冬休みの学習講座

2016.11.02

今年も冬休みの学習講座が開講されます。大学受験を控えた高校生が応用力を伸ばし、基礎固めをする中学生が知的好奇心を開花させるために、多彩な学習講座が用意されています。中3や高一から大学受験を視野に入れて難易度の高い講座を受講し、目標と自分の位置を確認して指針を得ることもできます。生徒は希望する講座を無料で受講することができます。

今期は30講座が開講され、550名が受講します。

◆学習講座

国語 数学 社会
中学ハイレベル現代文・古文 中1数学演習(基礎) 高二日本史問題演習
古典演習 中1数学演習(発展) 理科
現代文選択肢攻略演習評論編 中2数学演習 初めて受ける模試対策物理
現代文選択肢攻略演習小説編 中3数学演習(基礎~標準) やり直し有機化学
まだ間に合うセンター漢文 中3数学演習(標準~応用) やり直し理論化学
英語 センター試験 数学ⅠA演習 高二理系生物
中3英語総復習 センター試験 数学ⅡB演習 センター試験対策物理
英語センター試験対策講座 数列 漸化式の演習 『化学』センター試験対策Ⅰ
大学入試長文読解問題対策講座 センター試験直前対策 数ⅠA 『化学』センター試験対策Ⅱ
英語センター試験直前対策 センター試験直前対策 数ⅡB センター生物
数Ⅲ 問題演習 高三文系生物基礎

アンネのバラ委員会 映画上映会

2016.11.01

アンネのバラ委員会では、今年の記念祭で「子どもたちを救うために」というテーマで発表を行います。それに先駆けて、10月28日(金)、『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』という封切前の映画を上映させていただくことになり、鑑賞会を行いました。この映画は、第二次世界大戦開戦直前に、チェコスロバキアのユダヤ人の子供たちを救うためにイギリスに移送する「キンダートランスポート」を行ったニコラス・ウィントンという人物が主人公のドキュメンタリーです。当日は、上映前にまずマティ・ミナーチュ監督からアンネのバラ委員会に向けて、ビデオメッセージが流されました。そして配給会社エデン代表で映画評論家江戸木純氏の解説がありました。また本編上映後は、成城大学名誉教授で「キンダートランスポート」を研究なさっている木畑和子先生に、当時のユダヤ人たちが置かれていた状況など、歴史的な背景を解説していただきました。以下に生徒の感想をご紹介します。

 

この映画を見て、ニコラス・ウィントンさんが必死で子どもたちを助けようとしていたことを知りました。ニコラス・ウィントンさんが子どもたちを助けようと頑張っていた姿、子どもの親が子どもだけは何としても助けようとしていた姿がとても印象に残りました。子どもへの思いが強かったのだと感じました。また、ニコラス・ウィントンさんの精神が今もうけつがれているのはとてもすてきなことだな、と思いました。私は、この映画を見て、改めて人を助けることはとても良いことだな、と感じました。小さなことでも良いから、人を助けたり、笑顔にすることができたらいいなと思います。この映画をみることが出来てよかったです。(中3)

フェンシングのイギリス代表、そしてロンドン証券取引所の若き仲買人、そんなエリートのニコラス・ウィントンが、なぜ自ら危険を冒してまで、それまで縁もゆかりもない子どもたちを救おうとしたのか。これは、私が今回アンネのバラ委員会を通して、ニコラス・ウィントン、そしてキンダートランスポートの存在を知って以来、根本的な疑問であった。それがこの映画を見て、その疑問についての答えを得たような気がする。ニコラス・ウィントンに救われた子どもたちは、悲しい別れや異国での慣れない生活を経験しながら成長し、その後、世界各地へ拡散して大家族を営み、それぞれの分野で大きな活躍をしている。そして、その仕事の傍らで人々を救う様々な活動に携わっているのだ。ニコラス・ウィントンの小さな善意が、私たちの生きる“今”そして“未来”へとつながっている。ニコラス・ウィントンは、当時の暗い世界の中で、子どもたちに“未来”と“無限の可能性”を見出していたのではないだろうか。これが、私がこの映画を見て見出した答えだ。(高二)

 

『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』

11月26日(土)より全国一斉ロードショー  以下のURLは公式HPのものです。

http://nicholaswinton.jp/

%e4%b8%8a%e6%98%a0%e4%bc%9a1 %e4%b8%8a%e6%98%a0%e4%bc%9a4 %e4%b8%8a%e6%98%a0%e4%bc%9a3 %e4%b8%8a%e6%98%a0%e4%bc%9a2

