中1ホームルーム

2020.01.30

中1の各クラスでは、3学期の始めのホームルームで、クラス目標を話し合って決めました。

それぞれの教室には以下のような目標が掲示されています。

国際学級 卒業生の話を聞く会

2020.01.28

1月22日、国際学級の卒業生2名(国際学級8期生)が来校し、英語の勉強や学校生活についてのアドバイスなどを中1国際学級の生徒へ話してくれました。

国際学級16期生である現中1の生徒たちは、目を輝かせながらお話を聞き積極的に質問もしていました。

以下に中1生徒と、話をしてくれた卒業生の感想をご紹介します。

 

 

~中1 M. W.さん~

It was a pleasure to meet the 2017 graduates of the International Class. By meeting them and listening to them talking about themselves when they were in the International Class, I realized how being in the International Class can improve your English and help you in the future. Also I would like to use the studying methods they used when they were students. So in the end, I believe that it was a good experience for me and my class.

 

~中1 R. K.さん~

私は卒業生のお話を聞いて学んだことがたくさんありました。その中で私は自宅学習について質問した時に「宿題をきちんとすることが大事。しっかりやれば身につくように先生がやってくれている」ということを聞きました。私はBlue Group(中級者グループ)に所属しています。これからは小テストで満点を取ることを意識し、訂正ノートなどの宿題もていねいに取り組むことを続けて、少しでもGreen Group(上級者グループに)近づきたいです。また、先輩が後悔していることも話して下さったので、私たちはその後悔を減らして、たくさん英語を学び、成長していきたいです。大学生活や留学については、とても楽しそうで、英語を6年間頑張った先にはこんなに楽しいことが待っているんだ!と正直ワクワクしました。部活と勉強を両立し、英語を今ではたくさん話せるようになった先輩がとても輝いて見え、かっこよかったです。私はこれから先、まだまだたくさんの単語や文法などを学ばなければいけないけれど、その先の楽しいことや英語を話せるようになった自分を想像して、勉強を頑張っていきたいと思います。先輩方、今回わざわざ私達中1F組の為に来て下さり、ありがとうございました!

~中1 Y. K.さん  ~

今回のお話し会では主に女学館生だった頃のお話、そして留学や大学生活についてうかがいました。一番印象に残ったのは、毎回の小テストで満点を取ったり、訂正ノートで間違えたところを丁寧に振り返ったことで、初めはRed Group(初心者グループ)だった先輩が、中1の3学期にはBlue Group(中級者グループ)、そして中2に上がるときにはYellow Group(中2の上級者グループ)になったという話と、英語の勉強法についてです。中1の時Red Group(初心者グループ)だった人で高校生になると上級者グループに入っている人が多くいるという話は聞いたことがありましたが、わずか1年間でこんなに成長したという例は初めて聞いたので、努力は報われるのだと思いました。勉強法については、私も今まで様々な方法を試してきましたが、先輩と同じく、とにかく繰り返し書くことが一番効果的だと改めて感じました。最後にお二人ともがおっしゃっていたことですが、女学館を卒業して大学に行くと、自分が中高生の時、国際学級という恵まれた環境で勉強していたことに気付くそうです。私も、ネイティブスピーカーの先生が毎日こんなに身近にいらっしゃる最高の環境で勉強できることに感謝し、先輩方のように英語を得意にしたいです。

 ----------------

~卒業生 S. H.さん 早稲田大学法学部3年~

久しぶりに訪れた女学館の校舎に入ると一瞬にして6年間の思い出が蘇ってきました。今回、中1Fの皆さんに、女学館時代の勉強法や、大学生活、そして1年間の留学生活など、たくさんのお話をさせていただきました。入学した当初は全くと言っていいほど英語がわからなかった私ですが、国際学級での6年間を経て、確実に英語力がついていました。大学3年生の1年間留学に行きましたが、留学先で特に困ることはなく現地の学生と一緒に授業を受けることができたのも、女学館時代、毎日のようにネイティブの先生の授業を受けていたからです。国際学級は、教材の質も高く、ネイティブの先生方がすぐそばにいていつでも話すことができる、本当に素晴らしい環境です。どれだけカリキュラムが素晴らしく、環境に恵まれているか、後輩の皆さんに伝わっていたら嬉しいです。国際学級で過ごした6年間は私にとって本当に宝物です。より多くの方にこの国際学級で素敵な思い出を作っていただきたいです。

