高一HR ~進路について考える①~

2020.07.01

隔日登校も二週目になりました。高一HRの様子をお伝えいたします。

 

 

3月の中学卒業式が実施できないまま、オンライン入学式を経て進学した高一生徒たち。

6月の登校初日はどこかそわそわした様子の生徒もおりましたが、1か月が経ち高校生活にも馴染んできたようです。新しいクラスにも慣れ、張り切って授業に臨んでいます。

先週・今週のHRでは進路のお話をしました。

 

 

本校では進路について考える機会を大切にしています。5月中も、オンライン合同HRで模試やオープンキャンパス、文理選択の説明を行いました。

 

 

また、オンライン授業期間から継続的に、大学主催のコンクール・体験授業等の紹介も行っています。

 

 

今回のHRでは「進路のてびき」「オープンキャンパスレポート」を配布しeポートフォリオの説明をしました。

「進路のてびき」には、大学選びのポイント、国公立・私立の受験の流れ、推薦について、卒業生のアンケートや体験記、進路状況などを記載しています。

アンケートや体験記では「いつ進路を決めたか」「塾には行くか」「受験での反省点」「高一のときどうだったか」など、先輩方の様子を知ることができ、生徒たちの疑問・不安解決の一助となっています。

 

生徒は皆真剣に冊子を読み、説明に耳を傾けていました。

引き続き、進路関係の情報を発信しつつ、生徒の自己実現に向けたサポートをしてまいります。