ガーデニング同好会 活動報告

2020.01.31

ガーデニング同好会です。

私たちは、校舎入口のプランターの手入れを日々行っています。

本日1月31日は、明日から始まる中学入試のために、寒い季節ですがいつもより元気の出る華やかなお花を選びました。

受験生の方々が全力を尽くせるように、ささやかな応援メッセージも飾ってあります。

受験生のみなさん、がんばってください!

国際学級中3生徒が高円宮杯英語弁論大会に出場しました

2020.01.31

国際学級中3生徒が、『高円宮杯第 71回全日本中学校英語弁論大会』の東京都予選大会を通過し、11月末に行われた東京決勝予選大会に出場しました。参加したS.M.さんの感想です。

 

私はこの度、高円宮杯英語弁論大会に出場させていただきました。

原稿を作成する際に、一番悩んだ事は「何について話すか」ということでした。まだまだ未熟で経験が浅い15歳の私が、何を話せば大勢の人の前で自分の意見や考えを伝えたり、聴講者の方々に少しでも影響を与えたりすることができるのかを必死に考えました。また、弁論をするためには、自分の意見を自信をもって主張できるよう、根拠がとても大切だと思いました。悩んだ結果、私にとって身近なことを題材にしようと決め、「スマートフォンやSNSを使う生活から離れると、どのような価値観が見えてくるか」を調べることにしました。夏休みを利用し、広島に住む祖父母の家に滞在し、普段スマートフォンを見ることに使っていた時間をのどかな田舎で過ごしながら祖父母と話をしたり、お料理をしたりしました。その中で、自分がすることが人に影響を与えたり、人を喜ばせたりすることができることを感じることができました。そして、そのような経験が自分自身に対する肯定感や自信につながると実感しました。この体験を元にして、”Find Value in What I do” というタイトルで弁論を行うことに決め、原稿を作成しました。

大会当日は、一人で舞台に立ちスピーチをしたことで、新たな経験を積むことができたと思います。同年代の人たちの素晴らしいスピーチを聞くことで本当に多くのことを学ぶことができました。出場していたどの生徒さんも自分の意志と自信をもって舞台に立っていて、表現力や間の取り方などが一人ずつ異なり、その場で座って聞いているだけでもとても良い経験になったと思います。

このような素晴らしい機会に恵まれたことを本当にありがたく思っています。今後も後輩たちが挑戦してくれると嬉しいです。

中1ホームルーム

2020.01.30

中1の各クラスでは、3学期の始めのホームルームで、クラス目標を話し合って決めました。

それぞれの教室には以下のような目標が掲示されています。

高校新聞委員会が表彰されました

2020.01.27

高校新聞委員会では毎学期末に新聞を発行し、ご家庭にもお届けしております。今年度はその新聞を第35回高等学校新聞コンクールに応募し、佳作賞と期待賞を受賞しました。1月22日(水)の講堂朝礼で校長先生から表彰していただきました。

 

アンネのバラ「接ぎ木の会」が開催されました

2020.01.21

アンネのバラ委員会では、平和について考える機会を多くの人へ広げるために、毎年1月に「接ぎ木の会」を開催しています。

今年も1月18日(土)に第1美術室において、広島県福山市から福山ばら会理事長の上川内先生をお招きして行われました。

当日は雨模様でしたが、外部の方を含めて36名が参加しました。柳の枝で切り込みの入れ方などの練習をしたあと、アンネのバラの枝と、野バラの株とを接ぎました。

それぞれのご自宅に持ち帰ったあとも、しばらく、慎重にお世話をする必要があります。その後の育て方も上川内先生に細かく教えていただきました。

接ぎ木をしたアンネのバラの小さな芽から、緑の葉が伸びてくるまでに、1~2週間ほどかかります。参加者の皆さまは、ぜひ楽しみにしていらしてください。

今後も、アンネのバラが多くのご家庭や学校に広がっていくことを楽しみにしています。

かるた部 ~大会出場~

2020.01.09

かるた部は、12月29日(日)、墨田区で行われた新春全国大会に出場し、中2が3名、高一が2名、計5名が参加しました。

中学生は全員大会に参加するのが初めてだったので、今回参加してみて大会の雰囲気や緊張感を体験できたと思います。残念ながら負けてしまいましたが、参加することができて本当に良かったです。さらなる目標に向けて、士気が高まりました。次の大会も頑張ります。

ガーデニング同好会 ~サツマイモの収穫~

2019.12.23

ガーデニング同好会がサツマイモを収穫しました。

日当たりの良いベランダのプランターでとても大きく育ちました。広尾でとれたサツマイモ、どんな味がするのか楽しみに持ち帰っていきました。

 

 

体験講座「古代米づくり」 ~稲刈り~

2019.12.18

4月から、体験講座として「古代米づくり」を開講してきました。希望者が校内のビオトープの一角で古代米を育てていたのですが、ついに11月26日の放課後、収穫の日を迎えました。

12月17日には脱穀を行いました。脱穀したものは1月に味わう予定です。

以下に参加した生徒の感想を紹介いたします。

 

以前に私は古代米を食べたことがありましたが、その時の美味しさが忘れられず、今回の体験講座に参加することを決めました。古代米を一から作るということで、その成長の過程が知れて楽しいだろうなと思いました。

古代米の栽培はまず、種を発芽させることから始まります。手の中からあふれるほどたくさんの種を水の中に入れた時、この小さな種が後に稲となって大きくなると思うとわくわくしたのを覚えています。数日後に見に行くと、発芽して大きくなった種があり、とても小さなお米の粒が見えました。それに土をかぶせ、ビオトープで大切に育てていきました。

そしてついに11月26日、収穫の日を迎えました。ビオトープに行くと、私の腰の辺りまで大きくなった稲が茂っていました。鎌で力強く刈ると「シャキッ、シャキッ」と良い音を立てました。鎌で稲を刈るという初めての経験ができて嬉しかったです。そして、どんな味がするのか、今から食べるのが楽しみです。種から育てた私たちの味を大切に味わいたいと思います。

今週の華便り③

2019.11.01

こんにちは、華道部です。

今週のお花は中3の部員が2つの花器で生けました。花材はバラとこおり柳です。

 

先日のオープンスクールでは華道部にも多くの方々にお越しいただきまして、本当にありがとうございました。

11月9日・10日の記念祭では、華道部は一人ずつ作品を展示するほか、全員で一つの大きな作品を生けます。部員全員が心を込めて、秋のお華を生けるので是非見に来てください。

 

中1 福祉体験学習

2019.10.23

10月21日、中1では総合学習の一環として福祉体験学習を実施ました。学年を3つのグループに分け、「高齢者体験」「車いす体験」「アイマスク体験」を行いました。

以下に生徒の感想を紹介いたします。

車いすを使う時にはいろいろな手順やルールがありますが、それらを守って安全に使うと、とても便利な道具だということが分かりました。しかし、思った以上にその操作は難しかったです。これから車いすで困っている方がいたら、今日学んだことをいかして、自分ができる手助けをしていきたいと思いました。

今まで電車などで席を譲ろうと思うことはあっても、恥ずかしくてできない時が多くありました。しかし、今日の体験を通して身体の不自由さを実感し、恥ずかしいという気持ちで終わらせてはいけないのだと思いました。これからはもっと周りに気を配って生活していきたいです。