 

~卒業生 Y. O.さん 早稲田大学国際教養学部3年~

国際学級は6年間クラス替えがなく、入学を検討されていらっしゃる方は不安に思われるかもしれません。確かに小さな衝突はありましたが、お互いの個性を理解し合うことで乗り越えることができました。私にとって6年間を共にした国際学級のクラスメイトは友達というよりも家族のような存在です。

私は小学3年生から6年生までロンドンの現地校で学び、帰国生入試で国際学級に入学しました。英語は話すこと、理解することはできましたが、言語の基礎である文法が非常に苦手でした。国際学級の授業は私のように帰国生で文法が苦手な生徒に適応した授業体系も設けているので、私は英語力を維持しつつ、基盤を固めることでさらに語学力を磨くことができました。

私は、入学当時は他の生徒に比べて国語を含む多くの科目において非常に怠っておりました。先生方の手厚いご指導のもと、大学受験の際は一般入試で受験を突破することが出来ました。国際学級のカリキュラムの強みは何よりも、教科としての英語を勉強することに留まらず、様々な分野を英語で学べる力を培うことができるところだと思います。

中学入学試験 募集要項・入試問題について・過去の入試結果など

2020.01.28

【生徒募集要項】

【インターネット出願の手順】 ※入試説明会資料:インターネット出願の手順マニュアルです。

【入試問題について】 ※入試説明会資料:各教科の出題内容についての説明です。

【デジタルパンフレット】 ※東京私立中高協会ホームページ掲載

【過去の入試結果】

【過去の入試問題】 ※過去3年分の全4回の入試問題・模範解答です。

高校新聞委員会が表彰されました

2020.01.27

高校新聞委員会では毎学期末に新聞を発行し、ご家庭にもお届けしております。今年度はその新聞を第35回高等学校新聞コンクールに応募し、佳作賞と期待賞を受賞しました。1月22日(水)の講堂朝礼で校長先生から表彰していただきました。

 

アンネのバラ「接ぎ木の会」が開催されました

2020.01.21

アンネのバラ委員会では、平和について考える機会を多くの人へ広げるために、毎年1月に「接ぎ木の会」を開催しています。

今年も1月18日(土)に第1美術室において、広島県福山市から福山ばら会理事長の上川内先生をお招きして行われました。

当日は雨模様でしたが、外部の方を含めて36名が参加しました。柳の枝で切り込みの入れ方などの練習をしたあと、アンネのバラの枝と、野バラの株とを接ぎました。

それぞれのご自宅に持ち帰ったあとも、しばらく、慎重にお世話をする必要があります。その後の育て方も上川内先生に細かく教えていただきました。

接ぎ木をしたアンネのバラの小さな芽から、緑の葉が伸びてくるまでに、1~2週間ほどかかります。参加者の皆さまは、ぜひ楽しみにしていらしてください。

今後も、アンネのバラが多くのご家庭や学校に広がっていくことを楽しみにしています。

『中学受験ナビ』に本校の記事が掲載されています

2020.01.21

『中学受験ナビ』に本校を取材していただいた記事が掲載されています。

 東京女学館中学校のミリョク ―― 私学を覗く というタイトルで、

たくさんの写真とともに本校をご紹介くださっています。

こちらのサイトで記事を見ることができます。是非ご覧下さい。

https://katekyo.mynavi.jp/juken/16662

 

 

3学期 学習講座・体験講座

2020.01.16

3学期の学習講座・体験講座が始まりました。

これらの講座は、朝または放課後に行われ希望者が参加することができます。

今学期は以下の32種類の講座に多くの生徒が申し込みをしています。

教科 講 座 名
英語 英検3級二次試験対策
英検準2級二次試験対策
英検2級二次試験対策
Practice for the Eiken interview test
English Lunch
中3 英語文法基礎
中3 英語文法中級
中3 高校準備講座
中3 Reading & Speaking
大学入試共通テスト対策
朝のリスニング
英検2級 語彙・文法、リスニング
Introduction to German Language and Culture
Introduction to German Language and Culture – Part 2
数学 中1 ハイレベル数学演習
中3 数学学習講座
朝の計算練習(数学Ⅱ共通テスト対策、微積)
数学Ⅲ演習
数学ⅡB演習
数検対策講座
教科書章末講座 数学ⅠA
国語 気絶する現代文
古典文法基礎(助動詞)
入試現代文攻略
高二古文読解
理科 高二への化学
高二理系化学 ハイレベル化学(気体・有機)
社会 地図で学ぶ世界史B
振り返り中国史
その他 博物館・美術館の素敵なモノを見てみよう!訪ねてみよう!
チョコレート菓子をつくってみよう!
自分広告

