クラブ 夏の活動報告④ ~染織部・書道部~

2019.09.03

<染織部>

8月20日に「二葉苑」という工房へ、染織体験に行ってきました。中1~高二の15名が参加しました。

今回体験したのは「更紗型染め」です。木綿の布の上に、模様が切り抜かれた型紙を置き、その上から刷毛で色を付けていきます。型紙は全部で14枚あり、それぞれに異なる模様が切り抜かれています。そのすべての型紙を様々な色で染織していくことによって、一つのきれいな模様が出来上がります。

染織が終わったら、布を高温の蒸気で蒸して完成です。蒸すことで布にしっかりと染料が染み込み、よりきれいな発色になります。

染織する人の力加減によって色の濃さが変わるため、同じ作業をしたのに、仕上がった作品はどれも異なった雰囲気を持っていました。それぞれの個性が表れているようで、参加した生徒はその違いを楽しんでいました。

 

<書道部>

本年度は合宿を行わず、校内の書道室で8月21日~23日に活動を行いました。書道室で静かに落ち着いて取り組むことにより、記念祭で出品する個々の作品を完成させることができました。また、今年度は、高校三年生を含めた書道部全員と顧問、コーチで分担し、「大化」から「令和」まで248ある元号をすべて書き、1つの作品に仕上げる取り組みを行いました。最終日には、記念祭で発表する書道パフォーマンスの準備を進めることもでき、充実した3日間となりました。