんをお迎えして実施しました。白濱さんは本校を卒業後、上智大学外国語学部ポルトガル語学科で学び、サンパウロにも1年留学、リオオリンピックでは現地で通訳も務めました。現在はミスユニバース神奈川大会でグランプリとなり、国際貢献のために積極的に活動しています。以下に生徒からの質問と白濱さんの答えをご紹介します。

女学館に通っていてよかったと思えることはなんですか。

アウトプットの場がある事、先生や友達の理解があった事です。高二でカナダへ短期留学して、初めて今まで学んできた英語を積極的に使うようになった時、帰国後も国際学級というアウトプットの場があった事でさらに英語を使い、高めていく事ができました。また中高の頃、一輪車競技に打ち込んでいてとても忙しい毎日でしたが、先生方や友人の理解とサポートのお陰で、学業と両立できただけでなく、部活動にも打ち込む事が出来ました。

 

国際学級で学んだ英語は今どう生かせていますか。

コミュニケーションの道具、他の言語を学ぶ材料として役立っています。世界の共通語は英語なので、英語で意思疎通できる事は大事だと感じます。また、ポルトガル語を学んだ際に、高校時代までに覚えた英単語がとても役に立ちました。似ている単語も多いので、とくにラテン語系の言語は習得が楽になると思います。

 

 

在校時代は何部に所属していましたか?

中学1年~3年までダンス部に、高校2年の時はパフォーマンス部に所属していました。

私は小学生の頃から校外で一輪車競技に取り組んでいて、高校1年生の時はそちらのスケジュールと両立が難しかった為、中学まででダンス部をやめました。高校2年生ではまた部活をやりたかったので、パフォーマンス部に入って一輪車をしていました。最高学年の新入部員を受け入れてくれた後輩たちに感謝しています。

 

当時の成績はどうでしたか?また当時の勉強法などがありましたら教えてください。

成績は、悪くはなかったですが、志望校が決まってからはとくに、評定平均をあげたくて猛勉強しました。当時はスポーツもやっていていつも忙しく、限られた時間の中で勉強していたので、いつも「サンドイッチ勉強法」でした。中高の勉強はとくに暗記も多いので、とにかくペンで何度も何度も書いて、一旦頭に入れたら睡眠を20分はさみ、起きて同じ部分をもう一度覚えるという方法です。

いま、一番頑張っていることはなんですか。

実績と人脈作りです。私がミス・ユニバースとなったら「ブラジル広報大使」を務め、「リオから東京へ」の期間にオリンピック・パラリンピック事業にも携わりたいと考えています。その為にも、ミス・ユニバースとなった時にその影響力をより活かせるよう、ブラジル関連事業、オリンピック・パラリンピック事業のボランティア実績を積む事、より多くの人に自分を知ってもらう為に人脈を広げる事に今から力を入れています。

 

なぜポルトガル語を習おうと思ったのですか。

ブラジルが大好きで、ブラジル人と彼らの言葉で話したかったからです。17歳の時カナダへ短期留学し、多くのブラジル人の友人ができたのを機に、ブラジル人の多様性と日系社会に関心を持ちました。当時は彼らと英語で会話していましたが、ポルトガル語で話している時のもっと「素」のブラジル人を知りたい!と思いポルトガル語を学びました。

 

ポルトガル語はどこで活用していますか。

主に、通訳、友人とのコミュニケーション、日本に暮らすブラジル人の手助けに活きて

います。リオ・デ・ジャネイロオリンピックでの通訳の仕事が実績となり、現在もブラインドサッカーブラジル代表チームが来日の際、通訳をするなど活躍の場を頂いています。

 

 

どういう種類の仕事に就きたいと思っていましたか。

最初は国と国を繋ぐ外交官を夢見ていました。しかし私の理想はより自由で民間的な外交を行う親善大使のような役割を務めることでした。やがて「ブラジル広報大使」をやってみたいと思うようになり、2006ミス・ユニバース・ジャパンとなり「フランス広報大使」を務めた知花くららさんが頭に浮かび、実現の手段としてミス・ユニバースへの挑戦を決めました。

 

 

 

Why did you decide to audition for Miss Universe?

