安全への取り組みについて

2020.07.09

本校の新型コロナウイルス感染拡大防止のための取り組みをご紹介いたします。
まず、起床したら家庭で検温をして、その日の健康状態などをTeamsで一人1台配布されているiPadなどを使って回答します。

生徒は登校したら、まず手指消毒をしてから校内に入ります。

そして、体温を瞬時に計測することのできるサーモカメラを通過してから教室へ向かいます。

教室では飛沫による感染を防ぐためにアクリル板を机上に用意します。
教員も授業時はフェイスシールドとマスクを着用した上で授業を行っています。
食事の前には、手指消毒を徹底し、食事中の私語は慎みます。

終礼時には生徒は自分の机周辺の消毒作業を行います。
生徒が下校してから学級担任は教室の消毒作業を毎日行っています。

このように、本校では生徒の安全のためにできる限りの施策を講じています。