国際学級 大使館訪問

2019.11.22

国際学級では、11月11日にニュージーランド大使館を訪問させていただきました。参加した生徒の感想を紹介いたします。

【中1 M.F.さん】

私はニュージーランドについての知識をつけるために、今回の大使館訪問に参加しました。ニュージーランドの歴史や女性の参政権の在り方などをお話しいただきましたが、私が一番興味を持ったのは、私が身近に食べている食材が、ニュージーランドで作られているものが多いということでした。ニュージーランドでは「心も体も健康」という考えが尊重されていて、それはすべての国が目指すべきことだと思いました。今までニュージーランドについてあまり考えたことがなかった私にとって、ニュージーランドを知る素晴らしい機会となりました。

【中1 Y.T.さん】

ニュージーランド大使館に行くと決まった時、私はニュージーランドがオセアニアにあるということしか知りませんでした。しかし行くことが決まり少しづつ勉強をしていく中で、ニュージーランドは日本と食文化が似ていて、おもてなしの心を大事にするところも日本と似ているし、とても素敵な国だということがわかりました。そんな中、大使館に行って更にたくさんのことを知り、もっとニュージーランドのことを知りたいと興味を持つことが出来ました。大使館では、楽しくニュージーランドについてのクイズをしたり、ニュージーランドのビデオを見たりなど、大使館でしかできない貴重な体験をすることができ、行ってよかったと思いました。また、実際にニュージーランドに行きたいと思いました。

【高二M.K.さん】

11月11日、中高合わせて15人と先生方でニュージーランド大使館に訪問させていただきました。ロビーで大使館の方とお話をしたり、ニュージーランドに関するクイズに参加したりして、ニュージーランドの魅力で満たされる1時間でした。世界初の幸福予算導入や、電力の約80%を再生可能エネルギーから得ていることなどは特に興味深いものでした。ニュージーランドに行ってみたいか、という質問に対し、初めは手を挙げる人は少数だったものの、最後には全員が手を挙げたのです。日本とは一味違うニュージーランドの良さを楽しく知る良い機会となりました。