I decided to audition because I wanted the challenge. I was not sure if I really wanted to do the work I had chosen during job hunting. My experience during the Rio Olympics became a turning point, opening my eyes again to the world and to becoming honest about what I wanted was to do “SOMETHING” between Brazil and Japan. I thought the Miss Universe Pageant would be one way to make it happen.

 

Are you thinking about working abroad?

Actually I’m not thinking much about working abroad, though if I could have the chance to work in other countries it would be nice because I love to learn about other cultures.

 

What was your dream when you were a student?

After I fell love in with Brazil, I only dreamt of going to Brazil as soon as possible and talking with Brazilians in Portuguese.

以下に参加生徒の感想をご紹介します。

 とても楽しく白濱さんのお話を伺うことができました。ブラジルに行きたい、ブラジルで働いてみたい、と言い続けてそれを有言実行できたというのはとてもすごいことだと思いました。たくさんのブラジルでの経験を話してくださり、どれもとても興味深く面白かったです。特にブラジルでの日系人の方々の方が日本の文化をよく知っているということには驚きました。また、ブラジルのサーモンばかりのお寿司も食べてみたいと思いました。今回、白濱さんのお話の中で最も大切なこと、「声に出してみる」ということを私もやってみようと思いました。私はミュージカルが大好きで将来もそれに関わった仕事をしたいと思っています。ですが、その夢を実現させることはとても難しいことで、他の将来の目標を決めた方がいいのか、習い事をこのまま続けた方がいいのか、と悩むことがありました。ですが、白濱さんのお話を伺って、「今やりたいことは何か」を大切にしてこのまま習い事も続けてできるところまでやってみようと思いました。またその夢も恥ずかしがらずに声に出してみようと思いました。白濱さんのお話を伺うことができてとても良かったです。ありがとうございました。Miss Universe 頑張ってください!

 

 

 

 

 

平成28年度 中高修了式 ~生み出そう新しいサイクルを!~

2017.03.23

春寒料峭の候、3月23日(木)に中高の修了式が行われました。福原校長から、今春の入試後、新1年生の保護者全てと面接を行った際、明るく優しい心を持っていきいきと活動する女学館生の姿に心打たれたとのお話を伺って、生徒こそが女学館教育の体現者であり、一人一人を誇りに思うとのメッセージが伝えられました。また、思想家にして武道家でもある内田樹氏の説く新しいサイクル『贈与経済』について紹介されました。お金、情報、知識、技術、そして言葉。すぐれたものは貯め置かず、次々に人に回すことで世の中全体が潤っていきます。そうすることで、壊す、はじく、傷つけるといった負のサイクルが、創り出す、受け入れる、癒すといったあたたかいものに変容していきます。勇気を与えられるすばらしい言葉をかけられたら、そのバトンを次の人につないでいきましょう。今年度を締め括り、新年度に向けて皆が励まし合い、高め合える豊かな関係を築いていこうとの言葉が贈られました。

年度末で退職を迎える先生からのご挨拶もあり、日々の指導を謙虚に受け止め、人柄を磨き、立ち居振る舞いを正していくことで本校の大切にする品性が育まれていくと、生徒たちへの言葉がけがありました。

最後に生徒会から、昨年度から継続的に取り組んできたSNSを巡る生徒自身による規範策定の経緯が紹介され、思いやりの心を持って、新しい情報ツールを円滑に使えるよう、ルールが紹介されました。

