第二回学校説明会 ご来校の御礼

2016.07.19

7月19日(火)午後1時より第2回学校説明会が行われました。炎暑の中、多数ご来校いただきまして、篤く御礼申し上げます。学校長より、間もなく130周年を迎える本校の設立の理念と、常に新しい時代を見据えて生徒の才能を開花させていく教育活動について説明がありました。続いて国際学級主任と高三、高二の生徒によるプレゼンテーションで、模擬国連への参加や海外の提携校への留学などの成果について紹介されました。更に生徒の作成した授業風景と学校行事の紹介ビデオを上映し、本校の学校生活、次年度の中学入試、六カ年一貫教育における進路指導について説明があり、その後、個別相談と校内案内が行われました。海外の女子大生を招いてのエンパワーメントプログラムを実施中で、校内見学中に英語を用いた生徒たちの表現活動をご見学いただきました。

dsc03742 dsc03748 dsc03751 dsc03760 dsc03762

一学期終業式 ~真の教養とは~

2016.07.19

7月19日(火)中学校、高等学校の終業式が行われました。福原校長からは、真の教養について訓話がありました。電流を発見したファラデーは貧困の中で正規の学校教育を受けられず、13歳から製本業に携わり配達の傍ら、貪るように読書し、化学の魅力に開眼していきます。偉大な化学者になった彼にイギリス政府は、クリミア戦争での戦果を狙って化学兵器の開発を依頼しましたが、彼は断固として拒否しました。彼の英断は十代に培われた読書体験による本物の教養に依るものであったと言えましょう。夏休みには素晴らしい本との出会いを通して、哲学者たちのように驚き、疑い、考える姿勢を持って、豊かな心を育んでいってほしいとのメッセージが伝えられました。

dsc03734 dsc03738

 

海外研修 事前英語合宿 ~ Keep on Smiling ~

2016.07.11

夏休みに行われる二つの海外研修(高一アメリカ文化研修・中3国際学級タスマニア夏期研修)の準備として、7月9日(土)と10日(日)に晴海グランドホテル勝どきにて事前英語合宿が行われました。以下に生徒の感想をご紹介します。

今回の合宿では、5人の外国人講師がローテーションで、少人数のグループになった私達を丁寧に楽しく教えてくださいました。外貨の使い方や断り方の練習、自己紹介の仕方や、アメリカでのタブーについてなど、現地で役立つプログラムがたくさんありました。この2日間では主に、海外で日本の文化や女学館の良さを伝えるためのプレゼンテーションをするために細かいアドバイスをいただき、最終日には実際に発表し合うことで、知識や内容を深め合うことができました。参加した皆が思ったより積極的に講師の先生に話すことができ、たくさんの教えを受けられたためとても良い機会になったと思います。自分としては想像以上にコミュニケーション上の課題があったことに気づき、本番までの目標が決まりました。講師の先生方はいつも明るく笑顔で、現地の方々と触れ合うのが今から楽しみになりました。アドバイスを活かして、参加する皆と心を合わせて、笑顔で積極的にコミュニケーションを取り、たくさんのことを得てきたいと思います。

img_3479_r img_3483_r img_3491_r img_3501_r

校舎を彩る生徒の作品

2016.07.07

女学館では全ての教科を大切に学んでおり、 音楽、書道、美術など芸術系の進路を選んで、才能を開花させる生徒がおります。美術科では本格的な油彩についても取り組ませており、階段や廊下に生徒たちの作品が飾られ、見る者の心を癒し、豊かにしてくれています。

DSC_3278

DSC_3281

DSC_3283

DSC_3285

DSC_3287

DSC_3289

DSC_3291

高校国際コース 異文化体験プログラム ボストンからの留学生

2016.07.01

例年通り、6月の第1週から第3週まで、アメリカ、マサチューセッツ州ボストン郊外のデーナ・ホール・スクールから、2名の留学生が女学館に来校し、高一と高二の国際コースのクラスに所属し、生徒たちと共に授業を受けました。互いに知的好奇心をいっぱいに開花させ、刺激を与え合い、クラスメイトとして絆を結びました。メッセージを原文と訳文でご紹介します。

 デーナ・ホール・スクールからの短期留学生のステラです。高校二年生の国際コースの一員として、3週間、東京女学館で過ごすことができたことを大変光栄に思っています。日本語を勉強中の私にとって、優しいクラスメイトに助けられながら一緒に授業を受けることができたことはとてもよい思い出になりました。中でも、世界史の授業が特に印象に残っています。同じ歴史上の出来事について、アメリカの先生と日本の先生、そして私の母国である中国の先生が、それぞれ異なる方法で教えてくださったことは、大変興味深かったです。授業の他にも、東京女学館の生徒としてたくさんの体験をしました。クラスメイトの名前を早く覚えられるように週番の名前を毎日黒板に書いたことや、浴衣を着たこと、国際文化部の皆と一緒に国立美術館へ行ったこともよい思い出です。留学生担当の先生から日本文化や日本語を教わり、日本についてより深く学ぶことができました。帰国する時にはもっと長い期間、ここで過ごせたらと思いました。

