1学期終業式 苦難に立ち向かうために

2017.07.19

7月19日(水)中学校、高等学校の終業式が行われました。福原校長からは、苦難に立ち向かう術について訓話がありました。早実の清宮選手の話題から、かつて甲子園で5打席連続敬遠を経験した松井秀樹選手の話、新人賞受賞を機に上京したもののその後苦労を重ね諦めかけたときに踏ん張り、『ONE  PIECE』を書き上げた漫画家尾田栄一郎さんの話、毎日就寝前に部屋の畳が擦り切れるほどの素振りを続けた選手時代の王貞治さんの話など、さまざまな例を挙げ、不安や心配・苦難にどう立ち向かえばいいのか、諦めずに自分の中の芯を信じて努力を続けることの大切さが語られ、明日からの夏休み、自分の中の芯や型を見つける経験をぜひしてくださいというメッセージが送られました。

中2 華道体験~それぞれの華、それぞれの個性~

2017.07.11

6月の半ば、中2の各クラスは2時間ずつ華道体験を行いました。池坊の家元である卒業生にご来校いただき、実際に1人1人が花材を扱いながら花を生けることを通して精神の豊かさを身につけることを学びます。以下に、生徒の感想をご紹介いたします。

 

私はこれまで花の向きや茎の曲がり方、葉の個性などに注目することがありませんでした。しかし、花や葉はそれぞれ違う姿をしていました。今回はそれをどのように生かすのかよく考えることができました。作った生け花は「昼寝」をイメージしました。それは、ゴットの模様から葉の間からもれる光を連想したからです。また、黄色いガーベラは太陽のように見えました。すべてを正面から見ると林を下から見上げたようにしたくて、「こんな場所で寝られたら落ち着くだろうな」と思って自分なりに工夫をしました。空間のつくりかたを先生から習い、さらにイメージを広げることができました。最後に先生から手直しをしていただき、私の考えていた通りのお花を完成することができました。

 

高1歓迎会が行われました

2017.06.20

6月14日(水)1限、講堂で高一歓迎会が行われました。企画運営にあたった高校文化委員会の委員長の感想をご紹介します。

4月から準備を始め、出演者オーディション、2回にわたるリハーサルを経て、高1歓迎会を無事に終えることができました。今年度の文化委員だからこそできるものを目指して、企画運営をしてきました。いかに、視覚的に楽しんでもらうか・・・そのために照明にはこだわりました。実際、会終了後には多くの人からお褒めの言葉をいただくことができ、本当に嬉しかったです。舞台裏からでも講堂内の盛り上がりは感じられ、歓声が上がるたびに達成感でいっぱいでした。この会に関わり協力して下さったすべての方々に感謝いたします。ありがとうございました。

第1回オープンスクール ご来校の御礼

2017.06.17

6月17日(土)午後2時から第1回オープンスクールが行われました。好天に恵まれ、約900名の方にご来校いただきました。篤く御礼申し上げます。講堂での全体会は、生徒によるピアノ演奏、ドビュッシー作曲「アラベスク第1番」で幕を開けました。学校長からは、東京女学館の教育の根幹をなす生徒主体の行事運営、委員会や部活動の様子を是非ご覧くださいとの挨拶がありました。続いて高1生徒3名による本校の英語教育についてのプレゼンテーションが行われました。一般学級の英語・国際学級の英語・海外研修の3つのポイントについて自分達の感性と言葉で、真摯に伝えていました。最後はダンス部中3による演舞で、ぴったりと息の合ったチームワークを披露し、会場は大きな拍手に包まれました。その後、インタープリターやボランティア委員、生徒会の生徒たちによってご来校いただいた皆さまをご案内し、校内やグラウンドで活動する女学館生の様子をご見学いただきました。入試問題解説や様々な体験コーナーも盛況で、未来の女学館生の皆さんに本校の様子を深くご理解いただけたかと思います。第2回のオープンスクールは10月28日(土)午後2時から行われます。今回とは異なるプログラムも数多くご用意してお待ちしておりますので、皆さまお誘い合わせの上、是非ご来校ください。心よりお待ち申し上げております。

第1回 オープンスクール(6月17日)のお誘い

2017.06.13

6月17日(土)午後2時より、第1回オープンスクールを開催いたします。受付をお済ませの後、講堂にご参集ください。講堂での全体会では、校長のご挨拶に続いて、本校の英語教育について高1の生徒3名がプレゼンテーションを行います。先日の女子校アンサンブルでも大変好評をいただいた内容ですので、ご期待ください。その後、ダンス部による演舞をご覧いただきます。校舎やグラウンド、体育館では、運動部、文化部、委員会などがさまざまな活動を行い、受験生の皆さんに体験していただく催しを数多くご用意しております。算数、国語、理科、社会の入試問題の解説、英会話の体験授業、アンネのバラ委員会、ビオトープ委員会での体験学習もあります。中学校の生徒会やボランティア学習委員会、そして、インタープリターの生徒たちが、来校者のご家族や未来の女学館生の皆さんと、学校生活についてさまざまなお話をしながら、校内をご案内いたします。楽しい取り組みを数多くご用意しておりますので、皆様、お誘い合わせの上、是非ご来校ください。