中学卒業式 ~晴れやかな笑顔で、15の春~

2017.03.22

3月22日(水)桜のつぼみもほころび始めた春の佳き日に、東京女学館中学校の卒業式が執り行われました。保護者の方にも多数ご参列いただき、247名の中学3年生が晴れて卒業を迎えました。前奏に続き、クラス毎に卒業証書の授与が行われ、校長の式辞の後、卒業生総代から在校生に贈る言葉が述べられました。門出を祝って合唱する明るい歌声が響く中、中1の軽井沢学習寮、中2の記念祭クラス発表、中3では委員会や部活動で下級生をリードすると共に、沖縄修学旅行に出かけた数々の思い出がよぎり、卒業生は笑顔で友と喜びを分かち合いました。皆さん、ご卒業おめでとうございます。

 

ノート回収のボランティア~フィリピンに届ける手作りのノート~

2017.03.21

今年もボランティア部の呼びかけにより、学年末に使い残ったノートを回収し、フィリピンの子供たちに届ける運動を行っています。この運動をきっかけに、豊かさの中であふれる文具を持て余している日本と、鉛筆やノートといった学用品にも事欠く国があることを比べ、今自分にできることは何か、真剣に考えていっています。以下にボランティア部の生徒のリポートをご紹介します。

ボランティア部では、毎年2月にノート回収を実施しています。フィリピンでは文房具の値段が高いのでそれを買うことができない子供たちがたくさんいます。使っているノートは、私たちが使っている白いノートではなく、わら半紙のようなノートです。そのため、白いノートを届けるとたいへん喜んでくれます。また、この運動をきっかけに、私たち自身が日頃の生活を振り返り資源を大切に使うということも目的の一つにしています。回収したノートは、部員の手で綴じて新しいノートに仕上げ、それを現地で直接子供たちに手渡します。

 

高二 京都奈良修学旅行を終えて

2017.03.17

高二は3月5日(日)~9日(木)の4泊5日、奈良・京都に修学旅行に参りました。女学館では全ての行事を生徒による実行委員会で企画運営するスタディーアジェンダで実施しており、この旅行も生徒の自主性に基づいて行われる宿泊行事の集大成です。クラス毎の見学とグループ単位のタクシー研修が交互に行われ、全体の指揮を4月以来リードしてきた旅行委員が執りました。日本の歴史と精神を肌で学ぶ臨地学習と、学年の絆を深め、生涯忘れられない友との思い出を共有する旅を充実させるために、旅行中も日々目標を設定、反省し、連絡会を行い、皆の心を見事に一つにまとめ上げました。東京駅での解団式では、旅行委員一同に学年全員から大きな拍手と感謝が贈られました。

旅行委員長

今回の旅行は高二最後の行事であると共に、女学生としての最後の宿泊行事でした。日々充実しており、ラストを飾るにふさわしい楽しい思い出になったと思います。初めて都と呼ばれた奈良も、千年の都と言われる京都も、どちらも日本の原点といえる場所でした。昔作られた仏像や建物を千数百年の時を経て、今私たちが目にしていると思うと、どこか不思議で感慨深いものがありました。この修学旅行では知識だけではなく、たくさんの貴重なものを得ることができたと思います。皆にとってこの経験が高三の良い橋渡しになることを願っています。

旅行副委員長

この五日間、私たちB班は京都、奈良の順で修学旅行に臨みました。一日目、三日目と最終日はクラス毎の見学で、清水寺や二条城、宇治平等院、興福寺、法隆寺など歴史ある寺社を見学し、二日目と四日目はタクシー研修で、一グループ四、五人で一台のタクシーを借り、タクシーの運転手さんのガイドで興味のある寺社を回りました。私はこの五日間でたくさんの寺社を見学し、いつも教科書で見ていた仏像や建造物を実際に目にすることで、今までの印象が変わったり、独特な雰囲気を感じたりして、直接自分の目で見ることと、間接的に見ることは全く違うのだと身をもって知ることができました。また、ホテルでの食事はとても美味しく、湯葉や義経鍋などの伝統料理を十分に堪能することができ、皆も毎回の食事をとても楽しみにしていました。この学年での宿泊行事が最後だと思うと寂しいですが、今回の修学旅行は最後にふさわしいとても充実したものになりました。