11月5日(土)6日(日)記念祭  銀座線の集中工事について

2016.10.31

来る11月5日(土)6日(日)には東京女学館中学校高等学校の創立128周年記念祭が開催されます。

チケット制となりますが、受験生とその保護者の方は入り口でご記帳の上、入場いただけます。皆様のご来校を学園一同心よりお待ちしております。

尚、両日とも、銀座線の渋谷駅移設にともなう線路切り換え工事のため、一部区間を運休し、折り返し運転が行われます。(表参道~青山一丁目間、溜池山王~浅草間で折返し運転を実施)

詳しくは下記のサイトをご参照ください。

http://www.tokyometro.jp/news/2016/156831.html 

 

記念祭まであと一週間 テーマはCherish

2016.10.29

来る11月5日(土)6日(日)には東京女学館中学校高等学校の創立128周年記念祭が開催されます。本番まであと一週間と迫り、各委員会、クラブとも、全力投球で準備に励んでいます。特にスタディー・アジェンダ(実行委員会方式)で今回の行事の主軸となる記念祭実行委員会は、校舎を彩るカラフルな横断幕、天蓋つきのクマや船、お菓子の家などのオブジェ作り、縁日の企画や記念祭の最後を飾るイベント館祭の運営など、ご来校の皆様の心に残るようさまざまに工夫を凝らしております。以下は生徒責任者のご挨拶となります。

高校記念祭実行委員長

今年のテーマは”Cherish”です。女学館の伝統や仲間を大切にし、充実した記念祭にしたいという想いを込めました。この日のために女学館生一人一人が互いに協力し合い、様々な壁を乗り越えて参りました。今年の記念祭が皆様にとってかけがえのない素敵な想い出として残り続けますことを願っております。女学館生それぞれの想いが詰まった記念祭をどうぞ心ゆくまでお楽しみください。

dsc04182 dsc04183 dsc04177 dsc04179 dsc04180dsc04184 dsc04185 dsc04186 dsc04189 dsc04190 dsc04192dsc04196 dsc04198 dsc04199 dsc04200

音楽会  ~日フィルと女学館生の夢の合同演奏~

2016.10.28

 

10月28日、昭和女子大学人見記念講堂にて、日本フィルハーモニー交響楽団と、ヴァイオリニストの渡辺玲子さんによる音楽会が開催され、中学と高校の生徒全員が鑑賞に臨みました。荘厳な雰囲気の中、楽団員の方々が次々に着席され、コンサートマスターの合図でチューニングが始まります。指揮者の方が登壇されると期待と緊張感で胸の鼓動が一気に高まりました。今回のプログラムは全てチャイコフスキーの作品で、ヴァイオリン協奏曲二長調と弦楽セレナーデ第2楽章の繊細で優しくも力強い迫力に、曲の中に引き込まれていくような感じがしました。交響曲第6番「悲愴」は低音の響きと強弱がとても魅力的で、交響曲ということもあり、ストーリー性が浮かび上がってくるようでした。アンコールの「くるみ割り人形」の「トレパック」では、東京女学館オーケストラ部の高校二年生が楽団員の皆様と一緒に演奏をさせていただくという夢のような体験をすることができました。私達はゲネプロの時から、プロの方々の生の音に感動し、圧倒され、緊張で固まってしまっていました。けれども、温かくご指導いただき、ユーモアを交えて気持ちを和ませてくださったお心遣いは、今日の迫力ある素晴らしい演奏と共に、忘れることのできない素敵な思い出となりました。このような機会をいただけたことに部員一同感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

オーケストラ部部長

dsc04164img_4835 img_4850 img_4851 img_4853 img_4862-001img_4861 img_4866 img_4868

中学 合唱大会  ~心を一つに明るい歌声にのせて~

2016.10.27

中学では音楽科の主催で学年ごとにクラス対抗の合唱大会が行われています。運営にはスタディアジェンダ(実行委員会方式)で音楽係が当たり、朝練、昼練にも真剣に取り組んでいきます。10月26日(水)には講堂で中3の合唱大会が行われました。優勝クラスの音楽係の感想をご紹介します。