I am Stella, a student from Dana Hall School. I am really glad to be selected as one of the students to come on exchange to Tokyo Jogakkan School from Dana Hall for three weeks. It is a great pleasure to study with 11F’s students and teachers. The girls from 11F are all really nice, friendly, and warm-hearted. They helped me a lot, especially when I was trying to remember everyone’s names. I really enjoy the time to have class with 11F students, although I am still on my way learning Japanese. My favorite class is Mr.H’s World History class. It is really interesting to see how teachers from America, Japan and China talk about the same topics in different teaching style. Mr. H’s teaching style attracted me a lot and made me want to learn more in his class. Ms. B and Ms. T, who is 11F’s home room teacher, all helped me a lot during my days in Jogakkan School. In order to help me learn the students’ names, Ms. T gave me the honor  to write the name of the students who are on duty on the board. At the same time, Ms. B introduces me to Japanese, which helped me to know more about Japan. I had a lot of good memories from Tokyo Jogakkan School not only the yukata experience but also the club trip to the museum. I wish I could stay longer here.

 

女学館で過ごした経験は、日本文化についてどんな本やアプリよりも多くのことを私に教えてくれました。Dana Hallも女学館も女子校ですが、共通点や相違点を見て、女子教育の在り方や、私たちがこれから世界に羽ばたいていく準備をする方法は1つではないこと、また、まだ様々な挑戦に取り組む必要があると感じました。Dana Hallはアメリカの学校ですが、慣れ親しんだその環境から女学館に来て、アメリカでは学び得ない大切なことを学びました。先生方が与えてくださる知恵やよく練り上げられた授業に対して感謝の気持ちをこめてお辞儀をすることは、生徒が学習していく上でとても重要なことだと思います。全員同じ制服を着ているのも、一生懸命勉強に取り組み将来への大きな夢を抱くのに、雑念から生徒たちを守ってくれます。女学館とDana Hall両方のやり方に触れたことは、私がこれからより教養のある世界市民になれるよう、学習面でも思考力の面でも後押しをしてくれると思います。

 

Attending TJK is an experience that has taught me more about Japanese culture than any book or app could have taught me. The similarities and differences between two all-girls schooling systems have shown me that there is more than one way to educate and prepare young girls for the world around them, and the challenges they will still have to tackle. Coming from Dana Hall, where they practice the American schooling system I have known my whole life, TJK has helped me to learn important lessons that I could not have learned back in the States. Bowing to your teachers to thank them for all the wisdom they have imparted and taking the time to create well-thought-out lessons is essential to students’ learning process. Having all students wear the same uniform helps to prevent students from distractions when they are studying hard and dreaming big. Integrating both the methods of schooling from TJK and Dana Hall into my thinking and learning has helped me to become a more educated citizen of the world.

img_3440 img_3445

 

中1学習サポート 卒業生による質問教室

2016.06.25

期末試験まであと一週間となりました。6月25日(土)1時半より進路指導部主催の中1対象の学習サポートが行われ、50名程が集まりました。この春大学に進学した卒業生6名が来校し、中1の質問に個別に対応しながら、皆で試験勉強に励みました。「先輩のように医学部に進学するためにはどんな姿勢で学ぶことが必要ですか?」といった進路の質問を初めとして、各教科について自主的に問題を解いては、つまずくと随時先輩の待ちかまえる机のところに向かい、積極的に質問していました。先輩も簡単に答えを教えるのではなく、自力で解くこつを教え導いてくれていました。

dsc03709 dsc03710 dsc03711

 

高一 歌舞伎鑑賞教室

2016.06.25

6月24日(金)高一は4時限目終了後、国立劇場にて歌舞伎鑑賞教室を行いました。この日の演目は「新皿屋敷月雨暈~魚屋宗五郎~」で、イヤホンガイドを用いながら、見どころや時代背景、歌舞伎独特の約束事などを学び、実りのある鑑賞教室になりました。以下は今回の行事の中心となった高一文化委員の感想です。

 

最初この教室に行く前は、演目の意味すらも分からなかったくらいですが、行ってみると少し自分と歌舞伎の距離が縮まったと感じました。また、行った人にしかわからない出演者の方々の表情、躍動感、動作が伝わってきて、気がついたら2時間が過ぎていました。特に興味深かったのは、「黒御廉音楽」というものです。これはその場の背景や雰囲気、出演者の気持ちなどを表したいときに使われるBGMのような役割を果たすものです。普段日常で聞こえる雑音のような音まで察知し、表現していることに驚きと感動がありました。また、出演者の動きを見ながら演奏するということにもすごいと思いました。このように何から何まで圧倒されっぱなしで、また歌舞伎を見たいと思いました。