下記の写真は昨年度の様子です。

     

 

東京メトロ沿線だより5月号に東京女学館が紹介されました

2017.06.13

東京メトロ沿線だより2017年5月号に「明治時代の外堀と東京女学館」というタイトルで本校を紹介していただきました。本校の校歌は「開化のひかげあたらしく てらしわたれる虎の門」という一節で始まります。現在の所在地は渋谷区広尾ですが、渋谷羽沢に校舎が移転されたのは関東大震災後の大正12年のことです。それまでは、明治21年永田町御用邸雲州屋敷で開校したのち、明治23年からは虎の門の旧工部大学校生徒館を借り受け、33年間虎の門を学び舎としていました。虎ノ門は2020年に向けて、虎ノ門ヒルズの開業や新虎通りの開通など発展の目覚ましい地域です。本校も脈々と受け継がれてきた伝統を重んじつつ、これからの時代を切り拓く人材を育成する学校であり続けたいと思います。

中1歓迎会

2017.06.09

6月7日(水)講堂で中1歓迎会が行われました。中1歓迎会はスタディアジェンダ(生徒による実行委員会方式)で行われる行事の1つで、文化委員が企画・運営を行います。

入学から2ヶ月、女学館生活にも少し慣れてきた中1を歓迎するために、上級生がダンスや歌で会を盛り上げ、歓迎の気持ちを表現しました。各クラブの先輩から新入生に向けたメッセージスライドも流され、最後には中1への記念品贈呈が行われました。

中1生徒の感想…私たちのために、いろいろな企画を考えてくださってありがとうございました。先輩方がとても生き生きとしている様子を見て、私たちも先輩たちのように中学校生活を楽しみたいと思いました。クラブごとの応援メッセージをいただいたので、先輩たちの期待に応えられるようもっとクラブもを頑張りたいです。いただいたカレンダーは大切に使います。

   

 

中3沖縄修学旅行 最終日

2017.06.01

中3沖縄修学旅行もいよいよ最終日を迎えました。最終日は、自然豊かなやんばるの地を後にし、那覇市内「首里城公園」に向かいました。首里城は14世紀末に石灰岩丘陵に築かれたと云われる琉球王国の城(グスク)で、過去に数度にわたり全焼しました。「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」の1つとして、城跡は世界文化遺産登録されています。中国の影響を大きく受け、門や建造物は漆で朱塗りされ、装飾には琉球国王の象徴である「龍」が多く使われています。沖縄戦の激戦地でもあり、生徒にとっては平和学習と沖縄の歴史学習の2つの意味を持つ見学となりました。

   

首里城公園見学の後は、那覇市内のホテルでの修学旅行最後の昼食と「修学旅行しめくくりの会」です。しめくくりの会では、各クラスの平和学習委員から一言ずつ、この修学旅行を振り返っての反省や感謝の言葉が述べられました。委員長の挨拶では、これまでの苦労や無事に旅行を成功させることができたことへの安心からか、委員や他の生徒たちの目に涙が浮かべられるシーンも見られました。この旅行でお世話になった多くの方々への御礼にも、とても心がこもっていました。美しく豊かな自然と、複雑な歴史を併せ持つ沖縄の地に、名残惜しさを感じながらも別れを告げ、那覇空港を後にしました。

修学旅行を終えての生徒の感想:私は、この修学旅行を通して主に2つのことを学びました。1つ目は当然ですが、『平和の大切さ』です。ガマでガイドさんのお話を伺ったとき、資料館を見学したとき、海を眺めたときなど、本当に今の日本が平和でよかったなと思いました。しかし最近では、世界中で様々な争いが起こり、平和な世の中が崩れそうであることが残念であり、怖いです。また、基地を見るために道の駅かでなに行ったとき、上空を戦闘機が何機も通過しました。落下の危険もあり、真上を通るときの音は相当にうるさく、大声で話さないと会話もできないほどでした。基地問題の解決はなかなか難しそうですが、いつか解決して沖縄の人々が安心して生活できるようになればと思います。もう1つ学んだことは、集団生活の大変さと仲間の大切さです。4日間一緒に生活するにあたって、お互いに少しずつ我慢しなければいけない場面がありました。私は、室長・班長として班員をまとめる立場にありましたが、特に同室のメンバーとは、互いにゆずり合うことができ、楽しく過ごすことができました。中学生活でも一番の思い出を残すことができ、とても充実した沖縄修学旅行でした。