かるた部 ~大会出場~

2020.01.09

かるた部は、12月29日(日)、墨田区で行われた新春全国大会に出場し、中2が3名、高一が2名、計5名が参加しました。

中学生は全員大会に参加するのが初めてだったので、今回参加してみて大会の雰囲気や緊張感を体験できたと思います。残念ながら負けてしまいましたが、参加することができて本当に良かったです。さらなる目標に向けて、士気が高まりました。次の大会も頑張ります。

高1・高2進路学習会「株の力」

2020.01.09

高1、高2を対象とした進路学習会、「株の力」が実施され、26名の生徒が参加しました。

これは三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が主催してくださったプログラムで、11月から12月にかけて計5回に渡り、同社のインターンとして証券の基本的な機能や社会的役割について学び、「株の力」を伝える新聞広告制作を行いました。プログラムの最後にはグループごとに新聞広告を発表し、そこで選ばれた1チームが、12月27日に三菱UFJモルガン・スタンレー証券の本社で、同社役員・社員の方々の前でプレゼンテーションをさせていただきました。参加した生徒の感想と写真をご紹介します。

~高二 N.K.さん~

株について、今まで人生ゲームでしか聞いたことのないぐらい、何も知らなかったけれど、株があることによって企業家の新しいアイディアを実現し、良い社会を作り出すことのできるすごいものだと知ることができました。広告作りでは、どのようなビジュアルなら見た人の印象に残りやすいか、などを考えみんなでアイディアを出し合って広告を作りました。本社プレゼンはとても緊張しましたが、役員の方々の前で話すことは良い経験になりました。普段見ることのできない、会社内を見学することができてとても楽しかったです。会社は一人で歩いたら迷子になりそうなぐらい広かったです。この経験をこれからに生かしていきたいです。

~高二 N.M.さん~

チームのメンバー全員で、互いの率直な意見や提案を出し合ったことで、最初に思い描いていたコンセプト通りの新聞広告を作成することができました。本社でのプレゼンでは、社員の方々や実際に新聞広告の仕事をなさっていた方の前での発表となり、とても緊張しましたが、プレゼンや広告への講評を頂くことができ、とても有意義な時間となりました。

~高二 T.M.さん~

この経験を通して、今まで全く触れることがなかった株というものについて深く知り、また株は難しいものだという固定概念を変えることもできました。グループワークを通して今まで話したことがなかった人ともたくさん意見を出し合って、ワークショップが終わる頃にはみんなで「このメンバーでよかったね」と笑い合えるような関係にもなれました。他の学校の代表生徒の方々の発表はどれも素晴らしくて、同世代の方々から色々な刺激を受けることができました。今回こんなに貴重な体験をさせていただけて、本当に嬉しく思っております。

~高二 S.K. さん~

今回この「株の力」に参加してみて今までよく知らなかった株について学び、またその魅力を伝えることで深く楽しく理解することが出来ました。本社に行かせていただいて他校の人と交流ができたり、実際に働いている人の話を聞けたりして自分の世界が少し広がったなと感じました。自分にとって様々なことを学ぶことができたいい機会になりました、楽しかったです。

 

<校内でのプレゼンテーションの様子>

 

<三菱UFJモルガン・スタンレー証券本社でのプレゼンテーションの様子>

 

3学期始業式

2020.01.09

1月8日、3学期が始まりました。

始業式では、校長先生よりまず学校生活において時間を守ることの重要性についてお話がありました。

その後で、澤木興道さんという禅宗のお坊さんの言葉についてお話がありました。周りの状況に一喜一憂したり振り回されてしまうのは、自分に自信がないからであり、自信を持つためには、「向上心」と「思いやりの心」が必要であるというという内容でした。自らの道を求めて努力し、そして知識や知恵を身に着け、礼節を知ることによって思いやりの心を育てることが大切なのだそうです。

生徒たちはこのお話を聞いて、「向上心」と「思いやり」についてそれぞれに考えたことと思います。日々の積み重ねが、一人ひとりの自信につながっていくことを願っています。