 

 

 

International Women’s Day Lunch

2017.03.16

国際学級の中1は、毎年国際婦人デーにちなんで、最も身近な女性のロールモデルであるお母様方を学校にお招きして共に昼食を囲みながら談話し、日頃の感謝と共に、女性の生き方、あり方を考えるMother’s Lunchを開催しています。今年は3月9日に行われました。以下にご紹介するのは生徒の感想です。

3月8日は国連の決めた国際女性デーです。国際女性デーとは、これまでの女性の社会進出を振り返り、変革を呼びかけ、国家や社会で歴史上すばらしい役割を果たした一般の女性たちの勇気と決断を称える日です。そのため、私たちも3月9日にInternational Women’s Day Lunchを行いました。お母様方や先生から、普段聞くことのできない貴重なお話を伺うことができました。学生時代の経験や、女性だからこそわかる話なども伺い、とても興味深かったです。今回の体験をこれからの生活や学習に生かしていきたいと思いました。

 

 

高一課題研究 優秀作プレゼンテーション

2017.03.15

本校の高一では、自分が興味を持ったことを1年間かけて担当教員とともに研究し、論文にまとめる課題研究を行っています。3月15日(水)、全員分の作品の中から選ばれた優秀作6作のプレゼンテーションが行われました。扱われた題材は歴史、人文、生物、物理など多岐にわたり、1つの文献を丁寧に読み込んで考察したものや、アンケート調査を行ったもの、試行錯誤しながら何度も実験を重ねた末に成功させたものなど制作の裏に様々な苦労を垣間見ることができました。以下は今年度の優秀作のテーマの一覧です。

「ドイツ国民のヒトラー支持と反ユダヤ主義」

「目に見えない少年兵を『考える』」

「双生児に与える影響は『遺伝』と『環境』のどちらが大きいのか」

「古事記と日本書紀」

「源氏物語の紫の上の人物像と紫式部」

「エッグドロップ~卵を割らずに落とせるか~」

Speech & Debate ~難民問題、安楽死、日本の果たすべき役割とは~

2017.03.15

女学館高校の選択授業は、各自の進路を切り開けるように多彩かつ高度なものが開講されています。今回はネイティブの先生が担当する高二のスピーチ&ディベートの授業についてご紹介します。この講座は一般学級、国際学級のどちらの生徒も選択できるハイレベルなもので、All Englishで行われています。最終回のディベートのテーマは日本の難民受け入れと安楽死の是非を巡るもの(Japan should accept refugees./Japan should have euthanasia laws.)で、準備を重ねてきた生徒たちは真剣な討議を繰り広げました。授業担当のラウクス先生と受講者の生徒にインタビューしました。

1 授業の目的は?

The goal of the class is to have the students speaking in English by doing speeches and debates.Term 1 focused on different types of speeches and how to deliver a good speech. They made three speeches.Term 2 focused on preparing for debates. Students formed opinions and learned how to support their opinions. They made two speeches.Term 3 focused on debates. The topics debated were suggested and chosen by the students. The students participated in two debates.

スピーチやディベートを通して、生徒たちが英語を使って話す機会を得ることが目的です。1学期は、異なるタイプのスピーチに焦点をあて、よいスピーチの方法を学び、生徒は3つのスピーチに取り組みました。2学期は、ディベートへの準備に焦点をあて、意見の形成と主張をどのように論理立てるかについて学び、2つのスピーチに取り組みました。3学期は、ディベートに焦点を絞りました。ディベートのトピックは生徒に出してもらい、生徒自身が決め、実際に2つのディベートを行いました。

2 具体的にどのような取り組みをしていますか?

The students are given grades based on their speaking and their participation in class. They are also given lots of feedback to show them where they are doing well and how to improve. The atmosphere is supportive so that both 国際 and 一般 students feel confident to participate.