今回の合唱大会は私達にとって最後のものでした。そのためどのクラスも毎日全力で練習に取り組みました。クラスの皆と、時に厳しく、時には明るく楽しく練習してきました。お互いに改善点やアドバイスを言い合い、この合唱大会によってクラスの絆がさらに深まったように感じます。課題曲は、中1の時は『マイバラード』、中2は『心の瞳』、中3の今年は『手紙』でした。学年が上がるにつれて、課題曲の難易度も上がっていき、各クラスの自由曲もそれぞれとても難しいものになりました。けれども、どのクラスも素敵に歌えていて、とても感動しました。順位が発表されて、悔しい思いをしたクラスも、喜びを味わったクラスもあったと思いますが、皆にとって最高の思い出になりました。私達F組は昨年は賞状をもらえず悔しい思いをしました。そのため、今年こそは一位をとると決め、一生懸命練習してきました。その結果、課題曲、自由曲共に一位となりました。合唱大会当日は、10分休みにも練習するほど頑張ったので、その成果を発揮できて本当に良かったと思います。

dsc04079 dsc04085 dsc04086dsc04119dsc04115dsc04129 dsc04132

高一課題小論文一斉指導

2016.10.26

女学館では、高一全員が一年をかけて課題小論文の作成に取り組みます。各自が興味関心のあるテーマを選び、参考文献を読み考察を深め、構成を組み3000字以上の論文を書き上げていきます。

5月中旬 研究テーマ選び

5月下旬 指導教官発表。研究計画表、構成表提出。

6月上旬 研究テーマ決定。個別指導。

6月中旬 第一回一斉面談。

夏休み  下書きの作成。

9月上旬 下書きの提出。個別指導。

10月26日には第二回の一斉指導が行われました。高一の4~5名の生徒に一人の指導教官がつくという全校体制で行われます。

問題発見能力、表現力、論理的思考力を鍛える本格的な取り組みで、優秀作は年度末に冊子にまとめられ、コンピュータのプレゼンソフトを用いて発表も実施されます。先生や友達と討議を重ね、より深い考察になるよう練り上げていきます。

img_4802 img_4805 img_4809 img_4810 img_4811 img_4816 img_4818 img_4820

中3国語 ICTプレゼンテーション

2016.10.25

中3の国語は古典2時間で高校の先取り学習を行い、現代文3時間では、読む、書く、聞く、話すといった国語の4技能を高めるさまざまな取り組みを行っています。10月に現代文では『情報社会を生きる』という評論を学び、さまざまなメディアの特徴と利点、問題点などについて調査した結果を、生徒たちがプレゼンテーションソフトを用いて発表しました。ニュース報道に対して、新しい視点を持とうという目標の下、データをグラフや図表にまとめ、写真やイラストとテロップを入れ、口頭で解説を加えていきます。テレビ番組を模して視聴者と対話する構成を考えるなど、柔軟な発想に富む中学生ならではの活気あふれる授業に、教室は大いに盛り上がりました。

img_2384_r img_2397_r img_2400_r

dsc04060dsc04073dsc04058dsc04074dsc04056

 

11月12日の入試説明会の予約について

2016.10.24

好評により、10月25日朝7時から、事前予約を追加いたします。10月24日までに予約された方は再度予約する必要はありません。

* 講堂の定員がオーバーした場合は、他の教室にて講堂の様子を中継してお見せする場合がございます。ご了承下さい。

*また、この予約は座席指定の予約ではありません。座席は当日の先着順となります。

第2回 オープンスクールご来場の御礼

2016.10.24

 

10月18日(土)午後2時から第2回オープンスクールが行われました。秋の気配の深まる中、700名を越える方々にご来校いただきました。篤く御礼申し上げます。講堂での全体会は、生徒によるピアノ演奏、チャイコフスキーの調べで幕を開けました。続いて学校長より、東京女学館の教育の根幹をなす生徒主体の行事運営と、記念祭を間近に控えた活気溢れる委員会や部活動の様子を是非ご覧くださいとの挨拶がありました。まずこの夏のアメリカ研修参加者のプレゼンテーションが行われました。オレゴンの大自然の中、子供たちへのボランティアやアメリカの働く女性の1日に密着するJob Shadowingなど多彩な体験を通して大きく成長したことをいきいきと伝えていました。最後はパフォーマンス部のダンスで、明るく笑顔溢れる演技に大きな拍手が沸き起こりました。その後、インタープリターやボランティア委員、生徒会の生徒たちによってご来校いただいた皆さまをご案内し、校内やグラウンドで活動する女学館生の様子をお目にかけました。入試問題解説のコーナーも盛況で、未来の女学館生の皆さんが真剣に説明に聞き入っておられました。来る11月5日、6日には創立128周年の記念祭が開催されます。チケット制となりますが、受験生と保護者の方は入口でご記帳いただくとご入場になれます。学園一同、心よりお待ち申し上げております。

dsc04017dsc04021dsc04023dsc04024dsc04027dsc04044