中3沖縄修学旅行 3日目

2017.05.31

中3沖縄修学旅行3日目は、沖縄の自然や文化を体験するために、3つのグループに分かれて行動しました。前日夜までは雨の予報でしたが、時折晴れ間ものぞき、各コースとも充実した一日を過ごしました。

沖縄自然・文化コースでは、漆喰のシーサー作り・サトウキビ刈りと黒糖作り・月桃の葉摘みと沖縄菓子(サーターアンダギー・ムーチー)作りを体験しました。

伊江島サイクリングコースでは、本部港からフェーリーで伊江島に渡り、レンタサイクルで島内を巡りました。

やんばる自然塾コースでは、マリンクラフト・マングローブ観察・カヌーを体験しました。

     

生徒の感想:今日のコース別体験で私は、やんばる自然塾でのマリンクラフト・マングローブ観察・カヌー体験をしました。どれも初めての経験でとても新鮮でした。まず最初にやったマリンクラフトでは、サンゴや貝殻をたくさん見つけることができました。今日は晴れではありませんでしたが、海が透き通っていてとてもきれいでした。東京などの海とは全く異なり本当に美しかったです。ハート形のサンゴを見つけ、それを使ってネックレスを作りました。上手に作ることができ、とても気に入りました。次のマングローブ観察では、ガイドリーダーのゴッツさんが植物について分かりやすく説明して下さり、じっくりと観察することができました。タコさんウィンナーのような植物があること、マングローブとは干潮時には陸地で満潮時には海中になる土地に生える植物の総称であることなど、さまざまなことを教えていただきました。カヌー体験では、ペアの人と協力して舟を進めることができました。私はあまり泳げないので海に行ったことがほとんどなく、新鮮で楽しかったです。今日は沖縄の自然を満喫し、たくさんの思い出を作ることができました。

中3沖縄修学旅行 2日目

2017.05.29

中3沖縄修学旅行2日目は、壕(ガマ)の見学からスタートしました。県庁警察部壕(シッポウジガマ)・轟壕・識名壕の3つの壕にそれぞれ2クラスずつ分かれて見学をしました。沖縄平和ネットワークのガイドの方の説明を聞きながら、壕の内部の様子を実際に体感した生徒たちは、一人一人多くのことを感じ、学んだ様子でした。

生徒の感想:真っ暗闇で床も滑りやすい。このような所で負傷兵の看護を行っていた女学生がいたということは、衝撃的で想像もつきませんでした。ガイドの方の話を暗い壕の中で聞いているうちに、恐怖が胸の中を占めるようになりました。また、壕の中はとても蒸し暑かったです。72年前のちょうど同じ時期に、この壕の中で過ごした軍人や負傷兵、看護学生たち、最悪な環境で耐え忍ぶことを強いられ、本当につらかっただろうなと身を持って知りました。

   

壕見学の後は、ひめゆり平和祈念資料館の見学、嘉手納基地の見学(道の駅かでな屋上より)をしました。

ひめゆり平和祈念資料館の感想:祈念資料館には「ひめゆり学徒隊」だった方々の顔写真と共に性格などが書かれているゾーンがあり、ひとりひとりに人生があり、夢や希望を持っていたんだなということをあらためて感じました。将来の希望を持っていた子供たちをはじめ、多くの民間人が犠牲になった沖縄戦は、やはりとても恐ろしく悲惨な戦争だったのだなと思いました。

嘉手納基地の感想:私たちが見学している短い時間の中でも、多くの戦闘機が基地で離着陸を行い、その轟音はすさまじいものでした。沖縄の方々が基地を嫌がる気持ちを、一部ではありますが理解できたように思います。また、沖縄出身のバスガイドさんからは、沖縄の方々の基地に対する様々な思いを聞くことができ、基地問題の複雑さを知りました。

 

2日目最後の見学地は『美ら海水族館』です。1975年に沖縄国際海洋博覧会が沖縄県本部町で開催され、博覧会終了後の1976年にその会場跡地に海洋博公園(国営沖縄記念公園海洋博覧会地区)が国営公園として設置されました。 「沖縄美ら海水族館」は、2002年8月に海洋博公園内の二代目の水族館として設立され、入場者数が年間300万人を超える日本一の水族館です。生徒たちも、この修学旅行での大きな楽しみの一つにしていました。雨の予報を忘れさせる快晴の空の下、美しいエメラルドビーチの眺望を望みつつ、充実した時間を過ごしました。