%e6%ad%8c%e8%88%9e%e4%bc%8e%ef%bc%92 %e6%ad%8c%e8%88%9e%e4%bc%8e%ef%bc%93

中2 華道体験

2016.06.24

6月の半ば、中2の各クラスが2時間ずつ華道体験を行いました。池坊の家元である卒業生に来校いただき、実際に1人1人が花材を扱いながら、花を活けることを通して精神の豊かさを身につけることについて学びました。以下に生徒の感想をご紹介します。

華道を体験して、母が花を活けるのを見ていた時は、ただ葉や花、木を切り、剣山に挿すだけだと思っていましたが、自分で活けてみることで、美しく見えるためにちょうどよい長さに切り、バランスを考えながら、枝を剣山に挿していくことの難しさを知ることができました。また、細い枝を持つ植物の扱い方や、花はそれぞれ向いている方向が違い、それぞれが引き立つように使い分けることもわかって、とても勉強になりました。今回は、先生から、下から上に向かってだんだん開くイメージで活けるとよいとアドバイスをいただいたので、次回に活かしていきたいと思います。

私ははじめて華道を体験しました。思いの外難しく、また、一本一本少しずつですが異なる花や木の様子に驚きました。緑の中にピンクと小さな白が混ざり、とても優しい雰囲気の作品になったと思います。最後に先生に直していただくと、少ししか変わっていないはずなのに、見違えるほどの美しさになっていました。華道は楽しく、精神を落ち着けることもできて、とてもよいものだと思いました。自分の気持ちを活け花に込めることができるくらいに上手になったら、きっととても楽しいはずだと思いました。

cimg0004 cimg0011 cimg0015 cimg0019 cimg0025 cimg0031 cimg0036 cimg0046 cimg0158

 

 

アクティブラーニング 中3英語プレゼンテーション

2016.06.20

国の枠を越えてさまざまな人々と出会い、共に生きる時代、人と人とをつなぐコミュニケーションの手段として英語を学ぶ重要性はますます高まってきています。女学館の英語教育では、英語の4技能をバランスよく伸ばす取り組みが多彩に用意されています。ネイティブの教員も専任が4人、講師が4人、更にJETプログラムの教員が1名おります。中学では、ネイティブ教員による週1時間の英会話が必修で、更に日本人教師による授業もリスニング、スピーキングに力を入れています。中3の英語の授業では、My Favorite Wordと題して自分の好きな言葉について英作文し、クラスの前でスピーチし、英国のミルナー先生から各自がコメントを受けるプログラムがありました。座右の銘には人となりが現れ、何よりの自己紹介となります。英語で自己表現して自信を得る楽しい取り組みとなりました。

058 052 061

第一回オープンスクール ご来校の御礼

2016.06.18

6月18日(土)午後2時から第1回オープンスクールが行われました。梅雨の合間の好天に恵まれ、約900名もの方にご来校いただきました。篤く御礼申し上げます。講堂での全体会は、生徒によるピアノ演奏、ショパンの調べで幕を開けました。続いて学校長より、東京女学館の教育の根幹をなす生徒主体の行事運営、委員会や部活動の様子を是非ご覧くださいとの挨拶がありました。まず最初に昨年の高三が制作した学校紹介ビデオが放映され、四季それぞれの学校生活を送る生徒たちのいきいきとした笑顔がスクリーンいっぱいに映し出されました。次にアンネのバラ委員会のプレゼンテーションが行われました。アンネ・フランクゆかりのバラを育てながら、平和について調べるさまざまな活動を行っている様子を真摯に伝えていました。最後は書道部のパフォーマンスで、ぴったりと息の合ったチームワークで「天朗気晴」の文字を躍動感をもって描き上げ、会場は大きな拍手で包まれました。その後、インタープリターやボランティア委員、生徒会の生徒たちによってご来校いただいた皆さまをご案内し、校内やグラウンドで活動する女学館生の様子をお目にかけました。入試問題解説のコーナーも盛況で、未来の女学館生の皆さんが真剣に説明に聞き入っておられました。第2回のオープンスクールは10月22日(土)午後2時から行われます。皆さまお誘い合わせの上、是非ご来校ください。学園一同、心よりお待ち申し上げております。

dsc03663 dsc03664 dsc03666 dsc03667 dsc03668 dsc03671 dsc03673 dsc03677 dsc03679 dsc03687 dsc03688