定期試験がないので英語で話すことに最も比重を置いています。生徒たちがどれだけ英語で話したか、どれだけ授業に参加したかに基づいて成績をつけます。成績だけでなく、生徒は自分のパフォーマンスのどこが良かったのか、どうすれば良くなるのかといったフィードバックを頻繁に受けます。授業の雰囲気は協力的なので、国際、一般を問わず、生徒は自信を持って参加しています。

3 受講者の生徒たちはどんな感想を持ちましたか?

生徒の声

Debating was a little hard for me, but I could realize the importance of preparation and organizing the other team’s information quickly. From speech class, I could learn how to make the audience understand my speech easily by using inflection, eye contact, and gestures. It was really fun to join this class.

英語でのディベートに取り組むのは少し大変でしたが、事前準備や対戦チームの主張を素早くまとめることも大切だとわかりました。スピーチの授業では、抑揚をつけたり、アイコンタクトやジェスチャーを使って、聴衆にとってより理解しやすいスピーチの仕方を学びました。

This year, I enjoyed most of this class, and I’m glad that I chose this class. My favorite part was presentation using PowerPoint. Especially, I enjoyed doing and listening to the presentations introducing our favorite countries. I learned how to make good PowerPoints. I could also learn about the countries from my classmates.

この授業のほぼ毎時間が楽しく、選択して良かったです。一番良かったのは、パワーポイントを使ってプレゼンをやったことです。特に、お気に入りの国を紹介するプレゼンは楽しかったです。効果的なパワーポイントの作り方を学びましたし、他の人の担当した国についても学ぶことができました。

 

4 最終回は非常に高度なテーマでディベートに取り組んでいましたが、今回の授業の評価は?

The students receive two scores, one is a team score and the other is an individual score. The team score looked at “Matter”, “Method”, and “Manner”and the individual score looked at “Posture”, “Delivery”  and “Matter”.

生徒たちは2つの観点から得点を受けます。一つはチームの得点、もう一つは個人の得点です。チームの得点の内訳は、内容、ディベート方法、プレゼン方法です。個人のほうは、アイコンタクトや姿勢、抑揚やジェスチャー、そして内容です。

日本が置かれている世界の中での位置を見極め、どんな方向に舵を切るか考えることは、私たちに課された重要な課題です。思考と表現のツールとして英語を用いることも今後ますます求められていきます。説得力のある意見を構築し、価値観や利害の異なる相手と折衝し、対話する力を育む活力に溢れた授業が展開されていきます。

スタディーアジェンダ 高二京都奈良修学旅行最終日

2017.03.11

いよいよ女学館生活ラストの宿泊行事も最終日を迎えました。A班は二条城、三十三間堂、清水寺を見学し、日月庵で昼食をいただいて京都駅に向かいます。B班は法隆寺、中宮寺、夢殿などを見学し、奈良パークホテルで昼食後、新大阪から新幹線に乗ります。同じ列車で学年全員が再会し、古都に別れを告げ、一路東京に戻りました。東京駅では1年間かけて準備を行い、学年全員を責任をもってリードしてくれた旅行委員に感謝の意を表する解団式を行いました。日本人の精神の拠り所となる地を訪れ、文化の真髄に触れることができ、高二全員にとって生涯忘れられない素晴らしい思い出となりました。

 

スタディーアジェンダ 高二京都奈良修学旅行四日目

2017.03.09

修学旅行も残すところあと二日となりました。この旅行では、就寝前の点呼も旅行委員が行っており、委員を支えるためクラスのメンバーも心を一つにして協力しています。行程四日目は再びタクシー研修となりました。A班は京都、B班は奈良を巡ります。ご案内いただいた運転手さんともすっかり意気投合し、お別れの時は感謝の言葉と共に涙、涙となりました。京都最後の夕食はすき焼きで、関西風の調理に挑みます。旅行委員は、旅の成功のために夜の打ち合わせでも、各クラスの課題を述べ合い、明日の行程を確認しました。